手稲区でハズせない名店をラーメン王子が紹介

FOLLOW US

#73
TOWN
42938087_711963725830580_5332063655871643648_n

第五弾!手稲区でハズせない名店をラーメン王子が紹介

第五弾!手稲区でハズせない名店をラーメン王子が紹介

北海道は、美味しいラーメンを求めて、各地から観光客が押し寄せていることでも知られます。
この企画では、ラーメン巡りを始めてから10年以上経ち、年間200〜400杯くらい食べていると語る札幌ラーメン王子であり美容室『Moewe(メーヴェ)』代表の樋口大樹さんがセレクトするラーメンをシリーズでご紹介しています。
第5弾の今回は、手稲区で人気が高いラーメン店から「塩」「味噌」「醤油」の名店を、樋口さんがそれぞれセレクトします。

店主のこだわりがつまった熊本風・・・「塩ラーメン」

『とんこつ麺屋 火の国』

火の国 白 750円

住所 手稲区前田8条10丁目2-16
営業時間
12:00〜15:30
18:00〜21:30(おおむね)

定休日 不定休
駐車場 有(店前 2台+指定駐車場2台)

【樋口さんのおすすめポイント】
熊本で修行した店主が出す熊本ラーメンで、ラーメン激戦区である札幌では珍しく、20年も続く人気のお店です。
店内にはメニュー別に栄養分析された成分表があり、無化調にこだわった豚骨スープに、マー油、低加水のストレート麺からは、店主の強いこだわりを感じます。
具材のキクラゲ、ゴマ、高菜と九条ネギが“いい仕事”をしてくれていて、そこに卓上の旨味汁(化学調味料)を少し垂らすと、さらにコクが増します。
このアレンジは、麺をすするのが止まらなくなるので、個人的にすごくオススメです。
メニュー下に記載されている「白」「黒」は、マー油(焦がしにんにく)の事で、ニンニクを浅く焦がしたのが白、強く焦がしたのが黒です。
飽きのこない白と、クセになる黒とうたっているように、メニューのバリエーション×白か黒で選べるので、飽きずに通えるのも嬉しいです。

濃厚な味わいに黄色いちぢれ麺がドンピシャ・・・「味噌ラーメン」

『雪風』手稲店

濃厚味噌 800円

住所 手稲区手稲本町3条3丁目5-1
営業時間
平日 11:30〜15:00
17:00〜20:00(LO19:45)
土日祝 11:30〜20:00(LO19:45)

定休日 水曜日(祝日は営業)+第3火曜日
駐車場 有20台

【樋口さんのおすすめポイント】
コッテリと濃厚な味噌スープに、西山製麺の黄色いちぢれ麺は、道民に愛されるドンピシャなラーメンです。
ススキノにある行列のできる人気店『雪風』本店は、夜の営業で駐車場が無いことから、なかなか行けない人も多いため、そんな本店に代わって、このお店は営業時間が長く、駐車場にも困らない店舗になっています。
豚骨、鶏白湯、魚介の濃厚なスープに焦がし油が、ラーメン欲を満たしてくれます。
濃いめの味が好きな人やファミリー層に人気の手稲店では、平日のランチセットで、焼餃子+ライスが180円なのもお得です。

シメの“おじや”まで絶品すぎて箸が止まらない・・・「醤油ラーメン」

『かとうらーめん 手稲本店』

醤油 700円

住所 手稲区前田五条6-3-30
営業時間
平日 11:00〜15:00
17:00〜22:00
土日祝 11:00〜22:00

定休日 不定休
駐車場 有 店前契約駐車場約7台

【樋口さんのおすすめポイント】
旭川の老舗人気製麺所「加藤ラーメン」直系のお店で、旭川ラーメン&製麺所がこちらです。手稲の他に月寒にもあります。
旭川で高い人気を誇る加藤ラーメンの低加水麺は、いい感じの小麦感にパツパツストレート仕立て、スープをほどよく吸う自家製麺。
これが、豚骨に魚介を合わせた旭川鉄板の旨味白濁Wスープによく合い、平たく大きなチャーシューもいいバランスで、箸が止まりません!
僕の場合は、さらには、無化調のスープは旨すぎて、今度はレンゲが止まらないという有様。
トッピングはネギとメンマとシンプルなのですが、ここのラーメンを食べると、「ラーメンは麺とスープが両方、主役なのだ」と毎回、改めて痛感します。
最後に、飲み干したいところをグッと抑えてスープを残し、「いつもの奴」(200円)というメニューを頼んで、店員に丼を渡すと、残したスープにご飯、卵、チャーシューが加わり、絶妙な「おじや」に。
これがめちゃ旨で、個人的にすごく大好きなんです。

最後に余談ですが、ラーメン店の暖簾の横には、製麺所の名称が載っていることが多く、僕はこの暖簾に「(株)加藤ラーメン」の文字を見ると、それだけでワクワクしてしまいます。

<取材協力者>

樋口 大樹(ひぐち だいき)・・・『Moewe(メーヴェ)』代表。昭和55年11月13日生まれのさそり座。A型の青森県青森市出身。
趣味は、ラーメン巡り、食べ歩き、バイクが(ラーメンメインで焼き鳥、お酒好き)。
★『Moewe(メーヴェ)』 豊平区月寒中央通11丁目3-6 B棟1F
TEL:011-826-6017
Webやホットペッパービューティーからも予約可能。駐車場有(店舗前に3台)
定休日:第1第3月曜、毎週火曜

「@SUMiTAS」レポーター募集

RANKING

北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!の画像

2018年2月にオープンした北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!

2018年2月にオープンした『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』は、地下鉄北12条駅から徒歩1分というアクセス抜群の場所にある本格的な台湾茶が楽しめるカフェ。
【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5の画像

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

「今度引っ越すなら」「家を新築するなら」……。札幌市内で次に住んでみたい街はありますか?その街やエリアに対する憧れやイメージはあるけれど、ご近所付き合いや学習環境など、実際に暮らしてみないと分からないことって結構多いですよね。
赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯の画像

赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯

桑園にオープンしたばかりの注目のカフェ「パパヒデヒコ」JR札幌駅から一駅で交通の便も良く、子育て世代向けの新築マンションが新たに完成し、子供も増えている桑園エリア。子連れに優しいカフェが揃い、周辺のカフェはいつも賑わっています。

西区にこの夏オープン!毎日通いたくなる自家製ケーキ・スイーツが自慢の「HACHICAFE」の画像

西区にこの夏オープン!毎日通いたくなる自家製ケーキ・スイーツが自慢の「HACHICAFE」

JR琴似駅から八軒方面へ徒歩8分ほど歩くと見えてくるのが、買い物客で賑わう地元の青果店『やっちゃば市場』の隣に、2018年夏にニューオープンした自家製ケーキ・スイーツが自慢の『HACHICAFE』です。
札幌10区の魅力を徹底解剖! 住み心地満足度ランキング【2位編】の画像

札幌10区の魅力を徹底解剖! 住み心地満足度ランキング【2位編】

スミタスが市内全10区、約3000人に実施した「住み心地アンケート」の結果を元に、実際に住んでいる人の満足度が高い区を10位からランキング形式でご紹介するシリーズの第9弾。
幻想的な世界は圧巻!さっぽろホワイトイルミネーション&ミュンヘン・クリスマス市の画像

幻想的な世界は圧巻!さっぽろホワイトイルミネーション&ミュンヘン・クリスマス市

札幌の冬ならではの魅力を満喫できるイベント!ホワイトイルミネーション&ミュンヘンクリスマス市の幻想的な世界観や楽しみ方をレポートします♪
札幌駅近く「東急百貨店」5階のキッズフロアが便利にリニューアル!の画像

札幌駅近く「東急百貨店」5階のキッズフロアが便利にリニューアル!

札幌駅の周辺には、今回新たに、大人も子供も大満足の空間がリニューアルし誕生。「東急ハンズ札幌店」が移転し、ますます賑わいを見せる東急百貨店5階キッズフロアをレポートします♪
第五弾!手稲区でハズせない名店をラーメン王子が紹介の画像

第五弾!手稲区でハズせない名店をラーメン王子が紹介

年間200〜400杯くらい食べていると語る札幌ラーメン王子である樋口大樹さんがセレクトするラーメンをシリーズでご紹介。第5弾の今回は、手稲区で人気が高いラーメン店から「塩」「味噌」「醤油」の名店を、ご紹介します。