冬の遊び場に困ったらココ! 家族みんなで楽しめる白石区「川下公園」

FOLLOW US

#28
TOWN
20171230060746

冬の遊び場に困ったらココ! 家族みんなで楽しめる白石区「川下公園」

冬の遊び場に困ったらココ! 家族みんなで楽しめる白石区「川下公園」

今回は、白石区川下地区にある川下公園をご紹介! 白石区民にはお馴染みの公園ですが、他の区にお住まいの方でもぜひ訪れてみてほしい魅力いっぱいの公園です。
地下鉄駅からは少し遠いため、アクセスはバスか自家用車がおすすめ。広い無料駐車場もあり、普段から車移動のご家族には便利な場所です。静かで緑あふれる広い公園内には屋内外の施設が充実していて、1年を通してたくさんのご家族連れが訪れています。中でもイベントも開催される冬は、子供たちの遊び場に困った時の絶好のおすすめスポット。さっそく冬の川下公園の魅力をご紹介していきます。

毎年1月初旬に「ウィンターフェスティバル」というイベントが開催されます。
今年の開催は、2018年1月6日(土)〜1月8日(月祝)の3日間。

ラフティングボートをスノーモービルがハイスピードで引っ張る雪上ラフティングボード体験。広い敷地を利用した高速運転では、ボートが何度も浮き上がり、かなりのスリルが味わえます!

特設のそり山コーナーでは、持参したそりで遊ぶことができます。
また、地元の児童会館の子どもたちと一緒にみかん探しや雪玉転がしなどの雪遊びを楽しむコーナーもありました。
雪遊び中に突然天候が悪化しても、休憩したり遊んだりできるの屋内施設があるので、小さなお子様連れでも安心です。

イベント期間中は、特設の段ボール迷路や工作体験コーナーも登場。この日は、バスボム作り体験ができました。
小さなお子さんでも簡単に作ることができ、お家に持ち帰った後も楽しめる工作体験は魅力的ですよね!

今年のイベント開催は終わってしまいましたが、川下公園ではイベント期間中に限らず雪遊びが楽しめます。
そりや凧を持参して楽しむことはもちろん、スノーシューや歩くスキーのレンタルも可能なので、冬ならではの遊びを川下公園で満喫してください。

冬にありがたい無料の屋内公園

無料で遊べ、飲食コーナーもある屋内施設は、イベントが無い日でも楽しめます。
駐車場からも近いので、悪天候時も小さなお子さんと一緒に無理なく訪れることができますよ。

大きな広場には、遊具やベンチが設置されています。
広場内でのボール遊びは安全のため禁止されていますが、施設内で販売されている様々なタイプの風船で遊べます。思いきり走り回ることができるので、いつでも子供たちの笑い声で賑わっています。

3歳までのベビーコーナーでは、ソフトブロックで遊べます。
年齢差のある兄弟連れで訪れても、それぞれが楽しめるのは嬉しいですよね。

お弁当持参派も、お手軽レストラン派も大満足の飲食スペース

広い飲食スペースがあります。
低いテーブルの席で、持ち込みOKなので、赤ちゃんや離乳食期のお子さん連れにはこちらがオススメです!

レストランのメニューは130円のおにぎりをはじめ、お子様カレーや、お子さまに取り分けがしやすいうどん、ポテトなどもあります。
写真はオススメだという豚丼です。とてもおいしかったです。
味も、価格も、そして品揃えも、ご家族連れに嬉しいメニューがそろいます。

手ぶらでも気軽に楽しめるプールとお風呂

さらに! なんと温水プールとお風呂もあるんです!
有料ですが水着やタオルなどのレンタルもあり、手ぶらで訪れても楽しめます。
プールのみ、お風呂のみの利用も可能です。
老若男女、様々な世代の方に愛されている人気の施設です。

お楽しみは冬だけじゃない!大人気のバーベキューコーナーと水遊びコーナー

川下公園の冬の魅力をたくさん紹介しましたが、最後に、夏の二大人気コーナーもご紹介します。

バーベキューコーナーには、炊事場とコンロがあり、多くのご家族連れや仲間連れで賑わいます。

水遊びコーナーには浅瀬で長いカナールがあり、小さなお子さんと一緒に安心して遊ぶことができます。

冬の川下公園を満喫したら、夏も訪れてみたくなりますね!

春夏秋冬、雨の日も晴れの日も、小さなお子さんからお年寄りまで。
どんな時もどんな方にもオススメできる、まさに無敵の公園!川下公園のご紹介でした。

 

施設情報:
川下公園
オープン時間: 利用施設によって異なる。リラックスプラザは9:00〜21:00など
定休日: 月曜日。ただし、祝日の場合はその翌日
所在地:札幌市白石区川下2651番地3外
アクセス:北海道中央バス バス停「川下公園前」または「白石高校前」下車
地下鉄白石駅、新札幌駅、札幌駅からバス接続
電話番号:011-879-5311
駐車場: 有

※2018年1月6日現在の情報です。

「@SUMiTAS」レポーター募集

RANKING

赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯の画像

赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯

桑園にオープンしたばかりの注目のカフェ「パパヒデヒコ」JR札幌駅から一駅で交通の便も良く、子育て世代向けの新築マンションが新たに完成し、子供も増えている桑園エリア。子連れに優しいカフェが揃い、周辺のカフェはいつも賑わっています。
雰囲気抜群!お洒落な空間で自家焙煎コーヒーと本格パスタを 山の手「C2cafe」の画像

雰囲気抜群!お洒落な空間で自家焙煎コーヒーと本格パスタを 山の手「C2cafe」

旧5号線の山の手エリアを宮の沢方面に向けて車で走っていると、左手に、インテリアショップのようなおしゃれなお店が見え、ひときわ目をひきます。あの素敵な空間は何だろうと気になっている方も多いのではないでしょうか。
【第3回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5の画像

【第3回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

スミタスが札幌市内全10区の約3000人に実施した「住み心地アンケート」の結果から、暮らし満足度が高いエリアのベスト5を紹介してきた今シリーズ。第3回となる今回は、ついに1位の発表です。その街で実際に暮らしている人の声を元にしたからこそ分かる“本当に”住み心地が良い街とは、一体どのエリアなのでしょうか……。

街中でアクセス良好!0歳児から遊べる資生館小学校子育て支援センターの画像

街中でアクセス良好!0歳児から遊べる資生館小学校子育て支援センター

今回は、0歳から就学前のお子さんと保護者の方が土日祝日もいつでも利用でき、広くておもちゃもたくさんある資生館小学校の子育て支援センターをご紹介します!
できたて極上生ビールが3杯も無料!ファミリーで楽しめる「アサヒビール工場見学」はココがすごいの画像

できたて極上生ビールが3杯も無料!ファミリーで楽しめる「アサヒビール工場見学」はココがすごい

今回みなさんにご紹介するのは、なんと誰でも無料で見学できる『アサヒビール』の北海道工場です。地下鉄東西線が地下を走る白石区内の主要幹線道路「南郷通」沿いに位置し、駅からのアクセスも良い便利な立地にあります。
そりやスキー、スノーラフティング! 雪遊びを楽しむなら西区内の公園への画像

そりやスキー、スノーラフティング! 雪遊びを楽しむなら西区内の公園へ

札幌市内でも特に雪深い西区には、気軽にそり滑りやミニスキー、歩くスキーを楽しめる大型公園がいくつかあるのをご存知ですか?今回は小さなお子様から大人まで満喫できる西区内にある公園の魅力をご紹介します!
冬の遊び場に困ったらココ! 家族みんなで楽しめる白石区「川下公園」の画像

冬の遊び場に困ったらココ! 家族みんなで楽しめる白石区「川下公園」

静かで緑あふれる広い公園内には屋内外の施設が充実していて、1年を通してたくさんのご家族連れが訪れています。中でもイベントも開催される冬は、子供たちの遊び場に困った時の絶好のおすすめスポット。さっそく冬の川下公園の魅力をご紹介していきます。
札幌市民こそ訪れるべき!家族で1年中楽しめる「羊ヶ丘展望台」の魅力の画像

札幌市民こそ訪れるべき!家族で1年中楽しめる「羊ヶ丘展望台」の魅力

子供の頃などに、1度は訪れたことがあるという人でも大人になってからは行ったことがないという人も少なくないのでは。実はこの「羊ヶ丘展望台」。地元民こそ注目のイベントが盛りだくさんで、パパ、ママになった今こそオススメしたい家族で楽しめるお出掛けスポットなんです!