「登別マリンパークニクス」の魅力

FOLLOW US

#56
TOWN
1

札幌から車で約2時間の別天地「登別マリンパークニクス」の魅力

札幌から車で約2時間の別天地「登別マリンパークニクス」の魅力

「夏休みは家族揃って、道内各地へ1泊旅行をしたい!」という方も多いのではないでしょうか?
札幌からも行きやすく、お子様が喜ぶ施設が揃う登別には、『登別伊達時代村』や『のぼりべつクマ牧場』など、見所がたくさんありますが、今回はそんな登別エリアで今、注目を集めている『登別マリンパークニクス』をご紹介いたします!

お城はまるごと水族館!インスタ映え必至な別天地がスゴイ!

デンマークに実在するお城をモチーフに建てられたという「ニクス城」は、その外観からして圧巻。
写真映えするのは当然のことながら、散策しているだけで、まるでヨーロッパを観光しているような気分を味わえます。

筆者は、早速つり橋を渡って中へ。なんとこの施設は、お城がまるごと水族館になっていて、約400種20,000点もの生き物が展示されているのです。

入館すると、正面には、2階分の高さがある巨大なクリスタルタワーがお出迎え。

他ではなかなか見ることができない、珍しい魚や海の生物も数多く展示されています。
それぞれの生き物に関する説明も充実しているので、子供の夏休み自由研究の題材として、勉強がてら訪れてもよい時間を過ごせるはずです。

水族館内で、特に面白い仕掛けがあるのが、「タッチプール」です。こちらでは、水槽の中の魚やヒトデを、直接触って体感できます。
筆者も恐る恐る触ってみると、目で見るのとはまた違い、細かな触感まで楽しむことができました。

さらには、幻想的な雰囲気で人気なのが、こちらの「金魚万華鏡」です。
2017年に登場した新しい展示コーナーで、美しい万華鏡の世界が堪能できます。

直径1mのドーム型水槽と、6つの100リットル水槽が設置されていて、鏡と光の効果で神秘的な空間が演出されています。

そして、登別マリンパークニクスといえば、「アクアトンネル」も忘れるわけにはいきません!
アーチトンネル状になっている水槽を歩いていると、まるで水中散歩をしているような気分に…! 頭上を、大きなサメや大量の魚が泳ぐ光景は、暑い夏に“涼”を感じるスポットでもあり、必見です!

ペンギン、アシカ、イルカに1万匹のイワシ…海の生物との極上の時間を楽しめる!

「ニクス城」の隣にある「ペンギン館」では、キングペンギン、ケープペンギン、ジェンツーペンギンの3種類のペンギンが見られます。
ペンギンたちは1日に2回、約20分間のパレードで大行進し、かわいらしい姿を見せてくれます。訪れる際には、ぜひ行進の開催時間をチェックしてみてください。

またペンギン達と至近距離で記念撮影ができるイベントが開催されているタイミングに訪れると、こんなに間近でペンギンと写真が撮れます。

さらに「ニクス城」から見て、向かって左手にある「アシカショープール」では、1日に3回、アシカやオットセイのショーが開催されています。

ボールやフープを使った芸を見せてくれたり、目の前まで来て愛想を振りまいてくれたりする姿は、とってもかわいいですよ。
アシカに餌をあげて一緒に記念撮影もできるイベントも1日1回、定員10組限定で開催されていますので、要チェックです。

続いては、イルカショープールでのイルカのショーをご紹介します。
バンドウイルカとカマイルカの2種類のイルカが飼育されていて、時間帯によって異なるショーが楽しめるのも魅力。それぞれのショーを見比べてみるのも、楽しい過ごし方です。

イルカのパフォーマンスや愛らしい姿は、大迫力。
こちらでは、イルカに餌をあげて握手するという大接近できるイベントが開催されている日もあります。開催の有無は、ホームページなどでチェックしてみてください。

また、幻想的なイワシのパフォーマンスが楽しめるのが「銀河水槽」では、キラキラと輝く魚は1万匹のイワシたちがお目見え。

光と音とイワシのコラボレーションは、3ヶ月ごとにテーマが変わり、四季をイメージした演出になっているとのこと。芸術的な動きを見せてくれるイワシのパフォーマンスは必見です

この他にも、メリーゴーランドや観覧車がある小さな遊園地「ニクスランド」やレストランがあります。
「ニクスランド」にある全高30mの観覧車からは、マリンパークニクスと噴火湾が一望できます。

レストランでは、北海道の四季を楽しめる特別メニューから軽食、デザートまで幅広い食事を楽しめます。
ご紹介したほかにも「陸族館」では爬虫類や両生類が展示されていたり、アザラシのリングプールがあったりと、『登別マリンパークニクス』には見どころがたくさん。夏休み限定のイベントや裏方見学ツアーなども開催されているので、ぜひこの夏、家族でお出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

施設情報:登別マリンパークニクス
営業時間:(パーク)9:00~17:00(最終入園16:30)
(ニクスランド)11:00~16:00
※ニクスランドは2018年10月21日までの土日祝のみの営業
(7月25日~8月19日は毎日営業)
利用料金:中学生以上 2450円
4歳~小学生 1250円
3歳以下 無料
所在地:登別市登別東町1丁目22
駐車場:750台(1日500円)
連絡先:0143-83-2400
※2018年7月1日現在の情報です。

「@SUMiTAS」レポーター募集

RANKING

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5の画像

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

「今度引っ越すなら」「家を新築するなら」……。札幌市内で次に住んでみたい街はありますか?その街やエリアに対する憧れやイメージはあるけれど、ご近所付き合いや学習環境など、実際に暮らしてみないと分からないことって結構多いですよね。
赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯の画像

赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯

桑園にオープンしたばかりの注目のカフェ「パパヒデヒコ」JR札幌駅から一駅で交通の便も良く、子育て世代向けの新築マンションが新たに完成し、子供も増えている桑園エリア。子連れに優しいカフェが揃い、周辺のカフェはいつも賑わっています。
北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!の画像

2018年2月にオープンした北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!

2018年2月にオープンした『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』は、地下鉄北12条駅から徒歩1分というアクセス抜群の場所にある本格的な台湾茶が楽しめるカフェ。

新旧融合のスタイリッシュ空間!旧永山邸内の喫茶店「ナガヤマレスト」で涼を楽しむの画像

新旧融合のスタイリッシュ空間!旧永山邸内の喫茶店「ナガヤマレスト」で涼を楽しむ

札幌ファクトリーのすぐ横にある『旧永山武四郎邸』旧三菱鉱業寮1階に、2018年6月23日にオープンしたカフェ『和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト』をご存じですか?
涼しくお得な遊び場!巨大室内遊園地「kid's US.LAND」は至れり尽くせりの画像

涼しくお得な遊び場!巨大室内遊園地「kid's US.LAND」は至れり尽くせり

「暑すぎて外で遊ぶには熱中症が心配…」、「動き回りたい盛りの子供のパワーを持て余してしまう…」なんていう日もありますよね。 今回は、そんな時に最適な札幌市内に6箇所ある『kid’s US.LAND』をご紹介します。
住みやすさで人気!「円山エリア」の子育て事情を徹底レポートの画像

住みやすさで人気!「円山エリア」の子育て事情を徹底レポート

札幌市内で「住んでみたい憧れの地域」として今、人気が集まっているのが“円山エリア”。「子育てをする環境としては、どうなの?」が不安に感じている方に向けて、子育て世代目線での住みやすさをまとめてみました。
円山にNEWオープン!SNS映え確実のカップケーキ店『THE BaKE SHOP』の画像

円山にNEWオープン!SNS映え確実のカップケーキ店『THE BaKE SHOP』

円山公園駅から徒歩3分の場所に今年4月オープンしたカップケーキ店である『THE BaKE SHOP』。スタイリッシュな外観とポップなネオン管がひときわ目をひく印象的な佇まいのこのお店はインスタ映え確実。
札幌から車で約2時間の別天地「登別マリンパークニクス」の魅力の画像

札幌から車で約2時間の別天地「登別マリンパークニクス」の魅力

札幌からも行きやすく、お子様が喜ぶ施設が揃う登別には、『登別伊達時代村』や『のぼりべつクマ牧場』など、見所がたくさんありますが、今回はそんな登別エリアで今、注目を集めている『登別マリンパークニクス』をご紹介いたします!