中古の私が売れるまで(5)

FOLLOW US
HOUSE
#38
interior
3

中古の私が売れるまで(5)

中古の私が売れるまで(5)

中古住宅が売買されるまでには、いくつもの物語があります。売主、買主家族、不動産業者などの売買に関わる人たちには生活があり、人生があり、考えも思いもさまざま。

そして、もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?
“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。
そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第5弾。

家主の高齢化により、売りに出されることに決まった主人公の“家”こと私。家主夫婦は、とある大手の不動産会社と“媒介契約”を結ぶことに。媒介契約にもいろいろな種類がある中、担当者が勧め、1番良いとされる「専任媒介契約」を締結。担当者の口ぶりからは、すぐにでも買い手がつきそうな雰囲気ではありましたが果たして…?

(第5回)私ってそんなに魅力ないの!?

媒介契約を結んで数週間。そりゃあ、1日や2日で私を“貰ってくれる”買主が見つかるなんて私自身も思ってはいなかったけれど…。

「おい、ウチを買ってくれる人が来ているのかどうか不動産会社に電話してみろ」。
ご主人たら。そんなにそわそわするなら自分で電話してみたらいいのに。ちょっと手間のかかることや面倒なことはいつだって奥さん任せなんだから。

「もしそういう希望者の方がいたら、向こうから連絡が来るでしょう。あちらもウチだけを担当しているわけではないのだし、お忙しいのよ」
奥さんはさらりとご主人の要望をかわすと掃除の続きを始めた。

私を売却することに決めてから、最近は滞りがちだったお掃除にも最近は力が入っているみたい。

それにしても、やっぱりちょっと気になるのは、私は今の私のままで良いのかってこと。担当者はリフォームなんてしなくても良いし、くたびれたところもそのままで良い「現状引渡でOKです」って言っていたけれど。

どんな人でもマイホームを購入するなら、たとえそれが中古でも綺麗でオシャレな家に住みたいと思うものなんじゃ…。

私だって売られていくからには“商品”なのよね。つまり「買いたい」と誰かに思ってもらえなければ、ずっと売れ残りのまま。でもマイホームって大きな買い物だものね。買う人もみな慎重に選ぶでしょうし、まだ契約を結んでからそこまで日も経っていないし。きっと大丈夫。

「なぁ、ウチって広告出てるのか?」

3ヶ月後。ご主人が新聞の折り込みチラシを並べながら言った。
最近では中古住宅のチラシを集めたり、インターネットで不動産サイトを眺めるのが趣味みたいになっているご主人。
ご近所で最近売れた家が出てからは、ますます気になっているみたい。

この日は媒介契約を結んだ不動産会社のチラシが折り込まれていて、“私”が掲載されるのかどうか気になったよう。

「さぁ。“売却活動頑張っています。でもなかなか希望者の方と価格で折り合いがつかなくて…”というような連絡ならこの間もらいましたけど…。でも頑張ってくれているなら、チラシではなくとも宣伝はしてくれているのでしょう。このまま売れないようなら価格を下げることも検討してほしいということでしたよ」

奥さんはこともなげに言った。“私”を1番よく知っている人だから、あの金額では売れないかも、とどこかで常に思っていたのかもしれない。

「1番高い金額をつけてくれたからあの会社に決めたのに!」
ご主人はショックを受けているみたいだけれど…。

「私、考えたのですけれどね。契約期間中の今はあの不動産会社さんにお任せするしかないし、なんだか拘束されているも同然でしょう。正直なところ、口ではいつも良いことをたくさん言っていただけるけれど、本当にこの家を売却してくれる気があるのか、売り込みに力をいれてくれているのか。私たちは不動産のプロではないから、わからないことも多いのよね。もうすぐ契約期間も終わるし、そうしたら別の…」

奥さんが言いかけたところで電話が鳴った。
初めて“私”を内覧したい、という知らせだった。(続く)

RANKING

スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び⑴ の画像

スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び(1) 

不動産売買、建築・リフォーム、インテリアに資産運用、子育てや暮らしやすさに関する街の情報まで、住まいのことなら何でも知っている“プロ”が集結しているスミタス。そんなプロに住まいの選び方を伺います!
√S“JAPONIZE”で丁寧な暮らしの画像

√S“JAPONIZE”で丁寧な暮らし

JAPONIZE」は、日本らしさと海外の様式を兼ね備えた“和モダン”なスタイル。落ち着きと豊かさを持ち合わせた二つの異なる世界が混ざり合うと、不思議と波長が重なり一体感が生まれます。
中古の私が売れるまで(14)の画像

中古の私が売れるまで(14)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第14弾。

中古の私が売れるまで(15)の画像

中古の私が売れるまで(16)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第15弾。
スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び⑴ の画像

スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び(1) 

不動産売買、建築・リフォーム、インテリアに資産運用、子育てや暮らしやすさに関する街の情報まで、住まいのことなら何でも知っている“プロ”が集結しているスミタス。そんなプロに住まいの選び方を伺います!
中古の私が売れるまで(15)の画像

中古の私が売れるまで(15)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第15弾。
中古の私が売れるまで(13)の画像

中古の私が売れるまで(13)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第13弾。
中古の私が売れるまで(12)の画像

中古の私が売れるまで(12)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第12弾。