知らなきゃ損! 住宅業界のプロが教える中古住宅売買虎の巻(5)

FOLLOW US
HOUSE
#30
interior
1

知らなきゃ損! 住宅業界のプロが教える中古住宅売買虎の巻(5)

知らなきゃ損! 住宅業界のプロが教える中古住宅売買虎の巻(5)

「安心・安全・快適」さらにワクワクをプラス! スミタスだからできる安心保証制度「お住みつき」とは?

昨今の中古物件の流通事情とその「本当のところ」を、住宅業界のプロ・スミタスの視点で読み解くシリーズ。5回に渡ってお届けしてきたこの連載も今回でいよいよ最終回です。

今回のテーマは「安心、安全な中古住宅売買のために必要なこと」。インスペクションがいかに重要かを改めて解説します。シリーズを通してお伝えしてきたことでもあり、インスペクションはスミタスが全国的に先駆けて取り組んできた分野でもあります。コストも手間もかかるといわれ、不動産業者が積極的ではなかったこの分野にスミタスは9年前から取り組んできました。

発想の原点は、お客様となる売主と買主、双方の満足度の高さの追求。売主も買主も「安心安全な住まい」と確信できて初めて納得のいく取引ができる、という考えにあります。売主、買主、不動産会社、当事者となる三者が三様に満足できる流通システム「お住みつき」についてもご紹介します。

一気に問題がなくなるわけではない!? 過渡期にある中古住宅流通事情

法律や制度が整っていなかったことに加え、「新築神話」が当たり前だった時代、日本の不動産業界の特殊性など。日本で中古住宅流通が発展しなかった背景は、このシリーズでもお伝えしてきただけでも様々な事情がありました。

ですが、今後は中古住宅の流通が活発化すると予想されていることもまた、お伝えした通り。2018年4月には改正宅建業法、2020年には民法の一部が改正され、国が認めた中古物件を標章化するなど、日本の住宅流通は「フローからストックへ」と、国をあげて変わろうとしている過渡期にあります。

今回の法改正や新制度の導入のみでは、これまでの問題点がすべて解決するわけではありません。例えば、宅建業法の改正。不動産業者は、インスペクション業者の斡旋の可否について消費者に伝えることが義務化されるようになりますが、インスペクションそのものが義務化したり、業者の斡旋自体が義務化されたりするようになるわけではありません。

実情は課題もまだまだ山積みで、中古住宅流通の当事者となる「売主」「買主」「不動産業者」三者が満足し、利益を得るシステムが必要になってきます。この観点から生まれたのが、スミタスのインスペクションを絡めた独自の売買流通システム「お住みつき」なのです。

当事者は「売主」「買主」「不動産業者」 三者のために考えられた「お住みつき」

スミタスでは、20年以上前からリフォームを絡めた営業活動を実施。中古物件の流通自体に積極的に貢献してきました。

多くの中古住宅売買のケースを担当してきた企業だからこそ、インスペクションの重要性についてもいち早くキャッチすることができ、全国に先駆けて取り組みをスタート。「安心・安全・快適」はもとより「わくわくする良質な既存住宅の流通・再生」を手がけられるのです。

インスペクションに絡めた独自の既存住宅流通システム「お住みつき」は2014年春に始動。「お住みつき」は、建築のプロ集団「スミタス建物診断株式会社」によるインスペクションを実施した上で住宅売買ができる安心保証制度です。

売主には、診断結果を反映させた信ぴょう性の高い価格査定を提供し、売買後のトラブルなどを可能な限り避け、リスクを排除、軽減。売却時の物件価値を高めるため、住宅の“商品化”を提案して高い満足度を獲得しています。

また、買主には物件にまつわる公開情報の透明性と情報量の多さで厚い信頼を受けており、診断結果と予算を考慮したリフォーム提案。瑕疵保険を含めた保証や保険についても、不安なく加入できるシステムを整えています。

いかがでしたか?

「プロじゃないからよくわからない」「こういうものなのかな」で済ませてしまっていた人も多い中古住宅の売買。不動産業者だけでなく、買主と売主も当然ながら当事者なのです。私たち自身もこれまでの考え方から意識を変え、家さがしと向き合う必要があります。

それでも、「予算は?」「不動産業者はどこを選ぶ?」「どういう物件を自分たちは求めている?」「住宅診断は何をどうすればいいの?」「リフォーム会社はどこを選ぶ?」不安や悩みは尽きないでしょう。

そんな時、その全てについて相談でき、全ての流れを一つの企業に任せられる企業があったなら、安心できますね。それがスミタスの「お住みつき」です。

今はまだ耳慣れない人も多い「インスペクション」というキーワード。今後、中古物件の売買に欠かせない事項になるこのインスペクションについて、あらためてしっかり理解し、後悔のない住まい選び、その先の住まいづくりにつなげていきましょう。

知らなきゃ損! 住宅業界のプロが教える中古住宅売買虎の巻

知らなきゃ損! 住宅業界のプロが教える中古住宅売買虎の巻(2)

知らなきゃ損! 住宅業界のプロが教える中古住宅売買虎の巻(3)

知らなきゃ損! 住宅業界のプロが教える中古住宅売買虎の巻(4)

詳しくは下記お問い合わせ下さい↓

建物診断(ホームインスペクショ)専門
スミタス建物診断㈱ HP http://sumitas.jp/service/diagnosis/

インスペクションを絡めた新しい売買流通システム
お住みつき HP https://osumitsuki-r.jp/

RANKING

中古の私が売れるまで(9)の画像

中古の私が売れるまで(9)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第9弾。
中古の私が売れるまでの画像

中古の私が売れるまで(7)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第7弾。
中古の私が売れるまでの画像

中古の私が売れるまで(8)

“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第8弾。

中古の私が売れるまで(10)の画像

中古の私が売れるまで(10)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第10弾。
中古の私が売れるまで(9)の画像

中古の私が売れるまで(9)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第9弾。
ご家庭お手軽メンテナンス『24時間換気のフィルター 』清掃の画像

ご家庭お手軽メンテナンス『24時間換気のフィルター 』清掃

通常、台所や浴室まわりの天井にある24時間換気。この24時間換気内部には、フィルターが設置されており、これらは、だいたい半年に一度の目安で清掃が必要となってきます。
中古の私が売れるまでの画像

中古の私が売れるまで(7)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第7弾。
中古の私が売れるまで(6)の画像

中古の私が売れるまで(6)

“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第6弾。