【第2回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

FOLLOW US

【第2回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

【第2回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

実際にその街で暮らしてみなければ分からないリアルな住民の声をお届け! スミタスが市内全10区、約3000人に実施した「住み心地アンケート」の結果を元に、暮らしの満足度が高いエリア・ベスト5を全3回に渡って紹介するシリーズの第2弾。今回は3位と2位のエリアを発表します。

第3位 緑いっぱい!落ち着いた郊外の住環境 札幌中心部まで約30分「あいの里エリア」

札幌市北区郊外の「あいの里」エリアが3位にランクイン。中心部からは離れたイメージがあり、市内では豪雪地帯としても知られているあいの里。人気の秘密はどこにあるのでしょうか?

自然が多く、道路や区画がゆったりと作られている、敷地の広い住まいが多い、といった5位の「厚別北エリア」同様の理由のほか、街の中心部に教育大学があり、子供たちへの教育に関する意識が高いところも子育て世代に選ばれているポイント。中心部には大型ショッピングセンターもあり、日々の暮らしに便利なお店もそろいます。

スミタスの2017年上半期(1~6月)の調査では、売り出し中の土地18件のうち成約件数は5件。土地の平均価格は1坪約12.3万円です。地区計画により、180㎡以上の敷地面積がないと建築をすることができないため、200㎡以上の広めの敷地が多く、都心部では叶えられられないこだわりの住まいを持てるところも魅力です。

また前述の通り、冬場は札幌の中では豪雪となる土地柄、子育てを終えたご夫婦が除雪の心配のない住宅へと住み替えを検討するケースも少なくなく、魅力的な中古物件もそろうのが特徴。戸建では、売り出した21件全てが成約済み。平均価格は約1600〜1800万円と中心部と比べて安価で大きな家を持つことができます。

住宅地はJR「あいの里教育大」駅そばから順に造成されていった歴史があるため、駅近くの中古住宅ほど築年数が経過していることになります。駅の近くであっても比較的お手ごろな価格で家探しをすることも可能です。

またマンションは16件中、成約件数15件。3〜4LDKといった家族向けのマンションが多く、平成元年以降造成の新耐震基準を備えた住宅ばかり。冬場の暮らしを懸念されている方も、マンションなら雪かきの心配はありませんね。

郊外とはいえ、JR札幌駅までは乗り換えなしで30分とかからずアクセスも良いところも魅力。大きな公園や病院、小児クリニックなども充実していて、小さなお子さんがいるご家庭には特に満足度の高いエリアとなっています。

第2位 洗練された住環境と暮らしやすさ 心穏やかに過ごすなら「宮の森エリア」

藻岩山の麓に位置し、緑豊かで落ち着いた住環境が整う「宮の森エリア」。札幌市内でも有数のレベルの高い小中学校がある文京区でもあり、塾やお稽古ごとなどの施設が充実した教育環境の良さも人気です。

円山に次いで高価格帯エリアで、医師や弁護士といった高所得者が多く暮らす地域でもあり、閑静な佇まいの中で洗練された暮らしを求めている方にはぴったりのエリアでもあります。

スミタスの2017年上半期(1~6月)の調査では、1丁目〜11丁目の範囲で売り出し中の土地10件のうち成約件数は4件、1坪あたりの平均価格は50〜60万円。

12丁目以降は位置的に山の中に入ってくるため、1〜11丁目と比べて利便性がやや異なります。価格帯や土地の広さに大きく差があります。12丁目以降では売り出し中の土地23件中成約件数は10件。1坪あたりの平均価格は10〜20万円で、100坪を超える広い土地も多く出ているのが特徴です。

中古物件は1〜11丁目の範囲で売り出し中の戸建11件のうち成約件数は3件、12丁目以降が18件中5件。他のエリアと比較すると、広い自宅を持つ人が多く、1〜11丁目は12丁目よりも高値で取引される傾向が高いようです。

他のエリアと比べてマンションの総数自体はやや少ないのも特徴。中古マンションの1〜11丁目の売り出し件数は72件のうち成約件数30件、12丁目以降で12件中3件。平均価格は2000万円代前半となっています。ファミリー層が多い土地柄、中古マンションは3〜4LDKの間取りが中心です。

アクセスは、円山公園駅や西28丁目駅など地下鉄利用を始め、各駅のバスターミナルから、住宅地に向けて幅広い路線でバスが出ているため、マイカー利用者はもちろんのこと、公共交通機関を利用しても不便を感じないのもうれしいポイントです。

 

今回ランクインしたエリアは中心部からの位置も雰囲気も大きく異なりますが、いずれも「落ち着いた住環境」「子育てや教育に力を入れている」といったファミリー層であればぜひとも大切にしたい共通項がありました。

次回はいよいよ気になる第1位をご紹介。どのエリアが、最も「住み心地満足度の高いエリア」選ばれるのでしょうか?

 

※アンケート結果、地域の相場データはスミタス調べ

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5 画像をクリック↑

「@SUMiTAS」レポーター募集

RANKING

赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯の画像

赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯

桑園にオープンしたばかりの注目のカフェ「パパヒデヒコ」JR札幌駅から一駅で交通の便も良く、子育て世代向けの新築マンションが新たに完成し、子供も増えている桑園エリア。子連れに優しいカフェが揃い、周辺のカフェはいつも賑わっています。
雰囲気抜群!お洒落な空間で自家焙煎コーヒーと本格パスタを 山の手「C2cafe」の画像

雰囲気抜群!お洒落な空間で自家焙煎コーヒーと本格パスタを 山の手「C2cafe」

旧5号線の山の手エリアを宮の沢方面に向けて車で走っていると、左手に、インテリアショップのようなおしゃれなお店が見え、ひときわ目をひきます。あの素敵な空間は何だろうと気になっている方も多いのではないでしょうか。
【第3回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5の画像

【第3回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

スミタスが札幌市内全10区の約3000人に実施した「住み心地アンケート」の結果から、暮らし満足度が高いエリアのベスト5を紹介してきた今シリーズ。第3回となる今回は、ついに1位の発表です。その街で実際に暮らしている人の声を元にしたからこそ分かる“本当に”住み心地が良い街とは、一体どのエリアなのでしょうか……。

街中でアクセス良好!0歳児から遊べる資生館小学校子育て支援センターの画像

街中でアクセス良好!0歳児から遊べる資生館小学校子育て支援センター

今回は、0歳から就学前のお子さんと保護者の方が土日祝日もいつでも利用でき、広くておもちゃもたくさんある資生館小学校の子育て支援センターをご紹介します!
できたて極上生ビールが3杯も無料!ファミリーで楽しめる「アサヒビール工場見学」はココがすごいの画像

できたて極上生ビールが3杯も無料!ファミリーで楽しめる「アサヒビール工場見学」はココがすごい

今回みなさんにご紹介するのは、なんと誰でも無料で見学できる『アサヒビール』の北海道工場です。地下鉄東西線が地下を走る白石区内の主要幹線道路「南郷通」沿いに位置し、駅からのアクセスも良い便利な立地にあります。
そりやスキー、スノーラフティング! 雪遊びを楽しむなら西区内の公園への画像

そりやスキー、スノーラフティング! 雪遊びを楽しむなら西区内の公園へ

札幌市内でも特に雪深い西区には、気軽にそり滑りやミニスキー、歩くスキーを楽しめる大型公園がいくつかあるのをご存知ですか?今回は小さなお子様から大人まで満喫できる西区内にある公園の魅力をご紹介します!
冬の遊び場に困ったらココ! 家族みんなで楽しめる白石区「川下公園」の画像

冬の遊び場に困ったらココ! 家族みんなで楽しめる白石区「川下公園」

静かで緑あふれる広い公園内には屋内外の施設が充実していて、1年を通してたくさんのご家族連れが訪れています。中でもイベントも開催される冬は、子供たちの遊び場に困った時の絶好のおすすめスポット。さっそく冬の川下公園の魅力をご紹介していきます。
札幌市民こそ訪れるべき!家族で1年中楽しめる「羊ヶ丘展望台」の魅力の画像

札幌市民こそ訪れるべき!家族で1年中楽しめる「羊ヶ丘展望台」の魅力

子供の頃などに、1度は訪れたことがあるという人でも大人になってからは行ったことがないという人も少なくないのでは。実はこの「羊ヶ丘展望台」。地元民こそ注目のイベントが盛りだくさんで、パパ、ママになった今こそオススメしたい家族で楽しめるお出掛けスポットなんです!