旬の味をそのまま!かぼちゃとさつまいものクリーミーグラタン

FOLLOW US
TABLE
#9
table page
22237377_1388793564509946_1642396682_n

旬の味をそのまま!かぼちゃとさつまいものクリーミーグラタン

旬の味をそのまま!かぼちゃとさつまいものクリーミーグラタン

秋の味覚の代表、かぼちゃとさつまいも。さまざまな品種が出回るこの時期、旬を逃さずに美味しく食べたいところですよね。今回は、野菜の味をそのまま感じられるように、あえてホワイトソースを使わないグラタンのレシピをご紹介します。

かぼちゃとさつまいものホクホクとした食感に、子供から大人まで喜ぶこと間違いなしですよ♪

RECIPE

かぼちゃとさつまいものクリーミーグラタン

<材料>
かぼちゃ…400g
さつまいも…400g
ベーコン…40g
シュレッドチーズ…150g
バター…20g
牛乳…400cc
生クリーム…200cc
塩コショウ…適量
ナツメグ…少々

<作り方>

・オーブンを180度に温めておく。
・かぼちゃとさつまいもを5mmくらいにスライスし、電子レンジで温めて柔らかくする(それぞれ600wで4分程度)。
・少し深めのフライパンにバターを溶かし、食べやすいサイズに切ったベーコンを炒め、そこへかぼちゃとさつまいもを入れる。全体にバターが行き渡るように炒めたら、牛乳を入れる。蓋をして、焦げ付かないように時々様子を見ながら、中火で7~8分程度煮る。
・全体的にとろっとしてきたら、塩コショウとナツメグで味を整える。
・グラタン皿にバター又は油(分量外)を塗り、かぼちゃとさつまいもを煮汁ごと移す。上からシュレッドチーズを乗せ、更にそのうえに生クリームをかける。
・オーブンに入れ、180℃で25分。チーズにこんがりと焼き色が着いたら完成。

レシピ提供
スミタスアンバサダー:金井有紀子
DELIWORKS&CAFE
札幌市中央区北3条西28丁目3-10‐1F
https://www.facebook.com/deliworksandcafe/?fref=ts
@deliworksandcafe

RANKING

いつもの料理が見違える!海外風おしゃれ盛り付けアイディア4選の画像

いつもの料理が見違える!海外風おしゃれ盛り付けアイディア4選

いつもの料理を“よそゆき顔”に盛り付けると、普段の食卓が華やかに変わります。そこで今回は、海外風のおしゃれな盛り付けが叶うアイディアを4選ご紹介します。
料理の写真で「インスタ映え」を狙うテーブル小物の選び方3つの画像

料理の写真で「インスタ映え」を狙うテーブル小物の選び方3つ

インスタグラムに映える写真と映えない写真では「いいね」の数も変わるのはさることながら、見た目の印象もかなり変わってきます。そこで今回は、インスタ映えするテーブル小物の選び方をご紹介していきます。
定番カラーはもう古い!?お好みの色で楽しむクリスマステーブルの画像

定番カラーはもう古い!?お好みの色で楽しむクリスマステーブル

クリスマスといえばなんとなくサンタクロースの衣装の色である赤や白、クリスマスツリーの緑、他にもトナカイのブラウンや星のゴールドなど、定着したカラーを思い浮かべる方も多いのでは?

テーブルが小さく感じるなら…サイドテーブルのおしゃれインテリア活用術の画像

テーブルが小さく感じるなら…サイドテーブルのおしゃれインテリア活用術

普段はインテリアの一部にしたり、空間を有効活用しやすいのがメリットです。今回はサイドテーブルを使った、おしゃれなインテリア術をご紹介します。
定番の「白テーブル」をオシャレに見せる椅子の組み合わせ術3選の画像

定番の「白テーブル」をオシャレに見せる椅子の組み合わせ術3選

白テーブルは定番だけに、椅子の組み合わせかたによって、スタイリッシュにもなれば、生活感ばかりが強調される存在にも。白テーブルを取り入れる際に、おしゃれに見せる椅子の組み合わせ術をご紹介します。
健康的なティータイムを!不足しがちな「鉄」が含まれるお茶3選の画像

健康的なティータイムを!不足しがちな「鉄」が含まれるお茶3選

女性のティータイムに気にかけてほしいのが、鉄の摂取。そこで今回は、お茶を飲むだけで鉄も一緒に補充できるお茶を3種類選んでみました。
自宅の居間がブッフェ会場に変身!「ハロウィンパーティー」のコツの画像

自宅の居間がブッフェ会場に変身!「ハロウィンパーティー」のコツ

日本でも、季節のイベントとして、すっかり定着したハロウィンパーティー。ゲストの数を気にせずに楽しめる「立食ブッフェ」がおすすめ!
食卓にも季節感を!ひと手間で「秋」を感じる盛り付け術の画像

食卓にも季節感を!ひと手間で「秋」を感じる盛り付け術

そろそろ秋の気配が深まってきているので、普段の盛り付けにひと手間を加えて、センスのいい食卓を演出してみてはいかがでしょうか。