知らなきゃ損! 住宅業界のプロが教える中古住宅売買虎の巻

FOLLOW US
HOUSE
#25
interior
6

知らなきゃ損! 住宅業界のプロが教える中古住宅売買虎の巻

知らなきゃ損! 住宅業界のプロが教える中古住宅売買虎の巻

(1)改正宅建業法施行で何が変わる? インスペクションって何?

4月に改正宅建業法、2020年6月には改正民法が施行されることをご存知ですか? 不動産の売買を検討しているなら、消費者の私たちにとっても決して無関係の法律ではありません。

法改正の背景には、中古住宅の流通を活性化させるという国の大きな目的があるといいます。現在、日本は欧米と比べて、中古住宅流通のシェアが低いというのが実情。理由の一つは、中古住宅が一般的に新築と比べて安価で購入できる分、建物の状況や修繕箇所など消費者にとっては不透明な部分が多く、トラブルなどを恐れて売買を躊躇してしまうこと。

こうした消費者の不安を解消し、売買の活性化を促すために改正されるのが、この二つの法律となります。二つの法律に共通しているキーワードは『インスペクション』。インスペクションとは、住宅の劣化状況や欠陥その改修すべき箇所を明確にする「住宅検査」のことを言います。

更にその検査結果に専門的な意見を加え、住宅を快適に長持ちさせるために必要な修繕方法やその時期、そこにかかる費用などを付け加えたものを「建物(住宅)診断」といい、法改正により導入やサービスの向上が進むのでは、と期待されている分野です。
今回は、全国的にもいち早く、2009年にインスペクションを導入、不動産流通への融合を模索し、当サイトでも数回に渡ってご紹介してきたオリジナルの建物診断を絡めた売買仲介サービス「お住みつき」を提供しているスミタスにお話しを伺いました。

建物診断(インスペクション)の重要性や、売主と買主双方が満足するための取引のポイントなど、住宅のプロならではの視点で語ってくださった、とっておきの情報を全5回に分けてご紹介します。

1回目は宅建業法改正のポイントや、法改正によって中古売買の何が変わるのか? 私たちに影響する部分などをわかりやすくお伝えいたします。

法改正で企業の意識が変わる! 消費者の満足度も上がる!

まずは、2018年の改正宅建業法の施行について解説。変更のある重要なポイントは下記のようになっています。

① 宅地建物取引業者が、売主や買主にインスペクションを行う業者を紹介できるかの可否を示し、意向に応じて媒介依頼者に斡旋する。
② 重要事項説明書にインスペクションの結果を記し、買主に対して説明する。
③ 売買契約時に、建物の状況を売主と買主が相互に確認し、内容を宅地建物取引業者が書面で交付する。

これだけを見ると、「インスペクション」そのものが義務化されるわけではないので、今までとどう変わるのかといった疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれませんね。

中古住宅の情報は、建築や不動産のプロではない人間には専門的でとても難しいものです。売主にとっても買主にとっても実際の建物の状況が不透明だったため後にトラブルとなってしまうケースも少なくありませんでした。

例えば、実際に中古住宅を購入しようとするとき、建物の見た目は現地に行けば把握できますが、建物自体の劣化状況に関しては建築の専門家にしかわかりません。
不動産のプロは不動産取引のプロであって建築のプロではないため、建築的な見地からの判断は期待できません。

一般的な不動産取引をする時には売主からの告知(設備・建物・土地について売主が知っていること)をベースに行われます。
多くの場合、売主もまた建築の専門家ではないため、正しい建物の状況を把握する事は長年住んだ自宅であったとしても困難です。

いざ気に入った物件があっても、建築の専門家ではない売主と不動産業者からの情報では、安心安全とは言えない実情があります。こうした背景から、インスペクションの普及が求められるようになってきているのです。

今回の法改正では、インスペクションが広く認知されることがまずは期待されています。周知されることで、宅建業者がサービスを強化したり、売主・買主が双方とも十分に納得した状態で売買を進められるケースが増え、一般消費者にとってもこれまでの中古住宅売買へのハードルの高さや不安が解消されると考えられます。

 

いかがでしたか? 法律と聞くとそれだけで難しくて縁のないことのように感じてしまいますが、中古住宅の売買を検討している方にとっては、ポイントだけでも知っておくことが重要だとよくわかるお話でしたね。

次回は、2020年に何と120年ぶりに改正されるという民法について解説。合わせて知っておくと、より「インスペクション」の重要性が理解できるはず!

 

詳しくは下記お問い合わせ下さい↓

建物診断(ホームインスペクショ)専門
スミタス建物診断㈱ HP http://sumitas.jp/service/diagnosis/

インスペクションを絡めた新しい売買流通システム
お住みつき HP https://osumitsuki-r.jp/

RANKING

スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び⑴ の画像

スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び(1) 

不動産売買、建築・リフォーム、インテリアに資産運用、子育てや暮らしやすさに関する街の情報まで、住まいのことなら何でも知っている“プロ”が集結しているスミタス。そんなプロに住まいの選び方を伺います!
√S“JAPONIZE”で丁寧な暮らしの画像

√S“JAPONIZE”で丁寧な暮らし

JAPONIZE」は、日本らしさと海外の様式を兼ね備えた“和モダン”なスタイル。落ち着きと豊かさを持ち合わせた二つの異なる世界が混ざり合うと、不思議と波長が重なり一体感が生まれます。
中古の私が売れるまで(14)の画像

中古の私が売れるまで(14)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第14弾。

中古の私が売れるまで(15)の画像

中古の私が売れるまで(16)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第15弾。
スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び⑴ の画像

スミタスの“中の人”に直撃!プロに聞く住まい選び(1) 

不動産売買、建築・リフォーム、インテリアに資産運用、子育てや暮らしやすさに関する街の情報まで、住まいのことなら何でも知っている“プロ”が集結しているスミタス。そんなプロに住まいの選び方を伺います!
中古の私が売れるまで(15)の画像

中古の私が売れるまで(15)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第15弾。
中古の私が売れるまで(13)の画像

中古の私が売れるまで(13)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第13弾。
中古の私が売れるまで(12)の画像

中古の私が売れるまで(12)

もし“家”そのものにも感情があって思いがあるとしたら?“家”はどんな思いで自分が売買されていくのを見つめているのでしょう。そんな“家”の視点から見た中古住宅売買の物語第12弾。