「青じそと枝豆」を使った箸休め

FOLLOW US
TABLE
#48
table page
37410025_1677465345642765_5905199261674373120_n

一晩寝かせるから風味が活きる!インスタ映え必至の「青じそと枝豆」を使った箸休め

一晩寝かせるから風味が活きる!インスタ映え必至の「青じそと枝豆」を使った箸休め

暑い日には、さっぱりとした口あたりのおかずのバリエーションがあると重宝します。
熱中症対策としても、適量の“塩“を摂取する食事が大切です。
そこで今回は、素材の味を楽しみながらいただく「青じそと枝豆あえ」のレシピをご紹介します。

身近な材料でインスタ映えする箸休めを楽しもう

« 材料»(2〜3人分)
枝豆 (生、冷凍どちらでも) ・・・300g
青じそ塩漬け (青じそ・塩 適量) ・・・7~8枚
茗荷 ・・・2個

味付けは塩味のみ!シンプルだから素材の味が引き立つ

« 作り方»

(1)青じその塩漬けを作る。
※このとき、青じそは綺麗に洗い、ペーパータオルなどで水分をしっかり取る。

(2)密封容器またはサランラップに少量の塩をまぶし、青じそを一枚乗せるたびに塩をまぶし重ね、一晩置く。
(3)翌日になってから、枝豆をゆで(冷凍は解凍)、さやから外しておく。茗荷は半分に切って薄切りにする。
(4)塩漬けにした青じその塩を払って、微塵切りにする。
(5)枝豆、茗荷、青じそを合わせる。このレシピでは素材の味を楽しむため、味付けは青じそ塩漬けの塩味のみです。そのため、紫蘇は少量から入れ、味を見ながら足す。

枝豆と青じそのグリーンが色鮮やかに食卓を飾りますので、インスタ映えを狙いたい人にもおすすめのレシピです。
見た目にも涼しい「青じそと枝豆あえ」で適量の塩分を美味しくいただきながら、暑い夏を乗り切っていきましょう!


レシピ提供
スミタスアンバサダー:金井有紀子
DELIWORKS&CAFE
札幌市中央区北3条西28丁目3-10‐1F
https://www.facebook.com/deliworksandcafe/?fref=ts
@deliworksandcafe

RANKING

スコーンの食べ方も!? 英国流アフタヌーンティーのマナー3選の画像

スコーンの食べ方も!? 英国流アフタヌーンティーのマナー3選

なにげなく楽しんでいる人が多いアフタヌーンティーにも、正式なマナーがあります。そこでこの記事では、日本人でも知っておきたいアフタヌーンティーのマナーをご紹介します。
いつもの料理が見違える!海外風おしゃれ盛り付けアイディア4選の画像

いつもの料理が見違える!海外風おしゃれ盛り付けアイディア4選

いつもの料理を“よそゆき顔”に盛り付けると、普段の食卓が華やかに変わります。そこで今回は、海外風のおしゃれな盛り付けが叶うアイディアを4選ご紹介します。
料理の写真で「インスタ映え」を狙うテーブル小物の選び方3つの画像

料理の写真で「インスタ映え」を狙うテーブル小物の選び方3つ

インスタグラムに映える写真と映えない写真では「いいね」の数も変わるのはさることながら、見た目の印象もかなり変わってきます。そこで今回は、インスタ映えするテーブル小物の選び方をご紹介していきます。

食卓にも季節感を!ひと手間で「秋」を感じる盛り付け術の画像

食卓にも季節感を!ひと手間で「秋」を感じる盛り付け術

そろそろ秋の気配が深まってきているので、普段の盛り付けにひと手間を加えて、センスのいい食卓を演出してみてはいかがでしょうか。
道民には欠かせない食材「秋鮭」の美的実力とオススメの食べ方の画像

道民には欠かせない食材「秋鮭」の美的実力とオススメの食べ方

鮭は北海道を代表する食材でもあるので「そろそろ、食べ飽きてきたかな…」と思っている方もぜひ、身近な食材・鮭のすごさ「美的実力」を、今一度確認してください。
実は簡単!エディブルフラワーで食卓をランクアップさせるコツの画像

実は簡単!エディブルフラワーで食卓をランクアップさせるコツ

いつもの料理の仕上げにエディブルフラワーを加えると、おもてなしにもぴったりのスペシャルなメニューに早変わり。食卓をワンランクアップさせてくれます。
スコーンの食べ方も!? 英国流アフタヌーンティーのマナー3選の画像

スコーンの食べ方も!? 英国流アフタヌーンティーのマナー3選

なにげなく楽しんでいる人が多いアフタヌーンティーにも、正式なマナーがあります。そこでこの記事では、日本人でも知っておきたいアフタヌーンティーのマナーをご紹介します。
トマトより美容食になる!?「ミニトマト」の隠れた実力3つの画像

トマトより美容食になる!?「ミニトマト」の隠れた実力3つ

一般的なトマトに比べてサイズが小さいことから、ミニトマトにはちょっとした誤解もありがち。そんな“ミニトマト”に潜む意外な実力を、みなさんにご紹介します。