年末の大掃除だって慌てず楽しく快適に! ナチュラルクリーニングですっきりピカピカ生活

FOLLOW US
TREND
#15
trend
page
_C8A9921-2

年末の大掃除だって慌てず楽しく快適に! ナチュラルクリーニングですっきりピカピカ生活

年末の大掃除だって慌てず楽しく快適に! ナチュラルクリーニングですっきりピカピカ生活

早いもので2017年も残りわずか。気持ちよく新年を迎えるために、早めに大掃除の計画を立てておきたいものですよね。でも何かと慌ただしくなるこの季節。気がついたら毎年、「あっという間に今日はクリスマス…」「全然はかどらないうちに今日は大晦日…」なんていうことになってしまう人も少なくないのでは。

そんな年の瀬になってから慌ててしまう方におすすめなのが、汚れを溜め込まずに普段の掃除を楽しむこと。そして大切なのが「掃除しやすい」環境を作っておくことです。モノであふれかえった場所だと、そもそも汚れを落としたり磨いたりもできませんよね。

今回は、特に気になる水周りを中心に、今の時期からコツコツできる片付けや掃除のコツを「暮らしを楽しむスタイリスト」で、整理・収納アドバイザーの米村大子さんに教えていただきました。

特別な道具や高い洗剤は必要なし! 重曹やクエン酸などを使って、環境に優しく低コストで掃除を楽しめると今話題の「ナチュラルクリーニング」で家をキレイに保つコツもご紹介します。

出しておくのは「毎日使うモノ」だけ! キッチン周りの整理整頓のコツ

食器類や調理グッズ、調味料に洗剤。どうしてもモノが増えがちになってしまうキッチン。「収納棚はすでにモノがいっぱいでもう仕舞う場所がない」とお悩みの方、まずは「キッチンの収納棚に収まる分だけにモノを減らす」と発想を転換してみて。

「いつか使うかも」と思いつつ何年も使用していないモノはキッチンまわりに置いておく必要がないモノと判断。納戸や物置などに移し替えましょう。またシンク周りや調理台の上に置いておくものは、食器用洗剤やスポンジなどの「毎日使うモノだけ」と決めてしまうのがベストです。

その他のグッズは「毎日は使わないけど、よく使うモノ」「週に数度使う」「月に数度使う」など使用頻度を考えながら仕分けしていきます。仕分けが出来たら、使用頻度の優先順位の通りに収納棚の「中、下、上」の順にモノを仕舞っていきます。

使用頻度が高いモノは、かがんだり台の上に乗ったりしなくてもすぐに取り出せる位置の棚や引き出しに。シンク下には、お鍋やフライパン。お重やケーキ型など、たまにしか使用しないものはシンク上の収納場所に、と置き場所を決めていきます。

ただし、使用頻度が高くないモノでも、大きな土鍋など重いものは安全面などを考慮して、シンク下に仕舞うなど、キッチンを1番使う人の体型などを考えて臨機応変に。

アロマの香りづけでお洒落に楽しく♪ 重曹やクエン酸を使って家中ピカピカに

モノが片付いてスッキリしたら、話題の「ナチュラルクリーニング」で汚れを落とす作業をスタート♪ 実は、重曹やクエン酸を使ったお掃除方法自体はずっと昔からあるもの。土に還る天然の素材を使うということで、エコの観点から最注目されていて、普段の掃除に取り入れる人が増えています。

また、最近ではアロマ(精油)を+αで使用することで、化学製品独特の匂いが苦手な人や心地よい香りとともに掃除を楽しみたい人が手軽に取り組めるという点でも話題なんです! 重曹やクエン酸、アロマ製品は100円ショップなどでも手に入るため、「ちょっとお試し」気分ではじめてみるのも良いですね。

作り方もとっても簡単。適量の重曹やクエン酸を器や瓶に移し替え、アロマを数的落としてよく混ぜ、香りをなじませるだけ。頑固な汚れには直接振りかけても良いですが、小さじ1杯程度に水100ml程度を混ぜてスプレー型にしておくと何かと便利。2〜3週間程度を目安いに使い切ってください。

アルカリ性で酸性の汚れに強い重曹は、キッチン周りなら、換気扇やコンロ周り、魚焼き機などの汚れを落とすのにぴったり。酸性のクエン酸は、シンク周りの水垢などアルカリ性の汚れを落としたい時に適しています。

米村さんオススメ「魔法のクレンザー」で 頑固な汚れもすっきり落とす!

簡単に落ちないこびりついた頑固な汚れには、米村さんオススメ「魔法のクレンザーのとっておきのレシピをご紹介します!

(用意するもの)
重曹…200ml
液体せっけん…50ml
クエン酸…大さじ1杯
水…大さじ2〜4杯
好みのアロマオイル…適量(数的)

(作り方)
(1) ボウルなどに重曹、液体せっけん、クエン酸を入れる。※炭酸ガスの泡が発生しますが無臭、無害なのでご安心を。
(2) 泡がホイップ状になるまで木ベラなどでよく混ぜる。
(3) 好みのアロマオイルを数滴落とす。

そのまま汚れの気になるところに塗布して使用してください。ボトルに入れたい場合は詰め替え用のポンプ式ボトルやムースタイプのスプレーボトルに。

IHや五徳などの頑固な汚れには塗布後ラップで包んで、4〜5時間放置してから洗い流します。換気扇の汚れは少し熱めのお湯で溶き、液につけると汚れが浮き出てくるそう。ソファーなど合皮の製品にも使用できます。アルミ製のものは黒くなってしまうので使用はNG。傷がつきやすいので強くこすらないなどの注意も必要です。
そのままクレンザーが残っていると生地を痛める原因にななるので、使用したら、必ずクレンザーを拭き取ることも忘れずに。
※魔法のクレンザーをご使用の際は、ご自身の判断でご利用ください。

 

「汚れはできれば『その日のうちに落としてしまう』のがベストです」と米村さんは言います。油汚れなどは時間が経ってしまえばしまうほど落としにくくなり、せっかく手に入れた住まいの劣化スピードも早めてしまうことに。また、「全部自分でやらなければ」と背負いこんで負担を重くしてしまうよりも、時には業者に任せる判断も大切なのだそう。

「例えば換気扇などは、自分で分解して掃除ができる範囲に限りがあるので、数年おきなど期間を決めて業者さんにメンテナンスしてもらった方が長持ちさせられる場合も。『モノには必ず寿命がある』と割り切って、取り替えの時期など専門家のアドバイスを仰ぐのも大切な家を守る手段のひとつです」と米村さん。

最後に「片付けも掃除も心地よく楽しく生活するために必要なこと。負担に感じながら嫌々片付けや掃除するよりも、片付けや掃除そのものも楽しんでくださいね」とアドバイスをしてくれました。

気軽に取り入れられてすっきりピカピカなおうちを保てる「ナチュラルクリーニング」で楽しく新年を迎えてくださいね!

取材協力:
米村 大子
整理収納アドバイザー1級
宅地建物取引士
終活カウンセラー上級個人宅の訪問お片づけサービス・整理収納講座やお掃除講座のご提供のほか企業様には、モデルハウスの間取りや収納のご提案をさせて頂いております。
住宅・リフォーム関係のイベント講師、その他幼稚園・小学校・教育委員会からの講演依頼も多く、大学でも特別講師を担当。
「暮らし」を楽しむことを軸に、自主セミナーやラク家事の勉強会なども主催しています。
http://kurashi-kata.com/

RANKING

札幌在住のおしゃれインスタグラマーに聞く!  絶対素敵な写真が撮れる札幌のインスタ映えカフェ5選の画像

札幌在住のおしゃれインスタグラマーに聞く!  絶対素敵な写真が撮れる札幌のインスタ映えカフェ5選

外国のカフェに来たみたいなおしゃれな写真が簡単に撮れちゃう 札幌市内のカフェやコーヒースタンドをご紹介。
働くママももっとお洒落を楽しもう! 札幌・人気インスタグラマーに聞くコーディネート術の画像

働くママももっとお洒落を楽しもう! 札幌・人気インスタグラマーに聞くコーディネート術

朝は、朝食の用意に子供たちと自分の支度、フルタイムで働いた後は休む間もなく夕食の準備に後片付け。隙間の時間で他の家事をして…。働くママの毎日はとにかく大忙し!
料理にカメラを向けるのはアリorナシ? インスタグラマーに聞く“外食時のたしなみ”の画像

料理にカメラを向けるのはアリorナシ? インスタグラマーに聞く“外食時のたしなみ”

外食時の投稿について気をつけている“大人のたしなみ”やインスタ映えさせるコツについてお話を伺ってきました!

生活感なし!バスケットを活用して海外風インテリアに見せるコツの画像

生活感なし!バスケットを活用して海外風インテリアに見せるコツ

カゴは、使い方によっては生活感が出てしまったり、チープな印象を強めてしまったりすることも。そうならない為にバスケット類を活用して、海外風のスッキリとしたインテリアに見せる収納術をご紹介します。
雑貨よりこっち!3つの工夫で部屋をハロウィン空間にするコツの画像

雑貨よりこっち!3つの工夫で部屋をハロウィン空間にするコツ

いつものお部屋がハロウィン仕様に見えやすいデコレーションのコツをご紹介します。
無農薬野菜がお手軽に!水耕栽培に挑戦してみませんか?の画像

無農薬野菜がお手軽に!水耕栽培に挑戦してみませんか?

無農薬の栽培を自宅では難しいと諦めてはいませんか?そんな方にぜひご紹介したいのが土を使わず、なんと室内で野菜を作れる「水耕栽培」。身近な材料でお手軽に栽培できるんだとか。
いつでも綺麗なキッチンをキープ!整理収納と色づかいのコツの画像

いつでも綺麗なキッチンをキープ!整理収納と色づかいのコツ

毎日使用するキッチン。いつでもきれいな状態をキープしておきたいですよね。そこで今回は整理収納の色づかいとコツを幌在住の整理収納アドバイザーでおうちスタイリスト®の米村大子さんに教えていただきます。
ひとり暮らしにも!狭い空間を雑多にせずおしゃれ空間にするコツの画像

ひとり暮らしにも!狭い空間を雑多にせずおしゃれ空間にするコツ

狭い空間であっても、工夫次第でスタイリッシュな部屋を演出したり、空間によってテイストを変えたりするインテリアも楽しめます。ひとり暮らしのワンルームでもおしゃれな空間をつくるアイディアをご紹介します。