お正月の残り物をおしゃれレシピにアレンジ!なますで作る「バインミー」

FOLLOW US
TABLE
#21
table page
26103193_1461988537190448_990114963_n

お正月の残り物をおしゃれレシピにアレンジ!なますで作る「バインミー」

お正月の残り物をおしゃれレシピにアレンジ!なますで作る「バインミー」

毎年おせち料理を作りすぎて余らせてしまっているという方はいませんか? 今回は、おせち料理の定番“なます”をベトナムのサンドイッチ「バインミー」にアレンジ!

歯切れの良いパンにレバーペーストやハム、たっぷりのハーブにお野菜の甘酢漬けが挟んであります。なますが良いアクセントになっていつもとはひと味違うサンドイッチになりますよ♪

<材料>(全て適量)
ソフトフランスパン又は柔らかめのバゲット
市販のレバーペースト(苦手な方はバターやマヨネーズ)
紅白なます
お好みのお肉(ハム・生ハム・鶏ハム・焼豚・茹でしゃぶなど)
※今回のお肉は鶏むね肉のスライスに、ニンニク・ナンプラー・酒・レモングラスで15分ほどマリネし、ソテーしたものを使いました。
レタス、きゅうりなど
パクチー(なくても可)
オプション:シラチャーソース又はナンプラー

<作り方>
・バゲットに切込みを入れ、レバーペーストをたっぷり塗る。
・レタスやスライスしたきゅうりなどを乗せ、その上にお好みのお肉を乗せる。
・お肉の上に紅白なますを乗せる。(たっぷり乗せるのがオススメです)
・パクチーを乗せ、お好みでシラチャーソースやナンプラーを少々かけて頂く。

レシピ提供
スミタスアンバサダー:金井有紀子
DELIWORKS&CAFE
札幌市中央区北3条西28丁目3-10‐1F
https://www.facebook.com/deliworksandcafe/?fref=ts
@deliworksandcafe

RANKING

身近なグッズや100円ショップでも!キッズパーティを楽しくコーディネートする驚きテクの画像

身近なグッズや100円ショップでも!キッズパーティを楽しくコーディネートする驚きテク

我が家ではそのキャラクターのテーマに合わせて、パーティーテーブルを楽しくコーディネートしています♪ 身近なグッズや100円ショップでもコーディネート出来るテクニックをご紹介!
出来合いのスイーツもおしゃれに!インスタ映えするお茶会の盛り付け3選の画像

出来合いのスイーツもおしゃれに!インスタ映えするお茶会の盛り付け3選

お子さんの友達が遊びに来る場面や、ママ友たちを招いてお茶会を楽しむ場面では、スイーツ類の盛り付けにもひと工夫したいところ。インスタ映えする“盛り付け”のアイディアを3選ご紹介していきましょう。
いつもの料理が見違える!海外風おしゃれ盛り付けアイディア4選の画像

いつもの料理が見違える!海外風おしゃれ盛り付けアイディア4選

いつもの料理を“よそゆき顔”に盛り付けると、普段の食卓が華やかに変わります。そこで今回は、海外風のおしゃれな盛り付けが叶うアイディアを4選ご紹介します。

ハーブの緑でテーブル華やか!ホームパーティーに使えるおもてなし料理のポイントの画像

ハーブの緑でテーブル華やか!ホームパーティーに使えるおもてなし料理のポイント

今回は、ホームパーティーに使えるおもてなし料理のポイントをご紹介します。ハーブや野菜など、自然な緑色をふんだんに使ってテーブルを華やかに演出する方法です。
夏に無性に食べたくなる!?「カレー」で美肌力が上がるって本当?の画像

夏に無性に食べたくなる!?「カレー」で美肌力が上がるって本当?

「夏カレー」という言葉も存在するほどなので、夏になるとカレーを食べる頻度が多くなる人は少なくないのかもしれません。夏バテで疲れた内臓を、元気づける成分が多いスパイスたちを、体が自然と欲するのかもしれませんね。
「夏らしさ」を食卓に! 涼しげな麺料理に見せる盛り付けアイディアの画像

「夏らしさ」を食卓に! 涼しげな麺料理に見せる盛り付けアイディア

食欲のない夏になると食卓に登場する家庭も多いヌードル類にスポットをあて、麺類を夏らしく涼しげに盛り付けるアイディアを3選ご紹介します。
フルーツや野菜で紫外線対策するなら…食べ方にはコツあり!の画像

フルーツや野菜で紫外線対策するなら…食べ方にはコツあり!

さんさんと降り注ぐ陽ざしに潜む紫外線から、お肌を守る方法も、夏のスキンケアとしては欠かせません。今回は、紫外線が強く日照時間が長い夏こそ知っ得!フルーツや野菜を使った「美肌食」のお話です。
いつもの野菜がグレードアップ!映えるサラダの作り方3選の画像

いつもの野菜がグレードアップ!映えるサラダの作り方3選

毎日の食卓に、色とりどりのサラダを出すのも楽しい季節がやってきました。いつものサラダがグレードアップするサラダの盛り付け術をご紹介します。