無農薬野菜の水耕栽培に挑戦してみませんか?

FOLLOW US
TREND
#54
trend
page
1

無農薬野菜がお手軽に!水耕栽培に挑戦してみませんか?

無農薬野菜がお手軽に!水耕栽培に挑戦してみませんか?

毎日の食材選びに「安心・安全」というキーワードは今や欠かせない要素。中でも健康的な生活に毎日摂りたい野菜は、産地や使用されている残留農薬なども気になります。

自家栽培に憧れてはいるけれど、広い庭やベランダがなくて諦めているという方も多いのではないでしょうか。そんな方にぜひご紹介したいのが土を使わず、なんと室内で野菜を作れる「水耕栽培」。身近な材料でお手軽に栽培ででき、野菜の種類によっては育て方もとっても簡単なのだとか。

そこで今回は、家庭菜園の中でも初心者にも挑戦しやすい「水耕栽培」の魅力をさっそく探ります!

お手軽な上に栄養価も高い野菜を作れる!

水と養液で植物を栽培する「水耕栽培」は、室内で作れるため虫がつきにくく、無農薬で育てられるところがなんといっても最大の魅力。古くから親しまれている栽培方法ではありますが、食の安全意識が高まっている昨今では、さまざまな種類の栽培キットが販売されていて、若い世代を中心に注目を集めています。

中でもレタスや小松菜などのいわゆる「葉物野菜」やトマトなどは、とっても育てやすく初心者にオススメ。副菜用などに、ちょっとしたサラダを作るだけなら水耕栽培で育てた野菜だけで作ることができます。

園芸ショップなどで液体肥料を購入するだけで、あとは自宅にあるペットボトルやスポンジ、水さえあれば準備OK。野菜が育つ様子を毎日観察できるため、お子さんの食育にもぴったりですね。

また、水耕栽培で育てた野菜は土での栽培よりも栄養豊富になるのだとか。土での有機栽培は、土の中にある栄養を微生物が分解することによって初めて茎や葉に栄養が行き渡る仕組みですが、水耕栽培の場合は、養液を混ぜた水から根が直接栄養を吸い上げてくれるので、土壌や天候に左右されずに栄養満点の野菜を育てることができます。

反面、菌が繁殖しやすいというデメリットもあるため、水の中に雑菌が混ざらないよう清潔な手で触れるよう注意しましょう。

ペットボトルの空き容器でサニーレタス作り

続いて、栽培方法をチェック!

今回は初心者さんにオススメ、ペットボトルの空き容器でサニーレタスを作る方法をご紹介します。

【用意するもの】
・サニーレタスの種…2〜3粒
・空のペットボトル…500ml用
・スポンジ…3cm四方

・水…適宜
・養液または養粉…適宜
(水:養液=500:1の割合で使用)

【栽培方法】

① ペットボトルの飲み口から3分の1を切り落とし、切った上部を反対に向け、下部にはめ込む。
② スポンジの片面から中心まで切れ目を入れ、種を2〜3粒埋め込む。スポンジに水を含ませ、ペットボトルの飲み口部分にはめ込む。早くて5日から約1週間ほどで発芽する。
③ スポンジから根が出たら、ペットボトルの下部に養液の入った水を、根が浸るように入れる。根には光が当たらないようにアルミホイルやペットボトルカバーで隠す。1週間に1回のペースで水を変える。

室温15度〜20度、日当たりの良い場所か室内の明かりが当たる場所が最適の環境です。

いかがでしたか?とってもお手軽、おうちのリビングでトライできる水耕栽培。ぜひ他の野菜や果物などでもチャレンジして、楽しくプチ自給自足ライフをお過ごしくださいね。

RANKING

札幌在住のおしゃれインスタグラマーに聞く!  絶対素敵な写真が撮れる札幌のインスタ映えカフェ5選の画像

札幌在住のおしゃれインスタグラマーに聞く!  絶対素敵な写真が撮れる札幌のインスタ映えカフェ5選

外国のカフェに来たみたいなおしゃれな写真が簡単に撮れちゃう 札幌市内のカフェやコーヒースタンドをご紹介。
働くママももっとお洒落を楽しもう! 札幌・人気インスタグラマーに聞くコーディネート術の画像

働くママももっとお洒落を楽しもう! 札幌・人気インスタグラマーに聞くコーディネート術

朝は、朝食の用意に子供たちと自分の支度、フルタイムで働いた後は休む間もなく夕食の準備に後片付け。隙間の時間で他の家事をして…。働くママの毎日はとにかく大忙し!
料理にカメラを向けるのはアリorナシ? インスタグラマーに聞く“外食時のたしなみ”の画像

料理にカメラを向けるのはアリorナシ? インスタグラマーに聞く“外食時のたしなみ”

外食時の投稿について気をつけている“大人のたしなみ”やインスタ映えさせるコツについてお話を伺ってきました!

生活感なし!バスケットを活用して海外風インテリアに見せるコツの画像

生活感なし!バスケットを活用して海外風インテリアに見せるコツ

カゴは、使い方によっては生活感が出てしまったり、チープな印象を強めてしまったりすることも。そうならない為にバスケット類を活用して、海外風のスッキリとしたインテリアに見せる収納術をご紹介します。
雑貨よりこっち!3つの工夫で部屋をハロウィン空間にするコツの画像

雑貨よりこっち!3つの工夫で部屋をハロウィン空間にするコツ

いつものお部屋がハロウィン仕様に見えやすいデコレーションのコツをご紹介します。
無農薬野菜がお手軽に!水耕栽培に挑戦してみませんか?の画像

無農薬野菜がお手軽に!水耕栽培に挑戦してみませんか?

無農薬の栽培を自宅では難しいと諦めてはいませんか?そんな方にぜひご紹介したいのが土を使わず、なんと室内で野菜を作れる「水耕栽培」。身近な材料でお手軽に栽培できるんだとか。
いつでも綺麗なキッチンをキープ!整理収納と色づかいのコツの画像

いつでも綺麗なキッチンをキープ!整理収納と色づかいのコツ

毎日使用するキッチン。いつでもきれいな状態をキープしておきたいですよね。そこで今回は整理収納の色づかいとコツを幌在住の整理収納アドバイザーでおうちスタイリスト®の米村大子さんに教えていただきます。
ひとり暮らしにも!狭い空間を雑多にせずおしゃれ空間にするコツの画像

ひとり暮らしにも!狭い空間を雑多にせずおしゃれ空間にするコツ

狭い空間であっても、工夫次第でスタイリッシュな部屋を演出したり、空間によってテイストを変えたりするインテリアも楽しめます。ひとり暮らしのワンルームでもおしゃれな空間をつくるアイディアをご紹介します。