手作り焼き菓子を楽しめる温もりのカフェで癒しのティータイムはいかが?

FOLLOW US

#36
TOWN
2

手作り焼き菓子を楽しめる温もりのカフェで癒しのティータイムはいかが?

手作り焼き菓子を楽しめる温もりのカフェで癒しのティータイムはいかが?

昨年10月にオープンしたばかりの『CAFE& BAKE Prunier』は、オシャレなカフェやお店が多い西28丁目・宮の森エリアにあります。
こだわりの手作り焼き菓子を楽しめるカフェとあって、オープン直後から大人気のお店。今回は、そんな『CAFE& BAKE Prunier』を、皆さんにレポートします!

『CAFE& BAKE Prunier』は、地下鉄東西線西28丁目駅から徒歩5,6分の場所にあります。
大きな公園のすぐ近くで、静かな住宅街の一角です。道産の木をふんだんに使った外観も、印象的です。

温もり溢れる店内にはフレッシュな焼き菓子が並んでいます

店内に入ると、まず目に入ってくるのは、カウンターに並んだ美味しそうな焼き菓子たちです。
マフィンにスコーン、季節の果物を使ったケーキのほか、果物を使ったコンフィチュールの瓶も並んでいます。

店内の床には、下川町のカラマツ、壁と家具(大きなテーブルは除く)にはトドマツを使っているというこだりの店内。
壁から天井にかけてはアーチ状で、グリーンと木に囲まれて落ち着いた温かみを感じます。

座席数は、二人掛けのテーブルが4席と、窓に向かったカウンター席が5席あります。

店内には、柑橘類が入っているフルーツウォーターのセルフサービスが用意されています。
気になるお味は、すっきりと飲みやすいので、初めてフルーツウォーターに挑戦する方も、ぜひトライしてみてください。

こだわりの焼き菓子&お茶で極上のティータイムを

さっそく、ティータイムを楽しむことにしましょう。

最初に、カウンターに並んだ焼き菓子からメニューを選びます。この日は、オーナーのShinoさんが焼いたマフィンにスコーン、ケーキなどが5種類並んでいて、筆者が今回選んだのは、北海道産の石臼挽全粒粉を使ったスコーンです。

お花の形のスコーンに焼きあがったスコーンは、高さが5cmほどあってボリューム満点。
提供する前に温められたスコーンは、果物で作ったコンフィチュールとクリームがおさらに添えられています。
筆者が訪れた時は、ちょうど柑橘が旬だったこともあるのか、この日に添えられていたのは伊予柑のマーマレードでした。
さっそく、実食です。
まずは、そのままシンプルにいただいてみると、外側はしっかりとした焼き色の通りにサクサクした食感。内側は、思いがけず軽い食感で、ふんわりとした舌触りが特徴的でした。
こちらのスコーンは、外側の香ばしいサクサク感と小麦のやさしい甘さ、素材のもつ味わいがストレートに伝わってくるお味。

続いては、コンフィチュールを添えていただきます。伊予柑は愛媛県産の減農薬で、クリームは生クリームとサワークリームを合わせたオリジナルです。
伊予柑のマーマレードは、酸味とほどよい甘さが特徴的で、スコーンの香ばしい風味にとてもよく合います。程よい軽さのオリジナルクリームと合わせると、また違うおいしさも楽しめます。
Shinoさんお手製のジャム類は、季節ごとに変わるとのこと。訪れるたびに、新しい味と出会える楽しみもあります。
ところで、今回筆者は、スコーンと一緒にアールグレイをオーダーしました。
矢車草の花びらを加えたほのかに甘いアールグレイは、まず、ポットの形がかわいく、差し湯もいただけるので、たっぷり楽しめます。

『CAFE& BAKE Prunier』の焼き菓子は、テイクアウトも可能。温め方や食べ方について丁寧な説明があるので、自宅に持ち帰っていただく時にもお店の味を再現しやすいです。
可愛い焼き菓子の数々は、手土産にも喜ばれそうです。

今回ご紹介した『CAFE& BAKE Prunier』は、正午からのランチメニューもあって、予約もできるほか、焼き菓子とコンフィチュールのお菓子教室「STUDIO Shino」も定期的に開催されています。
お菓子教室のメニューや詳細は、お店のブログやFacebookでも確認できます。
こだわりのおいしい焼き菓子とオーナーShinoさんの優しい雰囲気に包まれる店内では、ゆっくりと流れる時間を楽しめるはず。みなさんも、日常のあわただしさを忘れて、ゆったりとしたカフェタイムを楽しんでみませんか。

 

CAFE& BAKE Prunier
オープン時間:11:00〜18:00(L.O17:30)
定休日:月曜定休 (ほか不定休)
所在地:札幌市中央区宮の森2条4丁目1-24ドミニオン宮の森1F
アクセス:地下鉄東西線「西28丁目」駅徒歩6分
電話番号:011-312-3474
駐車場:3台
完全禁煙
※2018年3月1日時点での情報です。

「@SUMiTAS」レポーター募集

RANKING

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5の画像

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

「今度引っ越すなら」「家を新築するなら」……。札幌市内で次に住んでみたい街はありますか?その街やエリアに対する憧れやイメージはあるけれど、ご近所付き合いや学習環境など、実際に暮らしてみないと分からないことって結構多いですよね。
【第3回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5の画像

【第3回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

スミタスが札幌市内全10区の約3000人に実施した「住み心地アンケート」の結果から、暮らし満足度が高いエリアのベスト5を紹介してきた今シリーズ。第3回となる今回は、ついに1位の発表です。その街で実際に暮らしている人の声を元にしたからこそ分かる“本当に”住み心地が良い街とは、一体どのエリアなのでしょうか……。
北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!の画像

2018年2月にオープンした北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!

2018年2月にオープンした『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』は、地下鉄北12条駅から徒歩1分というアクセス抜群の場所にある本格的な台湾茶が楽しめるカフェ。

人気企画第八弾!「清田区」で絶対に訪れたいラーメンの名店をラーメン王子が紹介の画像

人気企画第八弾!「清田区」で絶対に訪れたいラーメンの名店をラーメン王子が紹介

年間200〜400杯くらい食べていると語る札幌ラーメン王子である樋口大樹さんがセレクトするラーメンをシリーズでご紹介。第8弾の今回は、清田区で人気が高いラーメン店から「塩」「味噌」「醤油」の名店を、樋口さんがそれぞれセレクトします。
映える抹茶スイーツが話題!狸小路5丁目「抹茶カフェRIQ(リキュウ)」の画像

映える抹茶スイーツが話題!狸小路5丁目「抹茶カフェRIQ(リキュウ)」

狸小路5丁目に2018年7月にオープンした抹茶スイーツが話題の『抹茶カフェRIQ(リキュウ)』。どこかゆるいキャラクターが愛らしく、写真を撮ってみると「インスタ映え」もばっちりです。
凄腕パティシエが作る「SAPPORO SARYO」極上モンブランは必見・必食の価値あり!の画像

凄腕パティシエが作る「SAPPORO SARYO」極上モンブランは必見・必食の価値あり!

有名パティシエが作る極上のモンブランが味わえる『SAPPORO SARYO』をご存じですか?“映えるモンブラン”としても人気のあるこちらのスイーツは、見た目だけでなく味も極上。今回は、そんな『SAPPORO SARYO』の魅力をご紹介します。
プロジェクションマッピングは一見の価値あり!「白い恋人パーク」イルミネーション2019の画像

プロジェクションマッピングは一見の価値あり!「白い恋人パーク」イルミネーション2019

今回は、この時期にしか楽しめない「白い恋人パーク」のイルミネーションをレポートします。プロジェクションマッピングも必見ですよ!ぜひ、お出かけの参考にしてみてください。
札幌在住のパンマニアが厳選!本当に美味しい店の美味しいパン【2】の画像

札幌在住のパンマニアが厳選!本当に美味しい店の美味しいパン【2】

おすすめのお店を厳選してくれるのは、札幌在住のパンマニアryutaroさん。札幌市内はもとより、全道のパン屋さん巡りをはじめ、本当に美味しい店の美味しいパンをご紹介していきます。