「お箸」を小道具に写真映えを狙うテク

FOLLOW US
TABLE
#64
table page
1

手料理写真がランクアップ!「お箸」を小道具にSNS映えを狙うテク

手料理写真がランクアップ!「お箸」を小道具にSNS映えを狙うテク

日本人の食卓に欠かせない“お箸”は、手料理の写真をインスタなどのSNS用に撮影するときには、いい具合の“小道具”としても使えます。
ただし、無造作に置くだけだと、雑多な印象にもなりかねないため、ちょっとしたコツを掴んで、上手に配置したいもの。
そこで今回は、“お箸”を小道具として使って、フォトジェニックな写真を撮影できるテクニックを3選ご紹介します。

1:対になる配置でお皿を囲む

お箸を小道具として配置するときに、1セットだけで済ませてしまうとやや寂しい構図に感じるときには、お皿を囲むように“対”になる配置で2セット使ってみてください。
躍動感が生まれ、バランスのいい写真が撮りやすくなります。
インスタ映えを狙うコツとしては、きっちりと揃えて置くよりも、やや遊びのある置き方で動きを出すのがポイント。
いい意味で、力が抜けた写真に見せやすくなります。

2:食べ物の横に「縦に」置く

日本人だと、どうしても「お箸は、横向きに揃えて置くもの」という先入観にも縛られがちです。
しかし、フォトジェニックな写真を狙うならば、思い切ってナイフやフォークなどのカトラリーを置くときのように、食べ物の横に「縦」に配置すると、それだけでいつもの料理もランクアップ。
インスタ映えを狙える“遊び心”のある写真にも、見せやすくなります。
このとき、料理やお箸を中央に配置するよりも、右や左などに少しだけ寄せた構図でセットすると、抜け感のある写真になり、フォトジェニックなムードを狙いやすいでしょう。

3:「これから食べます!」の瞬間をお箸で表現する

料理の写真を撮る際に、ただ料理を並べて撮るだけだと、動きに欠け、面白みのない写真にも見えがちです。
そこで、手にお箸を持ち「まさに今から、食べ始めます」という雰囲気を演出すると、それだけでも勢いのある構図に。
ナイフやフォークでも代用できるテクニックですが、お箸の色を工夫して、お皿や料理の色合いとのコーディネートを意識すれば、ワンランク上のフォトジェニックな写真を目指せる応用術にもなります。

料理の写真を撮影する際には、どうしても単調な構図に終始しがちです。
“お箸”を上手に小道具として活用できれば、普段の写真も、今よりもっと洗練されたイメージに仕上げやすくなるでしょう。
「なにかが足りない」と思うときには、色や柄にも工夫をしつつ、ぜひお試しくださいね!

RANKING

出来合いのスイーツもおしゃれに!インスタ映えするお茶会の盛り付け3選の画像

出来合いのスイーツもおしゃれに!インスタ映えするお茶会の盛り付け3選

お子さんの友達が遊びに来る場面や、ママ友たちを招いてお茶会を楽しむ場面では、スイーツ類の盛り付けにもひと工夫したいところ。インスタ映えする“盛り付け”のアイディアを3選ご紹介していきましょう。
自宅の居間がブッフェ会場に変身!「ハロウィンパーティー」のコツの画像

自宅の居間がブッフェ会場に変身!「ハロウィンパーティー」のコツ

日本でも、季節のイベントとして、すっかり定着したハロウィンパーティー。ゲストの数を気にせずに楽しめる「立食ブッフェ」がおすすめ!
身近なグッズや100円ショップでも!キッズパーティを楽しくコーディネートする驚きテクの画像

身近なグッズや100円ショップでも!キッズパーティを楽しくコーディネートする驚きテク

我が家ではそのキャラクターのテーマに合わせて、パーティーテーブルを楽しくコーディネートしています♪ 身近なグッズや100円ショップでもコーディネート出来るテクニックをご紹介!

ラグビー発祥国・イギリスのTABLE探訪~「イングリッシュ・フル・ブレックファースト」って?の画像

ラグビー発祥国・イギリスのTABLE探訪~「イングリッシュ・フル・ブレックファースト」って?

アジアで初開催となる「ラグビーワールドカップ2019日本大会」真っただ中の日本。そこで今回は、イギリス滞在経験3年の筆者が自身の経験を踏まえ、ラグビー発祥の地であるイギリスの伝統的な朝食をご紹介します。
ハーブの緑でテーブル華やか!ホームパーティーに使えるおもてなし料理のポイントの画像

ハーブの緑でテーブル華やか!ホームパーティーに使えるおもてなし料理のポイント

今回は、ホームパーティーに使えるおもてなし料理のポイントをご紹介します。ハーブや野菜など、自然な緑色をふんだんに使ってテーブルを華やかに演出する方法です。
夏に無性に食べたくなる!?「カレー」で美肌力が上がるって本当?の画像

夏に無性に食べたくなる!?「カレー」で美肌力が上がるって本当?

「夏カレー」という言葉も存在するほどなので、夏になるとカレーを食べる頻度が多くなる人は少なくないのかもしれません。夏バテで疲れた内臓を、元気づける成分が多いスパイスたちを、体が自然と欲するのかもしれませんね。
「夏らしさ」を食卓に! 涼しげな麺料理に見せる盛り付けアイディアの画像

「夏らしさ」を食卓に! 涼しげな麺料理に見せる盛り付けアイディア

食欲のない夏になると食卓に登場する家庭も多いヌードル類にスポットをあて、麺類を夏らしく涼しげに盛り付けるアイディアを3選ご紹介します。
フルーツや野菜で紫外線対策するなら…食べ方にはコツあり!の画像

フルーツや野菜で紫外線対策するなら…食べ方にはコツあり!

さんさんと降り注ぐ陽ざしに潜む紫外線から、お肌を守る方法も、夏のスキンケアとしては欠かせません。今回は、紫外線が強く日照時間が長い夏こそ知っ得!フルーツや野菜を使った「美肌食」のお話です。