「玉ねぎ」NGな食べ方にご用心

FOLLOW US
TABLE
#93
table page
gf1120490151w

血液サラサラ効果が狙える「玉ねぎ」NGな食べ方にご用心

血液サラサラ効果が狙える「玉ねぎ」NGな食べ方にご用心

4月に入り、春の息吹が感じられるようになってきました。野菜においても、春キャベツ、新じゃが、新玉ねぎなど、みずみずしい野菜が出回る季節です。
今回は、その中でも「玉ねぎ」にフォーカス! 血液サラサラにして生活習慣病予防になると人気の玉ねぎは、実は食べ方次第では、期待するほどの働きをしてくれないこともあるのです。そこで今回は、玉ねぎに含まれる成分の解説と、効率的に摂取するおすすめの食べ方をご紹介します。

血液サラサラ効果を期待するなら…「玉ねぎ」どう食べる?

4択の質問です。みなさんは、どんなふうに食べることが多いですか?

□食物繊維に沿って縦にスライスして空気にさらしてから生食
□食物繊維に沿って縦にスライスして水にさらしてから生食
□食物繊維を切るように横にスライスして空気にさらしてから生食
□食物繊維を切るように横にスライスして水にさらしてから生食

血液をサラサラにする苦み(臭み)成分「アリシン」に注目

「アリシン」とは、苦味や辛味のある玉ねぎに含まれる成分で、抗酸化作用や疲労回復効果などが期待できます。玉ねぎを食べるときにこの「アリシン」を活性化させるためには、知っておきたい3つのポイントがあります。

1:細胞が壊れると生成される
苦味が最も弱いのは縦切りで、強いのは横切りです。 甘味と旨味が最も増すのは、みじん切りです。アリシンは細胞が壊れることで生成されるので、カットすることで効率よく引き出せるとも考えられています。

2:水に弱い
アリシンは水溶性のため、水にさらすと成分が流れ出してしまいます。サラダにして食べるときは、出来るだけ水にさらさず、空気に15分以上さらしておきましょう。

3:熱に弱い
アリシンを効率的に摂るためには、加熱せずに生食がおすすめです。細胞が壊れてから時間が経つと、熱に強い成分に変質する特徴もあります。アリシン特有の刺激が苦手な方は、玉ねぎを切った後に、しばらく時間をおいてから弱火でさっと加熱調理すると良いでしょう。

以上のことから、質問の中でいちばん血液さらさら効果を期待できる、筆者おススメ食べ方は、
□食物繊維を切るように横にスライスして空気にさらしてから生食、です。

疲労回復・美肌づくりに組み合わせるおススメは「ビタミンB1」

アリシンは、代謝を促進するビタミンB群の中でも「疲労回復のビタミン」と呼ばれる「ビタミンB1」の吸収を助けます。「ビタミンB1」は、疲れの元になる乳酸が体内に溜まるのを防ぐとされる成分です。
新年度に入り、新しい環境で疲れが出てきたら、ぜひビタミンB1が多く含まれている豚肉やカツオなどにオニオンスライスやすりおろし玉ねぎを付け合わせてみてください。肌の新陳代謝も活発になり、美肌食メニューにもなるはずです。

 

————————————————-
この記事はライターの知識と経験に基づいた情報です。
個人により、その効果は異なります。
ご自身の責任においてご判断・ご利用ください。

藤屋 知子(ふじや ともこ)
2002年~2005年、イギリスで暮らす。
◇一般社団法人 日本肥満予防健康協会認定講師
◇上級美肌食マイスター
https://katsu-bihada.jimdo.com/講座/
◇肥満予防健康管理士
https://katsu-bihada.jimdo.com/講座/肥満予防健康管理士養成講座/
◇JOPHダイエットアドバイザー
https://katsu-bihada.jimdo.com/講座/ダイエットアドバイザー/
◇JAMアンチエイジングアドバイザー
◇美容薬学検定1級
◇スコーン研究家
https://www.instagram.com/fujiyatomoko/?hl=ja
【MCTオイル】
https://ops.coconutoil.jp/shop/?code=14k01fc
【線維芽細胞を活性化してエイジング・スキンケア】
https://jms-shop.com/Shop/index.php?ShopID=1523415

RANKING

健康的なティータイムを!不足しがちな「鉄」が含まれるお茶3選の画像

健康的なティータイムを!不足しがちな「鉄」が含まれるお茶3選

女性のティータイムに気にかけてほしいのが、鉄の摂取。そこで今回は、お茶を飲むだけで鉄も一緒に補充できるお茶を3種類選んでみました。
熱々をハフハフ食べたい!アメリカで人気のイタリア料理『チキンパルメザン』を冬の食卓にの画像

熱々をハフハフ食べたい!アメリカで人気のイタリア料理『チキンパルメザン』を冬の食卓に

今回みなさんにご紹介するのは、イタリア料理の『チキンパルメザン』。イタリアだけでなく、アメリカでもとてもポピュラーなお料理です。とてもとても簡単なのに、とてもとても美味しい!
出来合いのスイーツもおしゃれに!インスタ映えするお茶会の盛り付け3選の画像

出来合いのスイーツもおしゃれに!インスタ映えするお茶会の盛り付け3選

お子さんの友達が遊びに来る場面や、ママ友たちを招いてお茶会を楽しむ場面では、スイーツ類の盛り付けにもひと工夫したいところ。インスタ映えする“盛り付け”のアイディアを3選ご紹介していきましょう。

血液サラサラ効果が狙える「玉ねぎ」NGな食べ方にご用心の画像

血液サラサラ効果が狙える「玉ねぎ」NGな食べ方にご用心

実は食べ方次第では、期待するほどの働きをしてくれないこともあるのです。そこで今回は、玉ねぎに含まれる成分の解説と、効率的に摂取するおすすめの食べ方をご紹介します。
ウイルス対策に!「免疫力アップ」を狙う2つの食材を使ったとっておきレシピの画像

ウイルス対策に!「免疫力アップ」を狙う2つの食材を使ったとっておきレシピ

寒暖の差が激しいうえに風邪やインフルエンザ、新型コロナウィルスなど感染症の猛威も加わって、いつも以上に「体調管理に気を配らねば!」と思っているのではないでしょうか?体のデトックス機能を強化して免疫力を高める食材を使って手間をかけずに作れるメニューをご紹介。
自宅でのバレンタインパーティーに最適のブッフェスタイルコーディネートの画像

自宅でのバレンタインパーティーに最適のブッフェスタイルコーディネート

こんにちは。スミタスアンバサダーのテーブルコーディネーターSachiko Leeです。今回は、自宅で行うバレンタインにおすすめの立食(ブッフェ)パーティーのテーブルコーディネートを紹介します。
今年こそダイエット成功!「食べながら痩せる」を狙えるおすすめ食3選の画像

今年こそダイエット成功!「食べながら痩せる」を狙えるおすすめ食3選

毎年、我慢比べのようなダイエットを決行しては、ストレスまみれになって、挫折の道へまっしぐら…。そんな心当たりがあるみなさん、今回は、“食べながら痩せる”を目指せるダイエットについてお話します。
年末年始の身体・肌不調への神サポート食材は「パイナップル」だった!?の画像

年末年始の身体・肌不調への神サポート食材は「パイナップル」だった!?

身体や肌のトラブル予防&解消に、一役買ってくれそうな食材をピックアップ。旬は夏ですが、1年を通して手軽に手に入る南国フルーツ「パイナップル」です。