赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯

FOLLOW US

#8
TOWN
SONY DSC

赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯

赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯

JR札幌駅から一駅で交通の便も良く、子育て世代向けの新築マンションが新たに完成し、子供も増えている桑園エリア。
子連れに優しいカフェが揃い、周辺のカフェはいつも賑わっています。
そんな桑園にオープンしたばかりの注目のカフェ「パパヒデヒコ」に行ってみました!

家族みんなで座って食事ができるビッグソファあり!柔らか素材の床で赤ちゃんものびのび

JR桑園駅から徒歩約10分、古民家を改装した、スタイリッシュな一軒家こそ「パパヒデヒコ」です。
車は店の前に2台、店の隣に2台駐車可能です。

店内に入ると、友達の家に遊びに来たような雰囲気。店内へは靴を脱いで入ります。床や壁には杉の無垢材が使われ、木の香りがしました。

まだ一人でイスに座れない赤ちゃんは連れていける場所が限られちゃいますよね。ですが、ここならごろんと一緒にくつろげます。
カフェスペースに入っていくと目に飛び込んでくるのは、ひとつなぎのビッグソファ。床は柔らかい素材でできていて、大人はもちろん、子供が寝転んだりハイハイしても痛くないのが嬉しいです。

インテリアは1つ1つこだわっていて、見ていて楽しいですね。お子様が喜びそうな絵本もたくさんありますよ。

角の席は秘密基地のようなアルコーブ(壁面の窪んだ空間)になっています。これも子供が喜びますね!

テーブル席は6席あり、子供用のキッズチェアも用意されています。

天気の良い日はテラス席でぽかぽか陽気を感じながらのランチも良いですね!

赤ちゃん用食器は食べさせやすさに配慮 離乳食は月齢別で常備

気になるメニューのなかから、キーマカレーボウル(1,100円)とジンジャーエール(550円)を注文しました。
店長のご実家は京極町の農家さんで、店では直送のお野菜を使用することもあるのだとか。キーマカレーは、抑えられた辛さで、噛めば噛むほど甘く感じられる野菜と豆の食感が絶妙!
大きな豆がごろりと入って具だくさんなのも魅力的です。
ランチタイム(11時~14時)は、サラダとスープがつくので、よりお得に楽しめます。
PAPA特製の自家製ジンジャエールは、すりおろしたしょうがとスパイスで作られたジャムとソーダが涼しげに見えますね。既製品のジンジャエールでは味わえないピリリとした辛さは病みつきになります!他にも、ローストビーフボウルや「今日のボウル」、全粒粉生地のピザ3種類やサラダなど様々なメニューがありました。

お店のコンセプトが“ファミリーカフェ”というだけあって、なんと月齢ごと(5ヶ月頃~、7ヶ月頃~、9ヶ月頃~、11ヶ月頃~)にあわせた離乳食も注文することができます。
また温められたお皿は、ふちがついていてご飯がすくいやすく、木製のスプーンも赤ちゃんが食べやすいデザインのものを用意してくれています。
早いもの勝ち! フォトジェニックな本日のデザート

本日のデザートは、桑園のケーキ屋「アンジュフレット」で作られた無添加ケーキ(600円)。可愛らしいボトルに入っていて写真映えしますね。
ふわふわのスポンジにやさしい味の生クリーム、イチゴの甘さがたまらないです。

2階へとつながる階段には鍵がかけられるようになっていて、引き手も高い位置にあるので、子供が勝手に階段で遊べないように配慮がされています。

2階の個室は壁一面落書きOK! ハンモックもあるゆったり空間

2階は大人5~6人が団欒できる個室空間となっています。オレンジの壁は黒板になっているので、子供たちは自由にお絵かきをしながら、大人も子供を遊ばせながらゆったりと過ごすことができそうですね。もし赤ちゃんがぐずってしまったらハンモックで落ち着かせることもできます。

赤ちゃん連れには必須のおむつ替え&授乳スペースもあります。トイレにはキッズ用の補助便座まであります。大人数での利用は予約してから行くことをオススメ します。
夜はカップルやお一人様にもおすすめカフェに変身。

夜は20時まで営業していてお酒もあります。カップルや仕事終わりの男性にもオススメです。

インスタ映えしそうなフォトプロップスも発見。パパヒデヒコのかわいいロゴはインスタでも人気になりそうですね。

親子で楽しめるカフェを作りたいという思いからできたファミリーカフェ「パパヒデヒコ」。ビッグソファや2階の個室はもちろん、店内の壁はすべて丸く削られているので、子供がぶつけて怪我をしないようにデザインされています。そういった優しさが随所に感じられます。

実は、こちらを運営しているのは環境調査会社ということもあり、店内には動物モチーフのロゴや自然を感じられる写真や装飾、絵本などがたくさんあります。親子で動物や自然について語り合いながらカフェを楽しむのも良いですね!

PAPA HIDEHIKO パパヒデヒコ

オープン時間:11:00~20:00
定休日:毎週月曜日
所在地:札幌市中央区北7条西20丁目2-19
電話番号:011-556-1222
駐車場:4台
完全禁煙

※2017年8月31日時点での情報です

「@SUMiTAS」レポーター募集

RANKING

赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯の画像

赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯

桑園にオープンしたばかりの注目のカフェ「パパヒデヒコ」JR札幌駅から一駅で交通の便も良く、子育て世代向けの新築マンションが新たに完成し、子供も増えている桑園エリア。子連れに優しいカフェが揃い、周辺のカフェはいつも賑わっています。
雰囲気抜群!お洒落な空間で自家焙煎コーヒーと本格パスタを 山の手「C2cafe」の画像

雰囲気抜群!お洒落な空間で自家焙煎コーヒーと本格パスタを 山の手「C2cafe」

旧5号線の山の手エリアを宮の沢方面に向けて車で走っていると、左手に、インテリアショップのようなおしゃれなお店が見え、ひときわ目をひきます。あの素敵な空間は何だろうと気になっている方も多いのではないでしょうか。
【第3回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5の画像

【第3回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

スミタスが札幌市内全10区の約3000人に実施した「住み心地アンケート」の結果から、暮らし満足度が高いエリアのベスト5を紹介してきた今シリーズ。第3回となる今回は、ついに1位の発表です。その街で実際に暮らしている人の声を元にしたからこそ分かる“本当に”住み心地が良い街とは、一体どのエリアなのでしょうか……。

街中でアクセス良好!0歳児から遊べる資生館小学校子育て支援センターの画像

街中でアクセス良好!0歳児から遊べる資生館小学校子育て支援センター

今回は、0歳から就学前のお子さんと保護者の方が土日祝日もいつでも利用でき、広くておもちゃもたくさんある資生館小学校の子育て支援センターをご紹介します!
できたて極上生ビールが3杯も無料!ファミリーで楽しめる「アサヒビール工場見学」はココがすごいの画像

できたて極上生ビールが3杯も無料!ファミリーで楽しめる「アサヒビール工場見学」はココがすごい

今回みなさんにご紹介するのは、なんと誰でも無料で見学できる『アサヒビール』の北海道工場です。地下鉄東西線が地下を走る白石区内の主要幹線道路「南郷通」沿いに位置し、駅からのアクセスも良い便利な立地にあります。
そりやスキー、スノーラフティング! 雪遊びを楽しむなら西区内の公園への画像

そりやスキー、スノーラフティング! 雪遊びを楽しむなら西区内の公園へ

札幌市内でも特に雪深い西区には、気軽にそり滑りやミニスキー、歩くスキーを楽しめる大型公園がいくつかあるのをご存知ですか?今回は小さなお子様から大人まで満喫できる西区内にある公園の魅力をご紹介します!
冬の遊び場に困ったらココ! 家族みんなで楽しめる白石区「川下公園」の画像

冬の遊び場に困ったらココ! 家族みんなで楽しめる白石区「川下公園」

静かで緑あふれる広い公園内には屋内外の施設が充実していて、1年を通してたくさんのご家族連れが訪れています。中でもイベントも開催される冬は、子供たちの遊び場に困った時の絶好のおすすめスポット。さっそく冬の川下公園の魅力をご紹介していきます。
札幌市民こそ訪れるべき!家族で1年中楽しめる「羊ヶ丘展望台」の魅力の画像

札幌市民こそ訪れるべき!家族で1年中楽しめる「羊ヶ丘展望台」の魅力

子供の頃などに、1度は訪れたことがあるという人でも大人になってからは行ったことがないという人も少なくないのでは。実はこの「羊ヶ丘展望台」。地元民こそ注目のイベントが盛りだくさんで、パパ、ママになった今こそオススメしたい家族で楽しめるお出掛けスポットなんです!