スミタス小説家を買う

FOLLOW US
HOUSE
#85
interior
eced279323201bb6d5c56f1a05b6810a_l 2 (2)

スミタス小説「おひとりさま、家を買う」(11)

スミタス小説「おひとりさま、家を買う」(11)

スミタス

中古住宅が売買されるまでには、いくつものストーリーがあります。売主家族、買主家族、不動産業者やリフォーム業者など、売買に関わる人たち全てに日々の生活があり、人生があり、考えも思いもさまざま。

そんな、家の売買にまつわる物語をお届けするシリーズ。
第2弾の主人公は、東京の独身OLで実家暮らしをしている30代半ばの“私”です。

周囲に流されて始めた婚活を辞め、自分のやりたいことをやると決めた“私”は、昔からの夢だった“カッコイイ”自分の家を持つことや憧れの北海道で暮らすこと、犬を飼うことetc…に思いを馳せ、夢の実現に向かって行動していきます。

様々な問題や悩み事にぶつかりながらも「札幌市内で中古マンションを購入してリフォームする」というアイディアにたどり着いた“私”。中古物件に強く建物診断やリフォームなどのサポートにも手厚い不動産関連企業と出会い、紹介された物件を内覧するために現地へ足を運びました。

ここでもまた、いくつかの選択を迫られた“私”。迷いながらも縁を感じた、とある1LDKの中古マンションを自分の住まいと決めます。

選んだ物件は、立地は良いけれど築年数は40年近く。見た目も設備もかなり古びたマンションではあるものの、定額制のリノベーションプランを活用しながら大胆に間取りを変更することを考慮に入れて、“私”の理想の住まいづくりがスタートします。デザイン選びにワクワクしたりと、ようやく楽しむ余裕も出てきたようですが…?

(第11回)もうひとつのリノベーションプラン

スミタス

最近の日課は、仕事終わりのインテリアショップや雑貨屋さん通いだ。

ほとんどの家具はコーディネーターさんにお任せする予定だけれど、家全体の希望のデザインイメージが固まってからというもの、ついつい「アレも雰囲気に合いそう」「コレもあったら便利そう」と細々したものを買い集めては、お財布の紐がゆるみがちに。

普通のOLである私がたった1人で「家」という大きな買い物をするわけだから、これからはそんなに無駄遣いばかりもしていられないのだけれど…こんなに何かにワクワクするなんていつぶりだろう。

以前に聞いた、注文住宅で家を購入した友人の話を思い出す。
その友人夫婦は、打ち合わせのために毎週末のようにハウスメーカーに足を運んでいたのだそう。全体的なイメージは「和」ということで固まっていたのに、話が具体的になるにつれ、徐々に夫婦それぞれが考える「和」のイメージが微妙に違うことや、こだわりたい部分やお金を掛けたい箇所、好みなどが全然違うことが分かってきたのだとか。

タイルの柄を選ぶにも、壁紙1枚選ぶのにも毎回、打ち合わせ最中に担当者そっちのけで喧嘩になってしまうほどだったそう。実は多くの夫婦が家づくりの際、一度は何らかの意見が分かれて険悪ムードになってしまったりすることが結構“あるある”なのだとか。

私の場合は、私だけの好み、私だけの生活スタイルで、何もかも決められるわけだから、コレって実はすごーく贅沢な事。しかも遠方からの依頼になるため、打ち合わせも現地へ何度も足へ運ばずともコンパクトに済むよう担当者さんが調整してくれている。

そういえばその友人も、家が完成するまでの間に、100円ショップなどで好みの雑貨やDIYグッズを買うのが夫婦喧嘩のストレス発散になっているのだと言っていたっけ。もちろん、結局完成した家には、なんだかんだで大満足していたのだけれど。

そんなことを考えながら今日は急いで家路に向かっている。
今日は寄り道なし。兄夫婦が実家に来ているのだ。
両親と兄夫婦の同居に向けて私の実家もリフォームすることになっている。私が自分の家のことで精一杯になっている間に、いよいよ彼らの方も具体的に話を進めていく段階に来たらしい。

家を出ていく私には、実家がどう変わっていくのかなんて、気にはなっても口出しできることは何もない。そう思っていたのだけれど、できるだけ打ち合わせに参加してほしいと両親や兄から言われていた。一軒家や二世帯住宅にはそこまで詳しくないけれど、リフォームやリノベーションについてもたくさん調べてきたし、何か役に立てればいいけれど…。

スミタス

家にたどり着くと、両親と兄夫婦、二組の夫婦が向かい合って座っていて、一斉に私を見た。

「待ってたぞ。遅かったな」
兄は心なしか不機嫌な気がした。

「これでも急いだんだけどね。引き継ぎも始まっているからなんだかんだとバタバタしてて…」
困ったような顔をしている兄嫁に軽く会釈した後、兄の顔を見て答えた。

やはりどことなく全体の雰囲気が悪いような…。

「とにかく、私はいざとなったら札幌のこの子の家の方に住みますから」
母が私の方をちらっと見て父に告げる。

一体何が起こっているというのだろう。

「それでもいいんじゃないか。ちょうどもともと1LDKの家に小さな客室もつくって2LDKにする予定なんだそうだから、そこを母さんの部屋にしてもらったらいい」
父は母の声がけには反応せず、兄が憮然とした態度で言う。

「ちょっとちょっと一体なんなの? 私の家にお母さんが? えーっと…まだ間取りは決定じゃないし、いやいやその前に、お母さんが住むならあの家選んでないし…。というより何でお母さんが札幌へ?」

「みんな好き勝手なこというんだもの。あなただってそうよ。私だって好きにさせていただくわ。今から二人で暮らせる家を探しましょうよ」

一難去ってまた一難…。我が家のもう一つのリフォーム計画はどうにもマズいことになっているみたいだ。(続く)

RANKING

ディーレスティア伏見 (4LDK)の画像

ディーレスティア伏見 3100万円(4LDK)

『ディーレスティア伏見』平成15年築4LDKのテラスハウス型マンションです!3階建てのつくりで戸建のようなお住まいができるのが特徴!小さなお子様がいるご家庭も足音を気にせずのびのびと生活できます!
スミタス小説「おひとりさま、家を買う」(最終回)の画像

スミタス小説「おひとりさま、家を買う」(最終回)

家の売買にまつわる物語をお届けするスミタス小説シリーズ。第2弾をスタートします。今回の主人公は独身OLの“私”。さっそく、彼女が理想の家を手に入れる(買う)までの道のりを見守っていきましょう。
字東裏(石狩当別駅) 2480万円の画像

字東裏(石狩当別駅) 2480万円

2007年12月築、字東裏の平屋建て3LDKの住まい。2台分のガレージの他に3台分の駐車スペースもある287坪超のゆとりの敷地。仕事も趣味も自然豊かなこの地で満喫できます。

北郷三条14(平和駅) 2280万円(戸建) の画像

北郷三条14(平和駅) 2280万円(戸建) 

自然光で明るい、南向きリビングあるの邸宅が登場。2013年11月築の室内状態の綺麗な築浅4LDK。駐車場はサイズによりますが最大3台駐車可能です!
南あいの里6丁目1950万円(戸建) の画像

南あいの里6丁目1950万円(戸建) 

南あいの里に平屋住宅!!バリアフリー仕様になっております!建物診断実施済み!売主様が大変綺麗にお使いです!
ディーレスティア伏見 (4LDK)の画像

ディーレスティア伏見 3100万円(4LDK)

『ディーレスティア伏見』平成15年築4LDKのテラスハウス型マンションです!3階建てのつくりで戸建のようなお住まいができるのが特徴!小さなお子様がいるご家庭も足音を気にせずのびのびと生活できます!
スミタス小説「おひとりさま、家を買う」(最終回)の画像

スミタス小説「おひとりさま、家を買う」(最終回)

家の売買にまつわる物語をお届けするスミタス小説シリーズ。第2弾をスタートします。今回の主人公は独身OLの“私”。さっそく、彼女が理想の家を手に入れる(買う)までの道のりを見守っていきましょう。
シティハウス南郷通1丁目の画像

シティハウス南郷通1丁目 2880万円(4LDK)

2009年6月築、住友不動産の分譲マンション。南東向き2面採光のLDK。リビング床暖房、エアコン付きで年中快適な住まい♪ペットと一緒に暮らせます。