わたしが素直になれる部屋 √S“SHABBY CHIC”

FOLLOW US
HOUSE
#8
interior
ph01

わたしが素直になれる部屋 √S“SHABBY CHIC”

わたしが素直になれる部屋 √S“SHABBY CHIC”

「自分らしく、自由に」をコンセプトとする√S。
家の中では、非日常感よりも、優しく穏やかなトーンに包まれたい。そしてどこか上品さが感じられる暮らしをしていきたい。

まるでずっと前から時を重ねてきたかのような、表情豊かな優雅さのある空間で生活を楽しみたいという方におすすめのスタイルが、「SHABBY CHIC」です。

“SHABBY”には「使い古されて擦り切られた、古めかしくすすけた」、“CHIC”には「上品で洗練された、あか抜けていて粋な様子」という意味が。

壁一つを見ても、レンガはあえて全面的に塗料を塗らず、使い古されたような味わいが演出されています。
部屋を構成するソファやカーテンなどの柔らかなファブリックも相まって、素材を生かした状態でありながらしなやかで洗練されたこの空間こそ「SHABBY CHIC」の特徴です。

また、√Sはデザイン性だけではなく設備にもこだわりが。
設備はあらゆるアングルから快適を追求した、機能性に優れた最新のものが揃っています。

例えば、スミタス オリジナルキッチンは色とデザインを選択可能で、「natulax」と「Loft」の2種類をご用意。

色とりどりの野菜を用意して、前から作りたかった手の込んだ料理に挑戦したり、大きなケーキを焼いて仲間にふるまってみたり。
「SHABBY CHIC」の中で、前からしてみたかったことを、素直にやってみようと思えるような空間を創っていけるはず。

自由な間取りと、選べるスタイル、インテリアであなたらしさを。

ずっと暮らしていく場所だからこそ、細部にまでこだわりを持ちたい。寝室にはアンティーク風のシャンデリアやクッション、居間には骨董品を散りばめて雰囲気を楽しむのも良いでしょう。

住むほどに愛着を感じるナチュラルなデザインと、アンティークのある上品で優雅な暮らしを、あなたも体感してみませんか。


ワンプライスリノベ√S



「未来のストーリーをデザインする」スミタスデザインスタジオ株式会社

RANKING

スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び⑴ の画像

スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び(1) 

不動産売買、建築・リフォーム、インテリアに資産運用、子育てや暮らしやすさに関する街の情報まで、住まいのことなら何でも知っている“プロ”が集結しているスミタス。そんなプロに住まいの選び方を伺います!
√S“JAPONIZE”で丁寧な暮らしの画像

√S“JAPONIZE”で丁寧な暮らし

JAPONIZE」は、日本らしさと海外の様式を兼ね備えた“和モダン”なスタイル。落ち着きと豊かさを持ち合わせた二つの異なる世界が混ざり合うと、不思議と波長が重なり一体感が生まれます。
中古の私が売れるまで(14)の画像

中古の私が売れるまで(14)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第14弾。

中古の私が売れるまで(15)の画像

中古の私が売れるまで(16)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第15弾。
スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び⑴ の画像

スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び(1) 

不動産売買、建築・リフォーム、インテリアに資産運用、子育てや暮らしやすさに関する街の情報まで、住まいのことなら何でも知っている“プロ”が集結しているスミタス。そんなプロに住まいの選び方を伺います!
中古の私が売れるまで(15)の画像

中古の私が売れるまで(15)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第15弾。
中古の私が売れるまで(13)の画像

中古の私が売れるまで(13)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第13弾。
中古の私が売れるまで(12)の画像

中古の私が売れるまで(12)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第12弾。