「中央区」で絶対に訪れたいラーメンの名店をラーメン王子が紹介

FOLLOW US

#94
TOWN
52861868_659782894437896_1533160405340258304_n

人気企画第9弾!「中央区」で絶対に訪れたいラーメンの名店をラーメン王子が紹介

人気企画第9弾!「中央区」で絶対に訪れたいラーメンの名店をラーメン王子が紹介

北海道は、美味しいラーメンを求めて、各地から観光客が押し寄せていることでも知られます。
この企画では、ラーメン巡りを始めてから10年以上経ち、年間200〜400杯くらい食べていると語る札幌ラーメン王子であり美容室『Moewe(メーヴェ)』代表の樋口大樹さんがセレクトするラーメンをシリーズでご紹介しています。
第9弾の今回は、札幌市中央区にある人気ラーメン店をお届けします。

味噌ソムリエが奏でる極上の一杯・・・味噌ラーメン

『ふじ屋NOODLE』

味噌ラーメン

味噌・・・800円

住所 中央区南4条西3丁目 第3グリーンビル1F(新ラーメン横丁)
営業時間 18:00〜翌3:00(LO 2:30)
定休日 日曜+月一回不定休あり
駐車場 無

【樋口さんのおすすめポイント】
行列のできる人気つけ麺店『札幌Fuji屋』のセカンドブランドラーメン店で「みそソムリエ」の資格をもつ店主がいます。
クリーミーな旨味たっぷりの豚白湯味噌スープに、レアチャーシュー、食べ応えのある太メンマが特徴で、に合わせた「西山製麺」の特注麺がめちゃくちゃ美味しいです。
最後までレンゲが止まらない一杯で、個人的には、ススキノに、お酒を飲まずともコレをわざわざ食べに行くほど。
修行先の人気有名店『山嵐』の技も駆使し、山嵐系背脂や辛化オイルのトッピングなども色々な組み合わせで楽しむことができ、味噌のほかに、煮干しや羅臼昆布、鮭節を使った黒醤油、濃厚豚白湯にホタテ出汁や魚介系の白醤油もめちゃくちゃ美味しく、サイドメニューの豚白湯味噌ベースで作られる、挽肉、玉葱たっぷり使ったブタカレーも見逃せません!
カップラーメンも発売されているうえ、「ミシュラン北海道」ではビブグルマンも受賞するなど、最近、勢いが止まらない名店です。
限定メニューやイベントも積極的に開催されているので、SNSも要チェックです!

『札幌Fuji屋』
住所 中央区南4条西3丁目 第1グリーンビル1F
営業時間 18:00〜翌3:00(LO 2:30)
定休日 日曜+月一回不定休あり
駐車場 無

九州の名店が札幌で味わえる・・・醤油ラーメン

一幸舎味玉ラーメン

一幸舎味玉ラーメン・・・800円

住所 中央区南6条西3丁目 御代川6,3ビル1F
営業時間 火曜〜土曜 18:30〜
翌2:30
日曜 18:30〜23:30
定休日 月曜、第1第3日曜
駐車場 無
HP:https://www.ikkousha.com/#shop

【樋口さんのおすすめポイント】
いまや全国的にも世界的にも、大人気の博多豚骨ラーメンを提供しているのが、日本はもとよりアメリカ、中国、インドネシアと幅広く店舗展開している、『博多 一幸舎』。
博多ラーメンの「一蘭」「一風堂」に肩を並べる人気店が、北海道の札幌にもようやく“札幌すすきの店”としてオープンし、ラーメン好きや九州出身のお客さんで連日にぎわっています。
ススキノの駅前通より少し中にあるこちらは、スープがとにかく美味。豚の頭骨、背骨、丸骨から丁寧に作られていて、若いスープと骨を入れ替えながら濃縮した旨味を引き出しています。
それに合わせた特製ダレは、福岡産醤油3種類に魚介の出汁を組み合わせる泡立ったスープが特徴です。
一幸舎の自社工場「製麺屋慶史」オリジナル平細麺に絶妙に合い、個人的には、シメに大〜好きな旨い博多ら〜めんが味わえる名店だと思います。
そして驚くのが、『一幸舎』の特徴の白い生姜。生姜は赤というイメージの人が多いと思いますが、卓上の白い生姜は見た目がなんともビックリ!
これが、さっぱりとしていて、麺とスープに絶妙に合います。
トッピングの種類も多く、辛子高菜、ゴマ、にんにく、コショウと、自分好みに味を変えながら頂く一杯は飽きずにいただけるのではないでしょうか。。
替え玉もあるので、残ったスープで存分に味わえ、麺もバリカタからバリやわの5パターンの硬さが選べるのは、博多ラーメンの醍醐味です。
このほか、ピリ辛明太子油の赤ラーメンや焦がしにんにくマー油を入れた黒ラーメンもあり、バリエーションも豊富です。
2018年には、博多一幸舎総本店もリニューアルしたそうで、これからの勢いも楽しみです。

屋台で食す古き良き時代を思わせる極上の一杯・・・塩ラーメン

塩ラーメン

塩ラーメン・・・ 650円

場所 駅前通りの地下鉄大通駅付近
営業時間 9:30くらい〜翌1:00
席数 6席
定休日 日・祝
駐車場 無
【樋口さんのおすすめポイント】

お酒を飲んでほどよく酔っぱらった帰りに、アッサリしたラーメンが食べたくなったら、ぜひおすすめしたいお店です。
大通公園の駅前通りを歩いていると、ラーメンの暖簾に、赤い提灯の光が目を引くトラックの屋台が目に入ってくるのが、このお店です。
僕が知る限り、札幌で唯一の、屋台でラーメンを出しているこちらの特徴は、札幌民には馴染みのある札幌ちぢれ麺。あっさりスープの上にはチャーシュー、ネギ、お麩にキクラゲとシンプルかつ昔ながらの構成です。
屋台なので食事中はそれなりに寒いのですが(笑)、ラーメンの出来上がりを待つワクワクする時間と、麺をすすりながら飲む熱々のスープで心も身体も芯から温まり、食べ終わったさきから、「あ〜、また食べたいなぁ」と思わせてくれる屋台です。
お客様のサイクルも早いので、大通り付近を通る老若男女が入れ替わり立ち替わりイスに座り注文している様子から、この界隈で人気があるのがよく分かります。
もう25年以上も営業しているそうですが、知る人ぞ知る名店でもあります。

<取材協力者>

樋口 大樹(ひぐち だいき)・・・『Moewe(メーヴェ)』代表。昭和55年11月13日生まれのさそり座。A型の青森県青森市出身。
趣味は、ラーメン巡り、食べ歩き、バイクが(ラーメンメインで焼き鳥、お酒好き)。
★『Moewe(メーヴェ)』 豊平区月寒中央通11丁目3-6 B棟1F
TEL:011-826-6017
Webやホットペッパービューティーからも予約可能。駐車場有(店舗前に3台)
定休日:第1第3月曜、毎週火曜

「@SUMiTAS」レポーター募集

RANKING

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5の画像

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

「今度引っ越すなら」「家を新築するなら」……。札幌市内で次に住んでみたい街はありますか?その街やエリアに対する憧れやイメージはあるけれど、ご近所付き合いや学習環境など、実際に暮らしてみないと分からないことって結構多いですよね。
街中でアクセス良好!0歳児から遊べる資生館小学校子育て支援センターの画像

街中でアクセス良好!0歳児から遊べる資生館小学校子育て支援センター

今回は、0歳から就学前のお子さんと保護者の方が土日祝日もいつでも利用でき、広くておもちゃもたくさんある資生館小学校の子育て支援センターをご紹介します!
北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!の画像

2018年2月にオープンした北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!

2018年2月にオープンした『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』は、地下鉄北12条駅から徒歩1分というアクセス抜群の場所にある本格的な台湾茶が楽しめるカフェ。

ちょっと知りたいラ〜メン予備知識Part3「お酒を飲むとラーメンが食べたい」理由の画像

ちょっと知りたいラ〜メン予備知識Part3「お酒を飲むとラーメンが食べたい」理由

言葉はよく聞いたり見たりするがよくわからない、誰かに聞くのもなぁ…と思う方も少なくないと思います。耳にする言葉、流行りなどを、僕なりに分かる範囲でラーメンの予備知識を教えるPart3
新琴似にニューオープン!緑の癒しカフェ「boilar」で優雅なひと時をの画像

新琴似にニューオープン!緑の癒しカフェ「boilar」で優雅なひと時を

新琴似にニューオープン!緑の癒しカフェ「boilar」で優雅なひと時を

2018年5月に北区新川の新琴似エリアに、写真映えする素敵なカフェがオープン! 建築会社がプロデュースするだけあって「お洒落すぎるカフェ」として話題の「boiler」をレポートします。

建物の外観は、まるで木の箱のよう。敷地内には
人気企画第9弾!「中央区」で絶対に訪れたいラーメンの名店をラーメン王子が紹介の画像

人気企画第9弾!「中央区」で絶対に訪れたいラーメンの名店をラーメン王子が紹介

年間200〜400杯くらい食べていると語る札幌ラーメン王子である樋口大樹さんがセレクトするラーメンをシリーズでご紹介。第9弾の今回は、中央区で人気が高いラーメン店から「塩」「味噌」「醤油」の名店を、樋口さんがそれぞれセレクトします。
知られざる魅力に注目!札幌郊外の住み心地を大調査【北広島編】の画像

知られざる魅力に注目!札幌郊外の住み心地を大調査【北広島編】

札幌郊外の人気エリアに注目!住み心地をはじめとしたその街の魅力を徹底解剖。札幌のベッドタウンとして真っ先に思い浮かぶ人も多い「北広島市」の魅力をご紹介!
おとぎ話の世界観「ジャックと山猫」は非日常時間を満喫できるオシャレなカフェの画像

おとぎ話の世界観「ジャックと山猫」は非日常時間を満喫できるオシャレなカフェ

「ジャックと山猫」は、おとぎ話の世界観。まるで絵本の名前のようなオシャレな店名の正体はというと、異次元を楽しめるくつろぎのカフェ。今回は、その不思議な魅力をご紹介いたします。