毎日通いたくなる自家製ケーキ・スイーツが自慢の「HACHICAFE」

FOLLOW US

#77
TOWN
SONY DSC

西区にこの夏オープン!毎日通いたくなる自家製ケーキ・スイーツが自慢の「HACHICAFE」

西区にこの夏オープン!毎日通いたくなる自家製ケーキ・スイーツが自慢の「HACHICAFE」

JR琴似駅から八軒方面へ徒歩8分ほど歩くと見えてくるのが、買い物客で賑わう地元の青果店『やっちゃば市場』の隣に、2018年7月にニューオープンした『HACHICAFE』です。

琴似栄町通沿いにあり、車通りも多いため、一度は目にして気になっていた方も多いのではないでしょうか?
今回はおしゃれな自家製スイーツが魅力の『HACHICAFE』の魅力を、詳細にレポートします!

店主が手掛けたナチュラルな内装がおしゃれ!

ナチュラルな店構えに、“家”をモチーフにしたアイアンの看板がマッチしたおしゃれな外観で、ハチの可愛らしいイラストが出迎えてくれます。

店内に入ると、ほんわりと甘~い香りが漂い、さっそく期待に胸が弾みます。

内装には木材がふんだんに使われていて、落ち着きのある雰囲気。その多くは、店主がご友人やご家族と一緒に、手作りでDIYをしたというから驚きです。

カフェスペースは、ひとりでも友人や家族と一緒にグループでも楽しめるよう、十分なスペースで設計されています。
小さな子供を連れての来店も快く迎えてくれる温かみのある空間です。

ショーケースには、本日のケーキが並んでいます。

こちらのお店では、2種類の3号ホールケーキと、5~7種類前後のカットケーキ、プリンのほかに、名物である『くましゅー』が日替わりで提供されています。
見た目からしてワクワクさせてくれるラインナップは、日替わりメニューも多いので、訪れるたびに選ぶ楽しみがあります。

手作りのスコーンやマロンパイも日替わりや季節限定で並んでいます。

店名の「8」をかたどった8サブレやラスクは、コーヒーのおともにも最適。
でも実は、子供でも食べやすい優しい味です。

ドリンクのラインナップは、コーヒーやカフェラテなどの定番メニューのほか、季節限定のフレッシュなドリンクも豊富。
そのなかでも、筆者のオススメは、自家製シロップを使ったドリンクです。

今回筆者は、「いつものチーズケーキ」と限定の「ハスカップミルク」をチョイスしました。
「いつもの」というネーミングの通り、どこか懐かしい感じがする優しい味のベイクドチーズケーキです。
クリーミーで少し酸味も感じられるほっこりした味わいは、店主にとって思い入れが深い昔から食べなれた味なのだそう。
独特のノスタルジックなテイストは、これから食べる人にとっても「いつものチーズケーキ」として、定番の味になりそうです。

テイクアウトで気軽にうちカフェ♪毎日寄って帰りたくなる!

『HACHICAFE』には、地元の常連客も多く訪れています。テイクアウトでお気に入りのスイーツを購入し、自宅で楽しむ方も多いのだとか。
筆者は今回、名物をいくつかテイクアウトしてみました。

まずは、人気の『くましゅー』に『8サブレ』。
見た目の可愛さもさることながら、実力派の味が魅力!
ざくざくのシューの中から、黄色く濃厚なバニラビーンズ入りのカスタードクリームがこぼれ出すボリュームで、夢中で食べていると一瞬でなくなってしまうおいしさです!

こちらは3号サイズのイチゴのショートケーキ。
カップルご夫婦だけでのちょっとした祝いごとや、友人へのサプライズにちょうどいいサイズで、カットケーキでは物足りないときにも重宝します。
ふわふわのスポンジケーキに、ほどよい甘さの生クリームと苺がよくマッチしています。
ホールケーキとはいえ、1人でも食べられるサイズですので、自分へのご褒美として、独り占めしてもいいかもしれないですね!

こちらは『とろーりプリン』。
その名の通り、とろとろのプリンで、口の中でとろけるクリーミーな触感に、筆者はやみつきになりました!
ガラスの容器は、次回来店時に返却すると会計から10円引きになるサービスもあるので、きちんと洗って保管しておくといいでしょう。

余談ですが、テイクアウトでは、珍しいクラフト素材のボックスに入れてくれます。

お店の最新情報は、インスタグラムで頻繁に更新しているそう。お気に入りのケーキや、夕方の在庫状況などをぜひチェックしてみてください。

また、『HACHICAFE』では、事前に相談をすると、オリジナルのホールケーキも注文できます。子供が好きなキャラクターで、クッキー等を使ってデコレーションするデザインもオーダー可能。
さらに、今の時期はクリスマスケーキの予約も受付中です。いちごのショートとガトーショコラの2種類があり、3号~6号まで展開しているとのことでした。

『HACHICAFE』は、「お客様に喜んでもらえることが嬉しいので…」と話す店主の言葉の通り、一つひとつのサービスに心がこもった温かみのあるお店でした。
仕事帰りに「今日は何があるかな?」と寄って帰りたくなるような、地元のみんなに愛されるカフェに、あなたもぜひ一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

 

Cake And Bake HACHICAFE
オープン時間:11:00~17:00(売り切れ次第終了)
定休日:水・木曜日+不定休
所在地:札幌市西区八軒3条東1丁目7-8 八祥コーポ1階
アクセス:JR琴似駅より徒歩8分
電話番号:011-215-5439
駐車場:店舗裏に有全席禁煙
Instagram @hachicafe8
*2018年12月1日時点の情報です。

「@SUMiTAS」レポーター募集

RANKING

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5の画像

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

「今度引っ越すなら」「家を新築するなら」……。札幌市内で次に住んでみたい街はありますか?その街やエリアに対する憧れやイメージはあるけれど、ご近所付き合いや学習環境など、実際に暮らしてみないと分からないことって結構多いですよね。
街中でアクセス良好!0歳児から遊べる資生館小学校子育て支援センターの画像

街中でアクセス良好!0歳児から遊べる資生館小学校子育て支援センター

今回は、0歳から就学前のお子さんと保護者の方が土日祝日もいつでも利用でき、広くておもちゃもたくさんある資生館小学校の子育て支援センターをご紹介します!
北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!の画像

2018年2月にオープンした北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!

2018年2月にオープンした『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』は、地下鉄北12条駅から徒歩1分というアクセス抜群の場所にある本格的な台湾茶が楽しめるカフェ。

ちょっと知りたいラ〜メン予備知識Part3「お酒を飲むとラーメンが食べたい」理由の画像

ちょっと知りたいラ〜メン予備知識Part3「お酒を飲むとラーメンが食べたい」理由

言葉はよく聞いたり見たりするがよくわからない、誰かに聞くのもなぁ…と思う方も少なくないと思います。耳にする言葉、流行りなどを、僕なりに分かる範囲でラーメンの予備知識を教えるPart3
新琴似にニューオープン!緑の癒しカフェ「boilar」で優雅なひと時をの画像

新琴似にニューオープン!緑の癒しカフェ「boilar」で優雅なひと時を

新琴似にニューオープン!緑の癒しカフェ「boilar」で優雅なひと時を

2018年5月に北区新川の新琴似エリアに、写真映えする素敵なカフェがオープン! 建築会社がプロデュースするだけあって「お洒落すぎるカフェ」として話題の「boiler」をレポートします。

建物の外観は、まるで木の箱のよう。敷地内には
人気企画第9弾!「中央区」で絶対に訪れたいラーメンの名店をラーメン王子が紹介の画像

人気企画第9弾!「中央区」で絶対に訪れたいラーメンの名店をラーメン王子が紹介

年間200〜400杯くらい食べていると語る札幌ラーメン王子である樋口大樹さんがセレクトするラーメンをシリーズでご紹介。第9弾の今回は、中央区で人気が高いラーメン店から「塩」「味噌」「醤油」の名店を、樋口さんがそれぞれセレクトします。
知られざる魅力に注目!札幌郊外の住み心地を大調査【北広島編】の画像

知られざる魅力に注目!札幌郊外の住み心地を大調査【北広島編】

札幌郊外の人気エリアに注目!住み心地をはじめとしたその街の魅力を徹底解剖。札幌のベッドタウンとして真っ先に思い浮かぶ人も多い「北広島市」の魅力をご紹介!
おとぎ話の世界観「ジャックと山猫」は非日常時間を満喫できるオシャレなカフェの画像

おとぎ話の世界観「ジャックと山猫」は非日常時間を満喫できるオシャレなカフェ

「ジャックと山猫」は、おとぎ話の世界観。まるで絵本の名前のようなオシャレな店名の正体はというと、異次元を楽しめるくつろぎのカフェ。今回は、その不思議な魅力をご紹介いたします。