水遊びも不思議体験も無料で楽しめる! 夏の遊び場に迷ったら「札幌市水道記念館」へ

FOLLOW US

#7
TOWN
19

水遊びも不思議体験も無料で楽しめる! 夏の遊び場に迷ったら「札幌市水道記念館」へ

水遊びも不思議体験も無料で楽しめる! 夏の遊び場に迷ったら「札幌市水道記念館」へ

札幌も暑い日が続き、子供とどこへお出かけしようかと頭を悩ませることも多いのではないでしょうか?
小さい子供が喜ぶ水遊びができたり、実験風の体験型学習で小学生も楽しめる。今回はそんな素敵な施設「札幌市水道記念館」をご紹介します。

新鮮な水も汲めちゃう!「みて、ふれて、考える」水のミュージアム!

札幌市の施設である「札幌市水道記念館」は、藻岩山の麓、ロープウェイのそばに位置します。
「みて、ふれて、考える 水の不思議を体験しよう」をコンセプトに、体験型の展示スペース「アクアミュージアム」では、
5つのゾーンに沿って進んでいくと、自然環境や水道局の仕事、水と暮らしの関わり等について学ぶことができます。

エントランスのすぐ横には「ウォッピーの給水コーナー」があります。
藻岩浄水場で作られた水道水を水筒に入れて持って帰ることができるんです!

ボタンを押すと水が出てきます。
いつも飲む水道水より美味しく感じられるかも?

エレベーターの周りには水がチョロチョロと流れ、目・耳・肌で涼しさを感じられます。

あらゆるところに水が使われている館内です。
ギャラリーには記念撮影スポットもありますよ。

キッズトイレに授乳室、幼児が遊べるキッズルームも♪

1階には小さいお子様の遊びスペース、キッズルームがあります。
積み木や木のおもちゃ、中から顔を出せる迷路やボルタリングスペースまであります!

ボールプールもあるので、子供たちが夢中で遊んでくれそうです。

キッズ用のトイレや授乳室もあるので、赤ちゃん連れのお母さんも安心です。

サロンには座ると動くイスがあります。
水色の水滴の形をしたイスもあるので、ぜひ現地で探してみてくださいね♪

5つのゾーンで学べる!アクアミュージアム

「水源の森」で水のふるさとである森の自然と水の関係が紹介されています。
その後スロープを下りていくと、いよいよ体験型のアクアミュージアムの登場です。

水滴の形をしたジャングルジムです。
水の大循環ジムとなっていて、循環する水のように中を自由に動き回ることができます。

「水工場」「アクアタウン」では、水道局の仕事を学べたり、再現された街の暮らしの中での人と水の関係が紹介されています。

各国の水にまつわるエピソードを知ることができます。

他の国の生活を覗いてみましょう!

日常生活で使う水の量などを学ぶことができ、あらためて自然の大切さを親子で考える機会にも。

水で取り囲まれた「アクアシネマ」です。

水にまつわる動画が上映されています。

「サイエンスパーク」「水道プレイスタジオ」は、小学生が一番喜びそうなゾーンです。
楽しく遊びながら、水の不思議やすばらしさを学べます。
巨大なしゃぼん玉の中に入ったり、体を使って学ぶのでお子様の記憶にも残りそうです。

夏は屋外広場で水遊び!ランチもできて一日過ごせます!

水道記念館のもう1つの魅力は、噴水広場で水遊びができること。
たくさんの噴水が地面からリズミカルに噴き出しているので、子供たちはおおはしゃぎ!
周りで見ている大人も、水を感じて涼むことができますよ。

水がたまらない設計なので、溺れる心配がありません。
まだ歩けないお座りの赤ちゃんでも、安心して水遊びができるベビーにも嬉しいスポットです。

記念館の2階には、多目的ルームがあり、休憩スペースとして使えます。
飲食ができるので、水遊びの後に室内で休むことができるのも嬉しいです。

藻岩山の山麓に位置する札幌市水道記念館。
水について色々な角度から学べるので、夏休みの時期であれば自由研究のテーマにもぴったり。
赤ちゃんから水遊びができ、幼児はキッズルームで体を動かして遊べ、小学生はアクアミュージアムで楽しみながら学び、大人までワクワクできる、そんな施設です。
札幌の街並みが一望できる無料のスポットへお出かけしてみてはいかがですか?

店舗情報

札幌市水道記念館

所在地:〒064-0942札幌市中央区伏見4丁目
休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)
開館時間:9:30~16:30
TEL:011-561-8928
FAX:011-532-3327
入場料:無料
駐車場:普通車88台分あり(無料)

「@SUMiTAS」レポーター募集

RANKING

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5の画像

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

「今度引っ越すなら」「家を新築するなら」……。札幌市内で次に住んでみたい街はありますか?その街やエリアに対する憧れやイメージはあるけれど、ご近所付き合いや学習環境など、実際に暮らしてみないと分からないことって結構多いですよね。
赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯の画像

赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯

桑園にオープンしたばかりの注目のカフェ「パパヒデヒコ」JR札幌駅から一駅で交通の便も良く、子育て世代向けの新築マンションが新たに完成し、子供も増えている桑園エリア。子連れに優しいカフェが揃い、周辺のカフェはいつも賑わっています。
北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!の画像

2018年2月にオープンした北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!

2018年2月にオープンした『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』は、地下鉄北12条駅から徒歩1分というアクセス抜群の場所にある本格的な台湾茶が楽しめるカフェ。

新旧融合のスタイリッシュ空間!旧永山邸内の喫茶店「ナガヤマレスト」で涼を楽しむの画像

新旧融合のスタイリッシュ空間!旧永山邸内の喫茶店「ナガヤマレスト」で涼を楽しむ

札幌ファクトリーのすぐ横にある『旧永山武四郎邸』旧三菱鉱業寮1階に、2018年6月23日にオープンしたカフェ『和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト』をご存じですか?
涼しくお得な遊び場!巨大室内遊園地「kid's US.LAND」は至れり尽くせりの画像

涼しくお得な遊び場!巨大室内遊園地「kid's US.LAND」は至れり尽くせり

「暑すぎて外で遊ぶには熱中症が心配…」、「動き回りたい盛りの子供のパワーを持て余してしまう…」なんていう日もありますよね。 今回は、そんな時に最適な札幌市内に6箇所ある『kid’s US.LAND』をご紹介します。
住みやすさで人気!「円山エリア」の子育て事情を徹底レポートの画像

住みやすさで人気!「円山エリア」の子育て事情を徹底レポート

札幌市内で「住んでみたい憧れの地域」として今、人気が集まっているのが“円山エリア”。「子育てをする環境としては、どうなの?」が不安に感じている方に向けて、子育て世代目線での住みやすさをまとめてみました。
円山にNEWオープン!SNS映え確実のカップケーキ店『THE BaKE SHOP』の画像

円山にNEWオープン!SNS映え確実のカップケーキ店『THE BaKE SHOP』

円山公園駅から徒歩3分の場所に今年4月オープンしたカップケーキ店である『THE BaKE SHOP』。スタイリッシュな外観とポップなネオン管がひときわ目をひく印象的な佇まいのこのお店はインスタ映え確実。
札幌から車で約2時間の別天地「登別マリンパークニクス」の魅力の画像

札幌から車で約2時間の別天地「登別マリンパークニクス」の魅力

札幌からも行きやすく、お子様が喜ぶ施設が揃う登別には、『登別伊達時代村』や『のぼりべつクマ牧場』など、見所がたくさんありますが、今回はそんな登別エリアで今、注目を集めている『登別マリンパークニクス』をご紹介いたします!