札幌10区の魅力を徹底解剖! 住み心地満足度ランキング【10位編】

FOLLOW US

#34
TOWN
1

札幌10区の魅力を徹底解剖! 住み心地満足度ランキング【10位編】

札幌10区の魅力を徹底解剖! 住み心地満足度ランキング【10位編】

195万人が暮らす札幌市。市内10区、それぞれの区に個性があり、「利便性が良い」「自然が多い」などの特徴や、「治安」「学習環境」などの気になる面もさまざまです。それぞれの区へのイメージはなんとなくイメージできるものの、実際にそのエリアに暮らしてみなければ本当の良さも悪さもなかなかわからないものですよね。

今回はスミタスが市内全10区、約3000人に実施した「住み心地アンケート」の結果を元に、実際に住んでいる人の満足度が高い区を10位からランキング形式で全10回に渡ってご紹介。満足度が高い理由も解説していきます。

ランキングが下の方にある区にお住まいの方やこれからその区に引越し予定の方もご安心を。その区の住み心地の良い点や地元住民に人気のスポット、満足度が低い箇所についても、そのお悩み解決策などをお伝えします。

それでは初回となる今回は10位の区をご紹介。
ちょっぴり不名誉な結果でありつつも、最近雰囲気が変わってきたと噂の第10位の区は…!?

地下鉄、JR、ICも! 実はアクセス良好な白石区

住み心地ランキング第10位は白石区。その特徴はというと、地下鉄東西線白石駅、JR白石駅、高速ICに国道12号線、南郷通と、都心と郊外を結ぶ交通網が多岐に渡ります。アンケートでも、半数以上が交通の便に関する項目で満点の5ポイントもしくは4ポイントをつけているという結果に。

駅周辺を離れるとアクセスはマイカー中心といった生活になる人が多いようですが、バスの路線や本数も比較的多いのが嬉しいところ。

また近年は駅周辺の環境が整備されているのも住民にとっては満足度アップのポイント。2012年にJR白石駅の駅舎が新しくなり、2016年には地下鉄白石駅前に白石区複合庁舎が移転、商業施設「白石ガーデンプレイス」がオープンするなど「区全体が明るい印象に変わってきている」という区民の声もよく聞かれるようになりました。

新しくなった複合庁舎内には、小さなお子さんをお持ちの方に人気の「えほん図書館」があり、白石ガーデンプレイス内には家族で楽しめる飲食店が数多くテナント入りしています。

また、各住宅地から徒歩圏内の多くにスーパー、コンビニ、ドラッグストアや100円ショップ、ファミリー向けの飲食店などが点在していて、買い物やちょっとした外食にも困ることなく、子育て世代に優しい街でもあります。
さらに地下鉄白石駅から都心側、東札幌は、数年前から再開発が進んでいる区内では注目のエリア。大型の複合型商業施設が建設され、分譲マンションも増えるなど、住みやすい人気のエリアの一つに数えられることも多くなっています。

学習環境の満足度は他エリアと比較してやや低い傾向にありますが、駅周辺や小中学校の近隣の多くに学習塾があり、進学や学力アップを目指すお子さんが自宅から通いやすい環境です。

区内には市内でも有数の進学校で区内在住のお子さんも多く通う札幌東高校があります。同校の2017年度の進学実績はほぼ全員が大学進学、そのうち半数近くが国公立大学へと進学。学習環境としては申し分ありません。

「治安が悪い」のは過去の話! 安心して暮らせる街へ

長く札幌に住んでいる人は、白石区には「治安が悪い」というイメージを持っている人も少なくありません。確かに数十年前の白石区内にはややそういった傾向があったことは事実なのですが、現在の道警が発表している犯罪発生率をみると、実は他の区と比較してもほぼ数字の上では横ばい。決して白石区が突出して治安の悪い街ということはありません。

地域での見守り体制も充実。区内5校の小学校の登下校時には、白石地区ネットワーク協議会青少年女性部らで結成する「白石区通学パトロール隊」が、通学路を中心にパトロールを実施しています。地域全体で子どもを守る体制があるというのは心強いですね。

また、小さな子どもを持つ家庭や、集合住宅などが連なる住宅地が点在していることもあり、区内には水遊びや雪遊びができる大型公園が多いのも特徴です。中でも、川下公園は、夏には大通公園会場と合わせて「ライラックまつり」の会場にもなる緑豊かな公園としてもよく知られていますね。1年を通してお子さんがのびのび外遊びを楽しめる環境です。

 

いかがでしたか? 10位といえど、実はアクセスが良く魅力もいっぱいの白石区。環境整備や再開発が進み、生まれ変わりつつもある街でもあります。子育て世代に安心な環境も整備されているので、今後、若い人を中心にますます注目が高まりそうですね。

※アンケート結果はあくまでスミタス調べによるものです。

「@SUMiTAS」レポーター募集

RANKING

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5の画像

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

「今度引っ越すなら」「家を新築するなら」……。札幌市内で次に住んでみたい街はありますか?その街やエリアに対する憧れやイメージはあるけれど、ご近所付き合いや学習環境など、実際に暮らしてみないと分からないことって結構多いですよね。
街中でアクセス良好!0歳児から遊べる資生館小学校子育て支援センターの画像

街中でアクセス良好!0歳児から遊べる資生館小学校子育て支援センター

今回は、0歳から就学前のお子さんと保護者の方が土日祝日もいつでも利用でき、広くておもちゃもたくさんある資生館小学校の子育て支援センターをご紹介します!
北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!の画像

2018年2月にオープンした北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!

2018年2月にオープンした『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』は、地下鉄北12条駅から徒歩1分というアクセス抜群の場所にある本格的な台湾茶が楽しめるカフェ。

ちょっと知りたいラ〜メン予備知識Part3「お酒を飲むとラーメンが食べたい」理由の画像

ちょっと知りたいラ〜メン予備知識Part3「お酒を飲むとラーメンが食べたい」理由

言葉はよく聞いたり見たりするがよくわからない、誰かに聞くのもなぁ…と思う方も少なくないと思います。耳にする言葉、流行りなどを、僕なりに分かる範囲でラーメンの予備知識を教えるPart3
新琴似にニューオープン!緑の癒しカフェ「boilar」で優雅なひと時をの画像

新琴似にニューオープン!緑の癒しカフェ「boilar」で優雅なひと時を

新琴似にニューオープン!緑の癒しカフェ「boilar」で優雅なひと時を

2018年5月に北区新川の新琴似エリアに、写真映えする素敵なカフェがオープン! 建築会社がプロデュースするだけあって「お洒落すぎるカフェ」として話題の「boiler」をレポートします。

建物の外観は、まるで木の箱のよう。敷地内には
人気企画第9弾!「中央区」で絶対に訪れたいラーメンの名店をラーメン王子が紹介の画像

人気企画第9弾!「中央区」で絶対に訪れたいラーメンの名店をラーメン王子が紹介

年間200〜400杯くらい食べていると語る札幌ラーメン王子である樋口大樹さんがセレクトするラーメンをシリーズでご紹介。第9弾の今回は、中央区で人気が高いラーメン店から「塩」「味噌」「醤油」の名店を、樋口さんがそれぞれセレクトします。
知られざる魅力に注目!札幌郊外の住み心地を大調査【北広島編】の画像

知られざる魅力に注目!札幌郊外の住み心地を大調査【北広島編】

札幌郊外の人気エリアに注目!住み心地をはじめとしたその街の魅力を徹底解剖。札幌のベッドタウンとして真っ先に思い浮かぶ人も多い「北広島市」の魅力をご紹介!
おとぎ話の世界観「ジャックと山猫」は非日常時間を満喫できるオシャレなカフェの画像

おとぎ話の世界観「ジャックと山猫」は非日常時間を満喫できるオシャレなカフェ

「ジャックと山猫」は、おとぎ話の世界観。まるで絵本の名前のようなオシャレな店名の正体はというと、異次元を楽しめるくつろぎのカフェ。今回は、その不思議な魅力をご紹介いたします。