暮らしのトーンをキープする“SIMPLY”

FOLLOW US
HOUSE
#23
interior
photo01

暮らしのトーンをキープする“SIMPLY”

暮らしのトーンをキープする“SIMPLY”

休日は予定をいれず、気の向くままに。食事はその時々で体が欲しがるものを程よく摂り、自分なりのルールを大切に暮らしたい。

過剰な装飾を好まず、身の回りのアイテムは飽きのこないものだけを厳選。シンプルかつ何にもとらわれない自由な空間や時間を愛する方にぴったりなのが √Sの「SIMPLY」というスタイルです。

√Sは間仕切りもなにもないスケルトン状態から始める、デザインリノベーション。
自分好みの空間を創造することができるため、とことんシンプルさを追求したい方にもおすすめです。きっと理想通りの家づくりが叶うはず。

例えば真っ白な壁に天井、床や造作はウッディ調と決め、装飾には少しのグリーンを。無駄のないシンプルな動線や合理的な収納スペースなど、見せるところと隠すところの足し算と引き算を楽しむスタイルが「SIMPLY」です。

空間を移動式の間仕切りで分けられるようにしておけば、間取りを変えることになったとしても、この暮らしむきやスタイルを保つことが可能です。
「SIMPLY」のトーンをキープしたまま、家族が増えたりといったライフスタイルの変化を受け入れることができるはず。

√Sは、リノベーションの着工からお引き渡しまでの期間およそ2カ月。定額制の見積もりシステムで、契約までの流れがスムーズなのも嬉しいですね。

洗練されたシンプルな暮らしを好む人のための「SIMPLY」で、ぜひ理想の家づくりを実現してみませんか。



ワンプライスリノベ√S
↑画像をクリック



「未来のストーリーをデザインする」スミタスデザインスタジオ株式会社

RANKING

スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び⑴ の画像

スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び(1) 

不動産売買、建築・リフォーム、インテリアに資産運用、子育てや暮らしやすさに関する街の情報まで、住まいのことなら何でも知っている“プロ”が集結しているスミタス。そんなプロに住まいの選び方を伺います!
√S“JAPONIZE”で丁寧な暮らしの画像

√S“JAPONIZE”で丁寧な暮らし

JAPONIZE」は、日本らしさと海外の様式を兼ね備えた“和モダン”なスタイル。落ち着きと豊かさを持ち合わせた二つの異なる世界が混ざり合うと、不思議と波長が重なり一体感が生まれます。
中古の私が売れるまで(14)の画像

中古の私が売れるまで(14)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第14弾。

中古の私が売れるまで(15)の画像

中古の私が売れるまで(16)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第15弾。
スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び⑴ の画像

スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び(1) 

不動産売買、建築・リフォーム、インテリアに資産運用、子育てや暮らしやすさに関する街の情報まで、住まいのことなら何でも知っている“プロ”が集結しているスミタス。そんなプロに住まいの選び方を伺います!
中古の私が売れるまで(15)の画像

中古の私が売れるまで(15)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第15弾。
中古の私が売れるまで(13)の画像

中古の私が売れるまで(13)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第13弾。
中古の私が売れるまで(12)の画像

中古の私が売れるまで(12)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第12弾。