札幌10区の魅力を徹底解剖! 住み心地満足度ランキング【8位編】

FOLLOW US

#42
TOWN
3

札幌10区の魅力を徹底解剖! 住み心地満足度ランキング【8位編】

札幌10区の魅力を徹底解剖! 住み心地満足度ランキング【8位編】

195万人が暮らす札幌市。市内10区、それぞれの区に個性があり、「利便性が良い」「自然が多い」などの特徴や、住み替えのエリアを探している人にとっては「治安」や「学習環境」といった気になる面もさまざま。

スミタスが市内全10区、約3000人に実施した「住み心地アンケート」の結果を元に、実際に住んでいる人の満足度が高い区を10位からランキング形式でご紹介するシリーズの第3弾。今回は満足度8位となった区の特徴や住み心地を解説します。

今回ご紹介する8位の区は広大な大地、豊かな緑。魅力いっぱいのあのエリア。果たしてどの区が8位にランクインしたのでしょうか?

温泉をはじめとした観光も魅力!南区

今回のアンケートでは、8位は南区という結果に!
南区はなんとその面積、全市域の60%を占める657.48k㎡。南北に37.6㎞、東西に33.2㎞に広がり、小樽市、千歳市など4市2町1村と隣接しています。

区内の魅力は皆さんもきっとよくご存知の通り、豊かな自然。区域に支笏洞爺国立公園が含まれ、標高1000m越えの高峰がそびえています。札幌を象徴する藻岩山があり、市民の水源として欠かすことのできない豊平峡ダム、定山渓ダム、滝野すずらん丘陵公園、札幌国際スキー場といったレジャーや市民の憩いの場も豊富。

市内では4番目に大きい耕地面積を有し、果樹栽培が盛ん。リンゴ狩りやイチゴ狩りといったレジャーを楽しみに、果樹園を訪れたことがある人も多いのでは。また定山渓温泉は市内街からの観光客で賑わう人気の癒やしスポット。芸術の森といった文化発信の拠点もあります。

住宅地一帯は大自然と調和し、穏やかで暮らしやすく、人口は約14万人。
エリアとしては大きく区切ると9つに分けられ、それぞれ藻岩下、澄川、藻岩、真駒内、簾舞、藤野、石山、芸術の森区域、定山渓となります。

古くからこの土地に根を下ろし、数世代に渡って暮らす世帯や、札幌オリンピックと同時に地下鉄南北線が開通した1970年台に一気に栄えた沿線エリアは、高齢化が進む一方、子育て世代が移り住むなど幅広い世代が交流しながら暮らしていてご近所付き合いも比較的盛ん。町内会の交流やイベントなどに若い世代も積極的に関わる機会も多いようです。

地下鉄沿線エリアはもちろんのこと、広大なエリアを網羅するバスの路線も確保されていて、都心へは1本で行ける便も豊富。マイカー中心の生活を送る人が多い区ではありますが、公共交通機関も十分に発達しています。

子育て世代にうれしい学習環境と豊かな自然

親子で様々な学習や体験ができるのも南区の魅力。果樹園での果物狩りや藻南公園や真駒内公園といった大型公園では気軽に自然と触れ合うことができます。また公園内では、夏場はバーベキューやキャンプも盛んで市内でアウトドアが楽しめる場として人気。

このほか、札幌市豊平川さけ科学館、札幌市アイヌ文化交流センターといった学びの施設が多いのも特徴です。

学習環境自体としては各住宅地、小中学校付近には他エリアと遜色なく学習塾などもあり、アンケートでも4割近くの人が5点満点中、満足度の高い4〜5ポイントをつけ、3ポイントの投票分も含めると7割近くの人が特に不便を感じていないという結果。

他の区と比較すると治安の良さや近隣環境に対する満足度が高いことにも注目です。のびのびと子育てをしたい方や都心の煩雑さを避けたい人には理想的なエリアとなっているよう。

また、南区はその面積が広大であることから、住宅探しもバラエティに富んでいます。利便性を重視したい場合には地下鉄駅近隣の分譲マンションや中古住宅・新築一戸建てから選ぶことができます。駅まで徒歩圏内という地域でも、閑静で落ち着いた街並みが多いのも特徴です。

郊外にいくと1世帯の自宅として使うには広めの土地に住宅を建てることも可能。土地一坪あたり1万円台から売り出されている物件があるので、自宅の土地が200坪300坪、さらには500坪と購入できる場合も。家庭菜園や、DIY、ドッグランなどライフスタイルに合わせたマイホーム探しが可能な地域です

札幌市内の面積の6割を占め、大自然に囲まれた南区。誰もがイメージするのんびりとした
雰囲気と、玄関口となる地下鉄沿線エリアでは利便性を兼ね備え、実はとっても理想的な区だと感じた人も少なくないのでは? ぜひ住まいの場所選びのご参考に!

「@SUMiTAS」レポーター募集

RANKING

北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!の画像

2018年2月にオープンした北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!

2018年2月にオープンした『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』は、地下鉄北12条駅から徒歩1分というアクセス抜群の場所にある本格的な台湾茶が楽しめるカフェ。
【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5の画像

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

「今度引っ越すなら」「家を新築するなら」……。札幌市内で次に住んでみたい街はありますか?その街やエリアに対する憧れやイメージはあるけれど、ご近所付き合いや学習環境など、実際に暮らしてみないと分からないことって結構多いですよね。
アクセス抜群!宮の森で気軽にフレンチデリランチが楽しめる「TSURU CAFE」の画像

アクセス抜群!宮の森で気軽にフレンチデリランチが楽しめる「TSURU CAFE」

おしゃれなカフェやレストランの多い宮の森。車が無いとなかなか行けない所も多いですが、 今回は地下鉄駅から徒歩約4分、バス停目の前とアクセスの良いおしゃれカフェをご紹介します♪

人気企画第10弾!南区でハズせない名店をラーメン王子が紹介の画像

人気企画第10弾!南区でハズせない名店をラーメン王子が紹介

年間200〜400杯くらい食べていると語る札幌ラーメン王子である樋口大樹さんがセレクトするラーメンをシリーズでご紹介。第10弾の今回は、南区で人気が高いラーメン店から「塩」「味噌」「醤油」の名店を、樋口さんがそれぞれセレクトします。
朝7時から営業!「Thumbs up coffee stand」で芸術級のソフトクリームレストをの画像

朝7時から営業!「Thumbs up coffee stand」で芸術級のソフトクリームレストを

今回は、手稲区稲穂5号線沿いに、2018年12月にオープンしたコーヒースタンド「Thumbs up coffee stand(サムズアップ コーヒースタンド)」を紹介いたします!
ちょっと知りたいラ〜メン予備知識Part3「お酒を飲むとラーメンが食べたい」理由の画像

ちょっと知りたいラ〜メン予備知識Part3「お酒を飲むとラーメンが食べたい」理由

言葉はよく聞いたり見たりするがよくわからない、誰かに聞くのもなぁ…と思う方も少なくないと思います。耳にする言葉、流行りなどを、僕なりに分かる範囲でラーメンの予備知識を教えるPart3
新琴似にニューオープン!緑の癒しカフェ「boilar」で優雅なひと時をの画像

新琴似にニューオープン!緑の癒しカフェ「boilar」で優雅なひと時を

新琴似にニューオープン!緑の癒しカフェ「boilar」で優雅なひと時を

2018年5月に北区新川の新琴似エリアに、写真映えする素敵なカフェがオープン! 建築会社がプロデュースするだけあって「お洒落すぎるカフェ」として話題の「boiler」をレポートします。

建物の外観は、まるで木の箱のよう。敷地内には
人気企画第9弾!「中央区」で絶対に訪れたいラーメンの名店をラーメン王子が紹介の画像

人気企画第9弾!「中央区」で絶対に訪れたいラーメンの名店をラーメン王子が紹介

年間200〜400杯くらい食べていると語る札幌ラーメン王子である樋口大樹さんがセレクトするラーメンをシリーズでご紹介。第9弾の今回は、中央区で人気が高いラーメン店から「塩」「味噌」「醤油」の名店を、樋口さんがそれぞれセレクトします。