札幌10区の住み心地満足度ランキング【5位編】

FOLLOW US

#62
TOWN
3

札幌10区の魅力を徹底解剖! 住み心地満足度ランキング【5位編】

札幌10区の魅力を徹底解剖! 住み心地満足度ランキング【5位編】

196万人が暮らす札幌市。市内10区、それぞれの区に個性があり、「利便性が良い」「自然が多い」などの特徴や、住み替えのエリアを探している人にとっては「治安」や「学習環境」といった気になる面もさまざま。

スミタスが市内全10区、約3000人に実施した「住み心地アンケート」の結果を元に、住民の満足度が高い区を10位からランキング形式でご紹介するシリーズの第6弾。今回は満足度5位に選ばれた区の特徴や住み心地について解説します。。

前回に続き全10区の中では中盤のランクインとなる5位の区は、のどかなイメージで住宅地としてのイメージも強いあの区。その住み心地は果たして…?

都心までJRで15分!緑豊かな手稲区

今回のアンケートで5位となったのは手稲区。

西区や小樽市などと隣接する市の北西部に位置し、市内の中でも特に自然に恵まれたエリアです。

区のシンボルでもある手稲山は、春には山菜採り、夏から秋にかけてはハイキング、冬はスキーなどのウィンタースポーツというように四季を通じて市民から親しまれていて、山頂からは札幌の街並みを一望できます。

手稲エリアは、明治初期に小樽港から札幌への陸上輸送の中継点として北海道開拓を支える交通の要所となったことなどから入植者が増え、農耕地の開墾や酪農などの産業が進みました。昭和42年に札幌市と合併し、手稲町から札幌市(旧)西区に。人口増加に伴い、平成元年、西区から手稲区となった歴史があり、独自に街が発展していった歴史があります。

そのため都心と離れているとはいっても、日々の生活を十分豊かに暮らせるだけの環境が整備されています。また、JR手稲駅から札幌駅までは約15分と好アクセス。JRは手稲駅のほか、稲積公園駅、稲穂駅、星置駅などの各駅も利用でき、地下鉄東西線の終点・宮の沢駅から手稲区内の各住宅エリアにバスが運行しています。

さらに、区内にある「手稲インターチェンジ」からは高速道路を利用することができ、道内各地への移動もスムーズです。

居住地としては、他の区と比べて比較的安価に土地を購入できることから、区民のマイホーム率が高いことでも知られています。古くから一戸建てが多く、約10年前に分譲され新築も増えている明日風エリアや、新たに宅地造成された新発寒エリアなどは子育て世代から高い人気を集めています。

駅周辺はもちろん、人気の住宅地エリアには、生活に便利なスーパーやドラッグストアが点在しているほか、少し足を延ばすと近隣に西区の「イオンモール札幌発寒」があり、家族連れでショッピングが楽しめます。

また、小樽市と隣接しているエリアでは、ショッピングや行楽など週末の外出に小樽へ出向く人も多いようです。ちょっとしたドライブにもちょうど良い距離に「ウイングベイ小樽」があり、映画や食事などを楽しんでいます。

ベッドタウンに最適な安心して暮らせる周辺環境

手稲区の魅力はなんといっても自然豊かな環境。手稲山をはじめ、その麓には桜の名所でもある軽川緑地、地元住民の憩いの場でもある前田森林公園ではバーベキューやパークゴルフなど、子供から大人までレジャーを満喫できます。このほか富丘西公園や星観緑地など、お子さんを連れてのんびり過ごせるスポットも多数。

また道内最大級の屋外プール「ていねプール」では、ウォータースライダーや波のプール、流水プールを楽しむことができ、夏季はたくさんの親子連れでにぎわいます。

スミタスの5段階評価のアンケートでも、「公園」「利便施設」など、周辺施設に関する項目で6割近くの人が満足度の高い4〜5ポイントをつけているのが特徴的です。ほとんど不満を感じることなく生活している3ポイント分を含めると、およそ9割にものぼる人が住み心地の良さを感じていることがわかります。

また、これまでご紹介してきた6〜10位の区と比較して「ご近所付き合い」や「治安」に関する項目が高ポイントなことにも注目。

「ご近所付き合い」ではおよそ5割の住民が4〜5ポイントをつけていて、3ポイント分を含めると約9割の満足度の高さに。「治安」に関する項目では、4〜5ポイントをつけたのが6割を超え、3ポイントの人を合わせるとこちらも9割という結果です。

学習環境では3〜4ポイントをつけた人々が最も多く、最も低い1と最も高い5がともに少ないというのが特徴的。区内には北海道科学大学といった私立大学や進学校でもある公立高・手稲高校などがある上、大手学習塾の分校も揃っているので、落ち着いた環境でのびのびお子さんを学習させたい方にはぴったりの環境です。

いかがでしたか? 都心と距離があるとはいえ、JR利用ならアクセスも良く独自に発展した歴史ある街・手稲。緑豊かで閑静、ベッドタウンに選んだ人の満足度がとても高いエリアです。ぜひ住まいのエリア選びのご参考に。

「@SUMiTAS」レポーター募集

RANKING

北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!の画像

2018年2月にオープンした北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!

2018年2月にオープンした『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』は、地下鉄北12条駅から徒歩1分というアクセス抜群の場所にある本格的な台湾茶が楽しめるカフェ。
【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5の画像

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

「今度引っ越すなら」「家を新築するなら」……。札幌市内で次に住んでみたい街はありますか?その街やエリアに対する憧れやイメージはあるけれど、ご近所付き合いや学習環境など、実際に暮らしてみないと分からないことって結構多いですよね。
アクセス抜群!宮の森で気軽にフレンチデリランチが楽しめる「TSURU CAFE」の画像

アクセス抜群!宮の森で気軽にフレンチデリランチが楽しめる「TSURU CAFE」

おしゃれなカフェやレストランの多い宮の森。車が無いとなかなか行けない所も多いですが、 今回は地下鉄駅から徒歩約4分、バス停目の前とアクセスの良いおしゃれカフェをご紹介します♪

人気企画第10弾!南区でハズせない名店をラーメン王子が紹介の画像

人気企画第10弾!南区でハズせない名店をラーメン王子が紹介

年間200〜400杯くらい食べていると語る札幌ラーメン王子である樋口大樹さんがセレクトするラーメンをシリーズでご紹介。第10弾の今回は、南区で人気が高いラーメン店から「塩」「味噌」「醤油」の名店を、樋口さんがそれぞれセレクトします。
朝7時から営業!「Thumbs up coffee stand」で芸術級のソフトクリームレストをの画像

朝7時から営業!「Thumbs up coffee stand」で芸術級のソフトクリームレストを

今回は、手稲区稲穂5号線沿いに、2018年12月にオープンしたコーヒースタンド「Thumbs up coffee stand(サムズアップ コーヒースタンド)」を紹介いたします!
ちょっと知りたいラ〜メン予備知識Part3「お酒を飲むとラーメンが食べたい」理由の画像

ちょっと知りたいラ〜メン予備知識Part3「お酒を飲むとラーメンが食べたい」理由

言葉はよく聞いたり見たりするがよくわからない、誰かに聞くのもなぁ…と思う方も少なくないと思います。耳にする言葉、流行りなどを、僕なりに分かる範囲でラーメンの予備知識を教えるPart3
新琴似にニューオープン!緑の癒しカフェ「boilar」で優雅なひと時をの画像

新琴似にニューオープン!緑の癒しカフェ「boilar」で優雅なひと時を

新琴似にニューオープン!緑の癒しカフェ「boilar」で優雅なひと時を

2018年5月に北区新川の新琴似エリアに、写真映えする素敵なカフェがオープン! 建築会社がプロデュースするだけあって「お洒落すぎるカフェ」として話題の「boiler」をレポートします。

建物の外観は、まるで木の箱のよう。敷地内には
人気企画第9弾!「中央区」で絶対に訪れたいラーメンの名店をラーメン王子が紹介の画像

人気企画第9弾!「中央区」で絶対に訪れたいラーメンの名店をラーメン王子が紹介

年間200〜400杯くらい食べていると語る札幌ラーメン王子である樋口大樹さんがセレクトするラーメンをシリーズでご紹介。第9弾の今回は、中央区で人気が高いラーメン店から「塩」「味噌」「醤油」の名店を、樋口さんがそれぞれセレクトします。