インスペクションの「意義」「有効性(メリット)と注意点」「これからの方向性や展望」「インスペクションを行うタイミングや手順」

FOLLOW US
HOUSE
#21
interior
d8854683ba85199c3e9a8ec91e15f3c6_s

インスペクションの「意義」「有効性(メリット)と注意点」「これからの方向性や展望」「インスペクションを行うタイミングや手順」

インスペクションの「意義」「有効性(メリット)と注意点」「これからの方向性や展望」「インスペクションを行うタイミングや手順」

既存住宅で安心・安全なマイホーム探し インスペクション(住宅診断)の意義

情報公開レベルの高さが安心の鍵 建築のプロが行う既存住宅の調査

何かを購入しようとする時の選択肢として、インターネットショッピングは今や一般的ともいえるほど、私たちにとって身近になっています。検索ワードに商品名を入力すると、ウェブサイトには数多くの商品が商品画像と共に表示され、機能や寸法など詳細な情報が記載されています。

また、サイト上には、購入者の感想を公開している場合も多く、買い物の際の参考にしている人も多いのではないでしょうか。こうした情報公開レベルの高さが消費者にとっての安心を実現。足を運ばなくても手軽に買い物ができ、居住している近隣では取り扱っていない商品までもが簡単に手に入る時代となりました。

マイホーム探しの場合はどうでしょうか? ウェブサイトで既存住宅の情報を収集し、外観や内観、また物件概要などを比較検討しながら、気になった物件の内覧を申し込み、購入するかどうかを検討していくというプロセスが一般的です。

既存住宅という性質上、現地確認は必須。何より高額な買い物でもあるため、正確で詳細な情報を集めてから納得の上で最終結論を出したいと思うのが当然の事だと思います

しかしながら既存住宅はその名の通り「既存=中古」である以上、建物の状態を素人が把握する事は非常に困難な場合が多いのも実情です。ここに、既存住宅流通の課題があります。

というのも、不動産業者は不動産取引の専門家ではあっても、多くは建築の専門家ではありません。リフォームを提供していない不動産業者が圧倒的多数であることからも明らかですが、不動産と建築では扱う領域や専門知識が異なりますので、これまでは当然の事と考えられてきました。

一方で、消費者がマイホーム購入を考える時、物件を紹介してくれる不動産業者に対して、「物件=不動産」「建物=建築家」とはならず、取引条件や購入手続き、物件・設備の状態や住宅ローン、法的なことなど全方位的に任せたいと考えます。

その期待に対して不動産業者が応えられているかどうか問われると、自信をもって首を縦に振る事ができないのもまた事実です。

しかし、そのような状況に変化が訪れようとしています。そのきっかけになるのが「インスペクション(住宅診断)」です。単にインスペクションといっても数多くの方法やパターンがありますが、建物の状態を建築の専門家が調査するため、消費者はもちろん、実は不動産業者、さらには建築業者にとっても有益な情報をもたらしてくれます。

活用範囲や種類豊富なインスペクション 正しい知識で上手に使い分けよう

専門家による建物調査の結果は、物件を検討する際の判断材料として重要な位置付けになります。建物の欠陥や不具合、著しい劣化がなければ安心ですし、残念ながら不具合個所などがあったとすれば、物件を見送るのかリフォームをするのかの判断がつきます。知らずに購入してしまい、生活がスタートしてから嫌な思いをするのとは段違いです。

インスペクションはとても有益な情報をもたらしてくれますが、その活用範囲は非常に広いため、正しい知識を身につけて上手に活用したいものです。

また、既存住宅を購入する際に、インスペクションを導入する事で得られるメリットは下記の4点となります。

かし保険・・・基準をクリアする事で最大5年1000万円の保証
税制優遇・・・不動産取得時の登録免許税、不動産取得税の税金が軽減
ローン控除・・・住宅ローン利用時に10年に渡る税還付を受けられる
リフォーム・・・どの箇所をどのように直すべきなのかの基礎情報となる

インスペクションには、数多くの種類があるので、その目的に沿って使い分けをしなければ期待する結果を得ることが出来なくなるかもしれません。

一般的なインスペクションには、下記のような種類があります。

かし保険基準・・・かし保険が利用できるかどうかの判定
設備調査  ・・・設備に不具合等がないかどうかの調査
耐震診断  ・・・耐震基準を満たしているかどうかの診断
シロアリ調査・・・シロアリの害がないかどうかの調査
建物診断  ・・・建物・設備全般を調査し、生活上の弊害がないかどうかを調査
断熱診断  ・・・断熱の性能がどの程度、機能しているのかを測定

インスペクションは建築の専門領域です。不動産業者が消費者に紹介できるインスペクションは、国家資格を保有し、定められた講習を受けた登録者のみと宅建業法で定められています(2018年4月改正宅建業法)。ただし、インスペクションを実施する事が義務ではないので扱っていない不動産業者も存在します。

マイホーム探しをする際、特に既存住宅での購入を検討している場合には、物件の比較検討に合わせ、不動産業者の扱うインスペクションを含めたサービス全般の比較も忘れずに検討範囲に含めるというのがとても重要です。

RANKING

スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び⑴ の画像

スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び(1) 

不動産売買、建築・リフォーム、インテリアに資産運用、子育てや暮らしやすさに関する街の情報まで、住まいのことなら何でも知っている“プロ”が集結しているスミタス。そんなプロに住まいの選び方を伺います!
√S“JAPONIZE”で丁寧な暮らしの画像

√S“JAPONIZE”で丁寧な暮らし

JAPONIZE」は、日本らしさと海外の様式を兼ね備えた“和モダン”なスタイル。落ち着きと豊かさを持ち合わせた二つの異なる世界が混ざり合うと、不思議と波長が重なり一体感が生まれます。
中古の私が売れるまで(14)の画像

中古の私が売れるまで(14)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第14弾。

中古の私が売れるまで(15)の画像

中古の私が売れるまで(16)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第15弾。
スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び⑴ の画像

スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び(1) 

不動産売買、建築・リフォーム、インテリアに資産運用、子育てや暮らしやすさに関する街の情報まで、住まいのことなら何でも知っている“プロ”が集結しているスミタス。そんなプロに住まいの選び方を伺います!
中古の私が売れるまで(15)の画像

中古の私が売れるまで(15)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第15弾。
中古の私が売れるまで(13)の画像

中古の私が売れるまで(13)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第13弾。
中古の私が売れるまで(12)の画像

中古の私が売れるまで(12)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第12弾。