プロのトレーナーの聞く!正しく筋肉を使って理想の体型をゲットする“ボディメイク” 

FOLLOW US
TREND
#41
trend
page
_MG_5357-2

プロのトレーナーの聞く!正しく筋肉を使って理想の体型をゲットする“ボディメイク” 

プロのトレーナーの聞く!正しく筋肉を使って理想の体型をゲットする“ボディメイク” 

新緑や初夏の風が気持ちの良い、ここ最近の札幌市内。上着なしでも出かけられるようになり、日に日に薄着になると気になってくるのが「自身の体型」という人も多いのでは。ちょっぴり肥満が気になる人も瘦せ型の人も、女性なら誰でも目指す理想の体型があるもの。

「これを食べ続けると痩せる」など、話題になりがちな単品のダイエット法や健康法は、一過性のブームや、毎日続けていくには難しいものも多く、特典などに惹かれてスポーツジムの会員になったはいいものの、「忙しくて続けられない」というお悩みもよく耳にします。

今回はそんな現代女性のお悩みを、プロのボディメイクトレーナーに直撃! プロと一緒につくり上げていくことで叶う理想の体型維持法や、正しく筋肉に負荷をかけることで憧れのヒップラインをつくる方法などを伺ってきました。

“続かない”“&”なかなか痩せない“には理由がある!

今回お話を伺ったのは札幌・円山エリアでボディメイクスタジオ「STYLE-GYM MARUYAMA」を経営する榎本洋さん。指導歴15年のベテランで、数々のボディメイクコンテストでの受賞歴がある上になんとモデル業も兼任。体づくりのことなら、この人に聞けば違いなしな“スゴイ人”なんです!

榎本さんが理想とするのは、長期的に維持できる体づくり。健康的で美しい姿勢やスタイルをバランスよく保つために、正しく効率の良い筋力トレーニングを施す指導を心がけているそう。

とはいえ、なんとなく“トレーニング”と聞いただけで「ハードそう」「ムキムキになりたい訳じゃないし…」と思ってしまう人もいるかもしれませんね。でも、そもそもボディメイクとはその名の通り「自分の理想とする“見た目”に自分を変えていくこと」。「単に鍛えたり、痩せたり、ということではなく、最高の健康法や美容法、アンエチエイジング法と考えていただければ」と榎本さんはいいます。

中でもプロに教わるメリットは「自分でも気づいていない癖を知ることができる」ということ。座ったり、歩いたり、といった私たちが普段の生活の中で何気なくしている動作は、自然と自分が楽に感じる筋肉や骨格の使い方をしているのだそう。

そのため、筋肉が一部分だけ発達したり、または一部分だけ弱かったり、骨格が歪んでしまったり、といった事態に。こうしたアンバランスな体のまま、自己流でいくら運動しても、体型をキープするための筋肉がつかない限りは、理想の体型がどんどん遠ざかってしまうことにも。

「たくさん運動しているのに全然痩せない!」と感じて、ダイエットが続かない人の中には、このように正しく筋肉を使えていないことが理由になっている可能性があります。

また、100人いれば100通り、体質や目指す体型もさまざま。食事とのバランスや、必要なトレーニングは、やみくもにダイエット本などを読んで「なんとなく自分にはこれが合いそう」と自己解決するよりも、プロが考えてくれる1人1人に合わせたメニューで実施した方が断然効率アップ!

時間を有効に使って体型維持を目指すのなら、実はきちんとプロの指導を受けて根本から見直していく方がずっと近道なんです。

家でも実践! 夏に向けて理想のヒップラインをゲット

それでもやっぱり、「まずは家で気軽に運動するところから試してみたい!」という方のために、今回は特別に自宅でも挑戦できるトレーニング法を伺ってみました。

女性の体型のお悩みは、人によってさまざまではありますが、榎本さんの指導を受ける方たちの中でも特に“お悩み率”が高いというヒップラインを整える運動法をレクチャーしていただきました。

「元々の体型にかかわらず、女性は年齢を重ねるとどうしてもヒップラインの丸みやハリがなくなってきてしまいます。ヒップラインを変えるにはスクワットが1番良いのですが、これもまた自己流だと無意識に楽な姿勢や必要のない部分に負荷をかけてしまいがち。写真の良い例と悪い例を参考に是非実践を」と榎本さん。

一見すると、どちらも同じような体制に見えなくもないのですが、実は左が「悪い例」で右が「良い例」。

よく見ると左は背中も腰も曲がっていて、腿の表の筋肉だけを使って膝を軽く折った状態。普段運動をしていないと、この動作を繰り返すだけでも何だか目一杯運動した気分になってしまいそうですが、実はこれは、自己流で陥りがりな「楽な姿勢」の一つ。

これでは腿の裏の筋肉をバランスよく鍛えることや、肝心のヒップにも正しい負荷がかかっていません。

右の写真を見てみましょう。背筋やお尻をそらせ、膝は90度近くまでしっかり曲がっています。「ちょっとキツいな」と感じる体制かもしれませんが、美しいヒップラインをゲットするには、お尻はもちろん、周辺の筋肉にバランスよく負荷をかけることが大切なんです!

ゆっくり5秒間隔でこの体制を取り、同じ時間をかけて元の直立の体制に。ポイントは写真のように、つま先と膝のラインを揃えること。無理しすぎるのは禁物ですが、「疲れた」と感じるまで繰り返してみて。

この運動に限らず、ボディメイク全般にもいえることですが、急な変化はなくとも、続けることで、ある日「あれ?ラインが変わった!」と誰かから声をかけられたり、自身でも確実に実感できる日が来るはず。突貫工事のダイエットとは違い、筋肉や骨格を正しく使って体型づくりをすることでリバウンド知らずの理想の体型を得られるのがボディメイクの魅力。この夏、理想の“見た目”を目指してチャレンジしてみませんか?

取材協力:榎本洋
(プロフィール)
1975年生まれ。北海道出身札幌市在住。トレーニング歴18年トレーナー指導歴15年。全米エクササイズ&スポーツトレーナー(NESTA)認定PFTパーソナルフィットネストレーナー。現役モデル(スタジオエス)・TV出演・ラジオ出演多数
◇ボディメイクコンテスト入賞歴(ベストボディジャパン)
2013東京ノービス大会ミドルクラスグランプリ
2013日本大会ファイナリスト
2014東京大会ファイナリスト
2015札幌大会準グランプリ
2015ベストボディモデル神戸準グランプリ
2016札幌大会マスターズクラスグランプリ
2016日本大会ファイナリスト他

STYLE-GYM MARUYAMA
〒064-0823 札幌市中央区北3条西26丁目2-15 第23松井ビルB1
TEL:011-688-8300 MAIL:info@style-gym.com
予約受付時間 月~金9:00~20:00 土曜日9:00~18:00
日曜定休
http://style-gym.com/

RANKING

札幌在住のおしゃれインスタグラマーに聞く!  絶対素敵な写真が撮れる札幌のインスタ映えカフェ5選の画像

札幌在住のおしゃれインスタグラマーに聞く!  絶対素敵な写真が撮れる札幌のインスタ映えカフェ5選

外国のカフェに来たみたいなおしゃれな写真が簡単に撮れちゃう 札幌市内のカフェやコーヒースタンドをご紹介。
働くママももっとお洒落を楽しもう! 札幌・人気インスタグラマーに聞くコーディネート術の画像

働くママももっとお洒落を楽しもう! 札幌・人気インスタグラマーに聞くコーディネート術

朝は、朝食の用意に子供たちと自分の支度、フルタイムで働いた後は休む間もなく夕食の準備に後片付け。隙間の時間で他の家事をして…。働くママの毎日はとにかく大忙し!
料理にカメラを向けるのはアリorナシ? インスタグラマーに聞く“外食時のたしなみ”の画像

料理にカメラを向けるのはアリorナシ? インスタグラマーに聞く“外食時のたしなみ”

外食時の投稿について気をつけている“大人のたしなみ”やインスタ映えさせるコツについてお話を伺ってきました!

生活感なし!バスケットを活用して海外風インテリアに見せるコツの画像

生活感なし!バスケットを活用して海外風インテリアに見せるコツ

カゴは、使い方によっては生活感が出てしまったり、チープな印象を強めてしまったりすることも。そうならない為にバスケット類を活用して、海外風のスッキリとしたインテリアに見せる収納術をご紹介します。
雑貨よりこっち!3つの工夫で部屋をハロウィン空間にするコツの画像

雑貨よりこっち!3つの工夫で部屋をハロウィン空間にするコツ

いつものお部屋がハロウィン仕様に見えやすいデコレーションのコツをご紹介します。
無農薬野菜がお手軽に!水耕栽培に挑戦してみませんか?の画像

無農薬野菜がお手軽に!水耕栽培に挑戦してみませんか?

無農薬の栽培を自宅では難しいと諦めてはいませんか?そんな方にぜひご紹介したいのが土を使わず、なんと室内で野菜を作れる「水耕栽培」。身近な材料でお手軽に栽培できるんだとか。
いつでも綺麗なキッチンをキープ!整理収納と色づかいのコツの画像

いつでも綺麗なキッチンをキープ!整理収納と色づかいのコツ

毎日使用するキッチン。いつでもきれいな状態をキープしておきたいですよね。そこで今回は整理収納の色づかいとコツを幌在住の整理収納アドバイザーでおうちスタイリスト®の米村大子さんに教えていただきます。
ひとり暮らしにも!狭い空間を雑多にせずおしゃれ空間にするコツの画像

ひとり暮らしにも!狭い空間を雑多にせずおしゃれ空間にするコツ

狭い空間であっても、工夫次第でスタイリッシュな部屋を演出したり、空間によってテイストを変えたりするインテリアも楽しめます。ひとり暮らしのワンルームでもおしゃれな空間をつくるアイディアをご紹介します。