5/13まで期間限定!「芸術の森」で開催中の0歳から遊べるイベントをレポート

FOLLOW US

#35
TOWN
20180314205120

5/13まで期間限定!「芸術の森」で開催中の0歳から遊べるイベントをレポート

5/13まで期間限定!「芸術の森」で開催中の0歳から遊べるイベントをレポート

札幌にいながらにして、気軽にアートに触れることができる『芸術の森』をご存じですか?
毎月、バラエティ豊かな展示やイベントが開催されているものの、赤ちゃんや幼児連れで楽しむことができる企画はなかなか実施されないため、お子さんのいると足が遠のいてしまっているご家庭もあるかもしれません。
そんな方に朗報! 今回は、こちらの『芸術の森』で、期間限定にて開催されている「0歳から楽しむことができるイベント」をレポートします。

家族連れに最適な 「見て・触って・作って」遊べるイベント

イベント会場は、施設内にある工芸館。第1駐車場から歩いて2〜3分の距離にあり、赤い外観が目印です。

建物に入ると、すぐに今回レポートするイベント『花ふるカラー』の入口があります。コインロッカーもありますので、ベビー連れで荷物が多くても安心です。

また、展示会場にも棚があり、上着や荷物を置くことができて便利です。

こちらの会場は、天井も床も、木のぬくもりが感じられる広いホールになっていて、靴を脱いで遊べます。
小さなお子さんが座ったり、転んで手をついたりしても安心です。

子どもの創造力が鍛えられる珍しいブロックも豊富

入口寄りの広いスペースには、ブロック遊びができるコーナーも。「スギブロック」「でっかいヘキサゴンブロック」「お花畑ブロック」「ネオブロック」「スターブロック」と、一般的な子育てサロンでは見かけない珍しいブロックがたくさん。
おままごと遊びをしたり基地を作ったり、車を作ったり…と、自由に遊べます。子どもたちの豊かな発想力にかかると、とてもブロックとは思えない作品が完成することも。

どのブロックも色鮮やかなので、見ているだけでワクワクします。

杉の木でできた「スギブロック」はとても軽くいので、小さな子どもの積み木としても遊べます。

ふわふわ飛ぶ肌に大興奮の『ふるふる花ふる』が人気!

広いスペースでは、「ふるふる花ふる」というゲームが開催されています。

3種類の形をした紙のお花を、特製の扇風機に入れて遊ぶゲームで、子ども達も大喜び!

風が吹き出している扇風機に近付くと、お花が飛び出す仕組みです。
一斉に飛び出すたくさんのお花をどれだけキャッチできるか、という単純なゲームなのですが、子ども達は大興奮!

体を動かし、全身でキャッチするので、いい運動にも。この日も、よちよち歩きの赤ちゃんから幼児までが夢中になって遊んでいました。

アート展示も同時開催されているので大人も楽しめる

その他に、館内には参加型の制作展示で作るカラフルツリーが壁面いっぱいに飾られているコーナーもあります。

また、遊舞スペースとは区切られている場所には、札幌芸術の森美術館が所蔵している花の絵画を集めたミニ展覧会も開催されています。

メインスペースで子どもを遊ばせておきながら、大人は美術鑑賞を楽しむ過ごし方もできます。

また、花ふるカラー会場近くには、授乳室も完備されていますので、「0さいからのげいじゅつのもり」のコピー通りに、赤ちゃん連れでも安心です。

センター内にあるレストランは子連れでも快適
また、芸術の森センターには、ビュッフェレストラン『畑のはる』もあります。野菜をふんだんに使った料理が魅力で、幼児でも食べやすい優しい味付けのものばかり。遊び疲れたあとの腹ごしらえにも最適です。

レストランにはキッズスペースやお子様用の食器や椅子もあり、食事をすると、次回利用できる駐車場無料クーポンももらえるので、子連れにはなにかと嬉しいサービスも盛りだくさんです。
こちらのイベントは2018年5月13日まで期間限定で開催予定。
無料で楽しめるので、ぜひ家族で訪れてみてはいかがでしょうか。

 

施設情報:
札幌芸術の森工芸館
開館時間:9:45〜17:00
休館日:月曜日(4月30日、5月7日は開館)
所在地:札幌市南区芸術の森2丁目75番地
アクセス:地下鉄南北線「真駒内駅」より中央バス2番乗り場から、【空沼線・滝野線】に乗車、「芸術の森入口」または「芸術の森センター」下車
電話番号:011-592-5111
駐車場:有り(普通車500円、6枚綴り回数券1,000円)
※2018年3月15日現在の情報です。

「@SUMiTAS」レポーター募集

RANKING

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5の画像

【第1回】アンケートで判明! 札幌市内の“本当に”住み心地が良い街ランキングベスト5

「今度引っ越すなら」「家を新築するなら」……。札幌市内で次に住んでみたい街はありますか?その街やエリアに対する憧れやイメージはあるけれど、ご近所付き合いや学習環境など、実際に暮らしてみないと分からないことって結構多いですよね。
赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯の画像

赤ちゃん連れでも気軽に行ける!「パパヒデヒコ」でリラックスご飯

桑園にオープンしたばかりの注目のカフェ「パパヒデヒコ」JR札幌駅から一駅で交通の便も良く、子育て世代向けの新築マンションが新たに完成し、子供も増えている桑園エリア。子連れに優しいカフェが揃い、周辺のカフェはいつも賑わっています。
北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!の画像

2018年2月にオープンした北海道初の台湾茶専門店『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』を徹底レポート!

2018年2月にオープンした『TEASIGN TAPIOCA & TEA BAR』は、地下鉄北12条駅から徒歩1分というアクセス抜群の場所にある本格的な台湾茶が楽しめるカフェ。

もこもこソフトクリームが札幌で!インスタで話題の「umiere」をレポの画像

もこもこソフトクリームが札幌で!インスタで話題の「umiere」をレポ

愛らしくユニークな見た目のソフトクリームが話題沸騰中の「umiere(ウミエール)」をご存じですか?札幌市中央区にあることから、ショッピングの合間に寄りやすい立地も便利でインスタ映えする写真が撮れると人気です。
白石区って実際住んでみるとどんな街?住み心地満足度ランキング【番外編①】の画像

白石区って実際住んでみるとどんな街?住み心地満足度ランキング【番外編①】

住み心地満足度ランキングで10位になってしまった白石区。結婚を機に白石区民になったという川村愛さんに直撃インタビュー。白石区は、実際に住んでみるとどんな街なのでしょうか?
札幌市内でラベンダー畑を楽しめる!『幌見峠ラベンダー園』の絶景が見事…の画像

札幌市内でラベンダー畑を楽しめる!『幌見峠ラベンダー園』の絶景が見事…

富良野まで行かなくても、ラベンダー畑が楽しめる場所が札幌市内にあるのをご存じですか?今回は、円山から車で10分の距離にある『幌見峠ラベンダー畑』をご紹介します。
全部子供サイズ!ミニチュアな王国「ガリバータウン」を散策の画像

全部子供サイズ!ミニチュアな王国「ガリバータウン」を散策

ガリバータウンの世界は、何もかもが子供サイズ!まるで外国に旅行に訪れたかと錯覚するほど趣のある建物は、全てミニチュアサイズで作られています。
子育てのオアシス!好きなおもちゃが借りられる「西区おもちゃ図書館」の画像

子育てのオアシス!好きなおもちゃが借りられる「西区おもちゃ図書館」

たくさんのおもちゃで遊べて、しかも気に入った物は借りられるという、夢のような「西区おもちゃ図書館」へ行ってきました!