札幌10区の住み心地満足度ランキング【1位中央区編】

FOLLOW US

#83
TOWN
3

札幌10区の魅力を徹底解剖! 住み心地満足度ランキング【1位編】

札幌10区の魅力を徹底解剖! 住み心地満足度ランキング【1位編】

196万人が暮らす札幌市。市内10区、それぞれの区に個性があり、「利便性が良い」「自然が多い」などの特徴や、住み替えのエリアを探している人にとっては「治安」や「学習環境」といった気になる面もさまざま。

スミタスが市内全10区、約3000人に実施した「住み心地アンケート」の結果を元に、住民の満足度が高い区を10位からランキング形式でご紹介してきたこのシリーズもとうとう最終回。いよいよ栄えある1位の発表です!

抜群の利便性の良さ!札幌の中心部「中央区」

第1回から読み進めてくださった方にはきっともうお分かりですね?
そう、今回のアンケートで堂々1位となったのは中央区でした!

開拓当初から計画的な街づくりが進められ、碁盤の目状に区画された整然とした街並み。主要な官公庁をはじめ、多くの企業や商業施設、文化施設が立ち並び、札幌の「顔」でもある中央区。都市機能としての中核を成すエリアであることは皆さんご存知の通りです。

また、華やかな都心部でありながらも、区内には円山公園周辺エリア、大倉山や藻岩山といった自然環境が整い、歴史的建造物がいくつも残されていることも特徴です。

多くの企業や商業施設が中央区に位置することから、通勤利便性やショッピングなどに不自由しなさそうなことはイメージしやすい人も多いのではないかと思いますが、果たして住み心地となると…治安や生活環境などに関しては「?」と思う人もいるのではないでしょうか?

また、区内には高級住宅地といわれるエリアも存在するため、暮らすとなると「富裕層でなければ手が届かない」というイメージを持つ人も少なくないと思います。

ここでいったん、中央区の行政的なエリア分けを見ていきましょう。企業や商業施設が立ち並ぶ地域ばかりではなく、平均的な年収の世帯が多く暮らす住宅エリアも存在することが分かります。

行政でのエリア分けは次の通り。
【本府・中央】札幌の中心部として市内でも早くから計画的なまちづくりが進められてきた地域で、大通りや駅前通りに面した官公庁や市内有数の商業ゾーンを形成するエリア。

【東北】明治9年に札幌麦酒醸造所(現在のサッポロビール)が開業するなど、開拓当初から工業地帯と位置づけられた地域。旧永山武四郎邸、カトリック北1条教会といった歴史的建造物を見ることができます。

【苗穂】川や沢の多い低湿地帯で、豊かな水資源を利用して官営工場が建てられたほか、鉄道の中継点として商工業の街として発展。昭和に入ると、北3条通りを中心に大きな商店街ができて繁栄した地域。

【東】豊平川の左岸、二条市場のある創成川東側のエリア一帯。再開発により近年若い世代から「創成川イースト」として注目を集めるようになり、人気が高まっているエリアです。

【豊水】明治4年、現在の南4〜5、西3〜4丁目付近に飲食店、旅人宿、貸座敷が集まり、大正9年には遊郭跡地に喫茶店やバーが立ち並び北の一大繁華街、ススキノとして発展していった界隈。

【西創成】南8条西8丁目「東本願寺札幌別院」を境に、北側は札幌市街区(現在の狸小路やススキノ一帯)、南側は屯田兵が入植する「山鼻村」として発展。狸小路6〜9丁目辺りから中島公園の手前あたりまでの一帯を指します。

【曙】東本願寺札幌別院以南、石山通を挟んで東側は東屯田、西側は西屯田と呼ばれているエリア。

【山鼻】中央区の南側に位置し、住宅地、商店街として発展した区内で最も人口の多い人気の住宅エリア。かつて北海道教育大札幌分校があった場所には、市内最大の蔵書数75万冊を誇る中央図書館があり、多くの市民に利用されています。

【幌西】西線地区から伏見地区(藻岩山山麓一帯)のエリア。伏見エリアは都心にありながらも豊かな自然環境に恵まれ、閑静で景観も良く、市内きっての高級住宅地として人気の地域です。

【大通・西】現在はオフィス街、大型商業施設が並ぶ大通地区は、言わずと知れた札幌の中核を成す街。地下鉄東西線「西18丁目」付近を含む西エリアは、高層マンションも多く、都心に隣接し、アクセスが良く若い世代を中心に人気のエリアです。

【南円山】地下鉄東西線「円山公園駅」を南下した位置に広がる住宅エリア。市街地を一望できる旭山記念公園があります。一軒家レストランなどこだわりの飲食店も多く、おしゃれスポット。

【円山】言わずと知れた人気の住宅エリア。円山公園駅から徒歩数分圏内には高層マンションが立ち並び、高級住宅地としてのイメージもありますが、少し駅から離れると学生や単身者向けのアパートやマンションも立ち並びます。古くから住宅地として発展してきたこともあり、日用品の買い物スポットやクリニックなどの生活環境も整います。

【桑園】かつて北海道大学の教授陣の邸宅が多くあったことから「博士町」とも呼ばれていた一帯。近年は鉄道の高架化、市立病院の移転など、JR桑園駅周辺の再開発が進んでいます。少子化の現代としては珍しく、地元小学校のクラスが増加するなど若い世代の人口が増加しているのが特徴です。

【宮の森大倉山】円山以西、北5条手稲通り以南の山沿いに位置するエリア。市内有数のレベルの高い小中学校がある文京区でもあり、高所得者が多く暮らす洗練された住宅地としても知られています。

中央区と一口に言ってもエリアによって官公庁や企業が密集する地域、商業地域、閑静な住宅地と多種多様な特徴を持っていることがわかります。

また、住宅地の中でも比較的若い単身者が多いエリアから高級住宅地と、その雰囲気は様々ですが、スミタスの5段階評価によるアンケートでは、街の中心で暮らす住民ならではの共通した声も。

「交通便発着」「交通便距離」など交通利便性に関する項目で、満足度の高い4〜5ポイントと評価している人がなんと7割近く。特に不便を感じてはいない3ポイント評価の人と合わせると8割強という結果に。

区内は、地下鉄各線をはじめ、徒歩圏内に地下鉄各駅がない場合でもバスや市電の停留所が多く点在しているため、公共交通機関を利用しやすく、ノンストレスで都心へアクセスできます。

今回のアンケートでは「治安」や「地域イメージ」に関する項目も評価が高く、4〜5ポイントと評価した人は7割。3ポイント評価の人を合わせるとなんと9割強に上ります。

中央区は北日本最大の歓楽街・すすきのを有する区ではありますが、他都市同規模の繁華街と比較するとすすきのは治安が良いことで知られています。また区内の住宅地はいずれも適度に繁華街とは距離があるため、喧騒を感じることなく安心して生活できている人が多いようです。

「地域イメージ」に対する満足度の高さは、他区のアンケート結果では見られなかった特徴の一つです。区内には市内有数の高級住宅地や名門と呼ばれる公立の小中学校、高校があり、治安の良さも合わせてブランド力は抜群。このほか、「医療施設」「利便施設」など周辺環境に関する項目も約8割の人が3〜5ポイントと好評価でした。

中古マンション多数!都心部ならではの不動産事情

中央区の不動産流通は、中古マンションの比率が圧倒的に高いのが特徴。札幌市内にマンションが建設され始めた昭和40年代当初から、中央区はマンション建設の中心地であり、平成20年代までの中古マンションが流通し、その種類や価格帯のラインナップが豊富です。

一方で土地、中古戸建の流通量は市内でもトップクラスで少なく、高価格帯になりがちで、一部人気地域は市場に出回ることなく取引されることも珍しくありません。

地下鉄から少し離れたエリアでは、売却された土地を2〜3区画に分筆して戸建て用地として販売されるケースも多く、ハウスメーカーの建築条件付き土地としての分譲が盛んです。

土地が少ないことから、新規造成などはほとんどなく、戸建てもマンションも高額で取引されているのは人気地域の宿命ともいえますね。

名門校や子育て世代に人気のエリアも多数!

さて、気になる子育て世代の住み心地はというと…
今回のアンケートでは「学習環境」に関する項目で5ポイント評価が全体の4割弱、4ポイントが2割、3ポイントが1.5割という結果に(1〜2ポイントが全体の0.5割、無回答約2割)。最高点の5ポイント評価が最も割合として多いことが特徴的です。

区内には、柏・啓明・向陵(3K)、伏見中学校、札幌南・旭丘高校といった、公立校でありながらも名門と呼ばれる進学校が数多くあり、お子さんが進学する学区を考慮して住まい選びをする人も少なくはなくありません。

また、少子化の中にあって珍しく小学校の学級数が増えている桑園地区など、若い世代に人気のエリアとして再注目を集めている地域には、大型のショッピングセンターなど小さなお子さん連れで楽しめる施設も。

行政の子育てサポートも充実していて、例えば資生館小学校内にある子育て支援総合センターは、年末年始を除く毎日施設を開放。9〜17時の開館時間内であればいつでも遊びに行くことができます。雨雪時や猛暑などで外遊びができない日にもお子さんがのびのびと過ごすことができ、子育てファミリーに優しい施設です。

大型公園も多く、言わずとしれた大通公園、中島公園、円山公園など観光スポットとしても定番の公園をはじめ、札幌市内が一望できて水遊びもできる旭山記念公園、遊水路や遊具が充実している山鼻公園、子供用自転車コースがある幌西自転車公園など、都心といえども、お子さんがのびのびと遊べる園が多数あるのは嬉しいですね。

いかがでしたか?
1位「中央区」というランキングはおそらくみなさん納得の結果だったのではないでしょうか。

全10回に渡ってお届けしてきた「住み心地」ランキングシリーズ。人気の区はもちろんのこと、ランキング上では下位であってもそれぞれに特長があり、住んでいる人のリアルな声はこれから住まいのエリア選びをする際に参考になること間違いなし。

また、現在住んでいる街の意外な人気ポイントや、見逃していた便利さ、長所などにあらためて気づいた人も多いはず。ぜひシリーズを読み返して、札幌10区の魅力を再発見してくださいね!

「@SUMiTAS」レポーター募集

RANKING

28日まで!北欧雑貨「フライング タイガー コペンハーゲン」が美しが丘に期間限定で出店中の画像

28日まで!北欧雑貨「フライング タイガー コペンハーゲン」が美しが丘に期間限定で出店中

北欧雑貨の雑貨店「フライング タイガー コペンハーゲン」をご存じですか?そのフライング タイガー コペンハーゲンが、今、北海道で期間限定出店をしているんです!これは行くしかない……!
【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5の画像

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

「今度引っ越すなら」「家を新築するなら」……。札幌市内で次に住んでみたい街はありますか?その街やエリアに対する憧れやイメージはあるけれど、ご近所付き合いや学習環境など、実際に暮らしてみないと分からないことって結構多いですよね。
【第3回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5の画像

【第3回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

スミタスが札幌市内全10区の約3000人に実施した「住み心地アンケート」の結果から、暮らし満足度が高いエリアのベスト5を紹介してきた今シリーズ。第3回となる今回は、ついに1位の発表です。その街で実際に暮らしている人の声を元にしたからこそ分かる“本当に”住み心地が良い街とは、一体どのエリアなのでしょうか……。

人気企画!千歳市内でハズせない名店をラーメン王子が紹介の画像

人気企画!千歳市内でハズせない名店をラーメン王子が紹介

ラーメン王子(樋口大樹さん)がセレクトするラーメンをシリーズでご紹介しています。今回は、千歳市内で人気が高いラーメン店から、ラーメン王子おすすめのお店をご紹介します。
テレビやラジオで話題沸騰!「白玉屋 札幌新月堂」を現場ルポの画像

テレビやラジオで話題沸騰!「白玉屋 札幌新月堂」を現場ルポ

札幌市中央区南24条西15丁目に、2019年9月にオープンし話題を集めている白玉専門店「白玉屋 札幌新月堂」をご紹介します。こちらのお店は、鮮やかな青に大きな丸いお団子が3つ並んだ、ユニークなのれんが目印です。
知られざる魅力に注目!札幌郊外の住み心地を大調査【恵庭編】の画像

知られざる魅力に注目!札幌郊外の住み心地を大調査【恵庭編】

今回は、のどかな田園風景と都市機能を持ち、札幌郊外のベッドタウンとしてもよく知られる「恵庭市」の魅力をご紹介します。果たしてその住み心地とは…!?
パセオB1F「USAGIYA」でおしゃれな日本茶アレンジを楽しもう!の画像

パセオB1F「USAGIYA」でおしゃれな日本茶アレンジを楽しもう!

日本茶との新しい付き合い方を考えるUSAGIYA(うさぎや)が、2019年9月26日に札幌駅パセオセンターB1Fにオープンしました。こちらは、旭川発の日本茶ブランドであり、蔦屋書店にも出店していることで知られています。
人気企画!ラーメン王子が石狩市にあるラーメンの名店を紹介!の画像

人気企画!ラーメン王子が石狩市にあるラーメンの名店を紹介!

北海道は美味しいラーメンを求めて、各地から観光客が押し寄せていることでも知られます。今回は石狩市にあるお店を樋口さんがセレクト!