イベントがなくても楽しめる!あなたの知らない札幌ドーム

FOLLOW US

イベントがなくても楽しめる!あなたの知らない札幌ドーム

イベントがなくても楽しめる!あなたの知らない札幌ドーム

プロ野球の試合やコンサートなどが毎日のように開催されている、今や北海道のランドマークの一つとなっている札幌ドーム。

イベントでは訪れたことがあっても、とくにイベントごとがない日には行ったことがないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、イベントごとがない日でも札幌ドームで存分に楽しむ方法をご紹介します!

思い切り遊べる大型遊具はもちろん無料

「イベントがない日はどんな時に行っていいか分からない」という方に朗報です! 3階にあるキッズパークは、0歳~小学4年生まで利用できる遊具施設で、なんと利用料は無料! 対象年齢によって2つのエリアに分かれています。

1つは、0歳〜2歳までのベビーコーナー。絵本や知育玩具、大きなスポンジのおもちゃなどが置いてあります。スペースの奥には授乳室も用意されているのでありがたいですね。

もう1つのスペースは、3歳~小学4年生までが対象。体全体を使って遊べる、子供たち大興奮の大型コンビネーション遊具があります。

この季節でも、薄着で汗だくになって遊んでいるお子さんを多く見かけました。

遊具のすぐそばには、イベント時以外に無料開放されているファミリーシートがあり、飲食が可能です。

ただし、イベント時以外はドーム内の飲食店(1階のグッズショップとレストランを除く)は営業していないので、飲食物は持参してくることをおすすめします。

(※2017年12月4日~2018年2月下旬(予定)の期間、施設工事に伴いキッズパークの営業を休止するとのことです。ご注意ください)

雪を気にせずドーム内でナイトラン!

1階にはトレーニングルームがあり、初心者から経験者まで気軽に利用できます。ウェイトマシンや各種測定器具が揃っていて、シャワールームなどの設備も充実しています。

ちなみに、毎年冬期の夜間限定で、札幌ドーム内のコンコースの一部がランニングコースとして一般公開されます! 寒くなく雪のないドーム内で体力づくりしてみるのもいいかもしれませんね。

選手を身近に感じられるツアーも

イベントのない日の楽しみ方は他にもあります。なんと、憧れのプロ野球選手たちが使っている、普段見ることのできないロッカールームやブルペンなどを、アテンダントさんの説明を受けながら見学する「ドームツアー」が開催されていることがあるんです!

こちらはブルペンです。ここで普段選手が投球練習などをしているのかと思うと、その場にいるだけでわくわくしてきます!

有料ですが、滅多にない経験を味わえるのでぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

札幌ドームの変身を間近で見られる!?

ドームの中が野球場とサッカー場に入れ替わる「場面転換」が実施される日に行くのもおすすめです。場面転換のできるドームは世界的にもとても珍しく、美しい芝生が敷き詰められていく迫力感は必見です!

ただし、場面転換の日はドームの大型扉を全開にしているので、とても寒くなることがあります。念のため、暖かい服装で行くことをおすすめします。

また、日本で唯一のドーム展望台からは札幌の街並みを一望でき、大人から子供まで大パノラマを楽しむことができます。景色のほかにも、展望台から見下ろすグラウンドの全景も圧巻です!
雨や雪などお天気を気にせずに楽しめる札幌ドーム。これまでイベントで訪れたことがある方も、ひと味違った楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか。

 

札幌ドーム

オープン時間、定休日:ドームスケジュールに基づく
所在地:札幌市豊平区羊ヶ丘1番地
アクセス:地下鉄東豊線福住駅3番出口から徒歩10分
北海道中央バス バス停「札幌ドーム」、「福住3条3丁目」または「月寒東1条16丁目」下車
電話番号:011-850-1000
駐車場:2時間300円 以降30分100円
ただしドーム内の指定施設で500円以上の利用がある場合は、3時間まで無料

※2017年10月15日現在の情報です。

「@SUMiTAS」レポーター募集

RANKING

赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯の画像

赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯

桑園にオープンしたばかりの注目のカフェ「パパヒデヒコ」JR札幌駅から一駅で交通の便も良く、子育て世代向けの新築マンションが新たに完成し、子供も増えている桑園エリア。子連れに優しいカフェが揃い、周辺のカフェはいつも賑わっています。
雰囲気抜群!お洒落な空間で自家焙煎コーヒーと本格パスタを 山の手「C2cafe」の画像

雰囲気抜群!お洒落な空間で自家焙煎コーヒーと本格パスタを 山の手「C2cafe」

旧5号線の山の手エリアを宮の沢方面に向けて車で走っていると、左手に、インテリアショップのようなおしゃれなお店が見え、ひときわ目をひきます。あの素敵な空間は何だろうと気になっている方も多いのではないでしょうか。
【第3回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5の画像

【第3回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

スミタスが札幌市内全10区の約3000人に実施した「住み心地アンケート」の結果から、暮らし満足度が高いエリアのベスト5を紹介してきた今シリーズ。第3回となる今回は、ついに1位の発表です。その街で実際に暮らしている人の声を元にしたからこそ分かる“本当に”住み心地が良い街とは、一体どのエリアなのでしょうか……。

街中でアクセス良好!0歳児から遊べる資生館小学校子育て支援センターの画像

街中でアクセス良好!0歳児から遊べる資生館小学校子育て支援センター

今回は、0歳から就学前のお子さんと保護者の方が土日祝日もいつでも利用でき、広くておもちゃもたくさんある資生館小学校の子育て支援センターをご紹介します!
できたて極上生ビールが3杯も無料!ファミリーで楽しめる「アサヒビール工場見学」はココがすごいの画像

できたて極上生ビールが3杯も無料!ファミリーで楽しめる「アサヒビール工場見学」はココがすごい

今回みなさんにご紹介するのは、なんと誰でも無料で見学できる『アサヒビール』の北海道工場です。地下鉄東西線が地下を走る白石区内の主要幹線道路「南郷通」沿いに位置し、駅からのアクセスも良い便利な立地にあります。
そりやスキー、スノーラフティング! 雪遊びを楽しむなら西区内の公園への画像

そりやスキー、スノーラフティング! 雪遊びを楽しむなら西区内の公園へ

札幌市内でも特に雪深い西区には、気軽にそり滑りやミニスキー、歩くスキーを楽しめる大型公園がいくつかあるのをご存知ですか?今回は小さなお子様から大人まで満喫できる西区内にある公園の魅力をご紹介します!
冬の遊び場に困ったらココ! 家族みんなで楽しめる白石区「川下公園」の画像

冬の遊び場に困ったらココ! 家族みんなで楽しめる白石区「川下公園」

静かで緑あふれる広い公園内には屋内外の施設が充実していて、1年を通してたくさんのご家族連れが訪れています。中でもイベントも開催される冬は、子供たちの遊び場に困った時の絶好のおすすめスポット。さっそく冬の川下公園の魅力をご紹介していきます。
札幌市民こそ訪れるべき!家族で1年中楽しめる「羊ヶ丘展望台」の魅力の画像

札幌市民こそ訪れるべき!家族で1年中楽しめる「羊ヶ丘展望台」の魅力

子供の頃などに、1度は訪れたことがあるという人でも大人になってからは行ったことがないという人も少なくないのでは。実はこの「羊ヶ丘展望台」。地元民こそ注目のイベントが盛りだくさんで、パパ、ママになった今こそオススメしたい家族で楽しめるお出掛けスポットなんです!